マスターズ(ゴルフ)2018の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

栗駒ゴルフクラブの風景

今年もマスターズトーナメントの季節がやってきました。
毎年、ゴルフの祭典、メジャー大会はここからスタートします。

オーガスタナショナルクラブで開催で、第一回大会が1934年ですから、今年ですでに何回になるんでしょうか?
85回?・・であってるかな?

マスターズの賞金も第一回の優勝賞金が:1500ドル

昨年は何と~~昨年2017年の賞金総額は1100万ドル。
優勝賞金は:198万ドルです。
隔世の感があります。
ゴルフのグランドスラムの世界で、メジャー4試合の全制覇を達成したゴルファーはわずか6人。(ボビージョーンズ含む)

その最初の登竜門が「マスターズトーナメント」かと。

マスターズの形式は「インビテーショナル」・・いわゆる招待形式です。
メジャー大会での、招待形式は唯一マスターズのみです。

資格は厳格です。

*4月8日追記
賞金額が確定しました。
下記に追記しました。

スポンサーリンク

昨年の優勝は「セルヒオ・ガルシア」でした。
ジャスティンローズとの、プレーオフでしたね。

メジャー初優勝でしたが、これまで勝っていなかったのでが、私には意外でした。

それだけ、ガルシアが登場した時の、インパクトは強烈でしたから。


(出典元:http://www.tbs.co.jp/masters/より引用)

マスターズトーナメント2018の賞金総額と開催概要は?

毎年4月の今の時期に決まっています。
第二週の日曜日に、ファイナルラウンドですね。

あの、綺麗なオーガスタナショナルクラブの、花が綺麗に咲いていて、とても素晴らしいコースです。

メジャー4大会の内、コースが毎回固定されているのはこの

「マスターズトーナメント」

だけです。

マスターズトーナメント2018の開催概要

今年2018年の開催概要は下記です。

  • 大会名称:マスターズ・トーナメント
    開催期間:2018年4月5日~4月8日(現地時間)
    賞金総額:1100万ドル以上(2017年実績)
    優勝賞金:198万ドル以上(2017年実績)
    開催コース:オーガスタナショナルゴルフクラブ
    (7,435ヤード・パー72)
    フェデックスpt:600pt
    世界ランクポイント:100pt
    予選カットライン:50位タイまたは首位と10ストローク以内

という内容のようです。

尚、詳しい招待資格やマスターズトーナメントの歴史は昨年の記事で紹介しました。

マスターズ(ゴルフ)2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

賞金額ですが、マスターズトーナメントの場合は、事前に発表されることはありません。
大会期間中の、入場者(パトロン)の入場券の売り上げを見ながら、大会期間中に発表されます。

例年ですと、決勝ラウンドの3日目終了後、ファイナルラウンドの前の日のようです。

昨年も、一昨年もそうでした。
ただ、昨年よりもマイナスはほぼないでしょうから、昨年の賞金額を入れてみました。

*賞金額が確定して発表されました。

賞金総額:1100万ドル
優勝賞金:198万ドル

です。
昨年と同じですね。

それと、開催コースの「オーガスタナショナルクラブ」のヤーデージですが、どうやら周辺の土地を買収して、伸ばしたようですね。

そちらも正式に、発表なった場合は修正いたします。


(出典元:http://www.pargolf.co.jp/tour/close-up/より引用)

日本からの出場選手と今年2018年の見どころは?

今年も暑き戦いが、くり広げられると思います。
日本からも数人出場しますよ~~

日本からの出場は

  • 1:松山英樹
    2:池田勇太
    3:宮里優作
    4:小平智

の4人です。

小平智はマスターズ開催前週の世界ランキング50位以内という、滑り込みでした。
世界ランキング最高位は、勿論松山英樹の「6位」ですね。

活躍を期待したいと思います。

とはいっても、今絶好調に話題をさらっているのが誰あろう・・

「タイガーウッズ」

ですね。
この方の話題は、連日連夜というほど・・どんどん話題が出てきます。
1997年にマスターズの優勝したのが初のメジャー優勝。

その後の記録は優に及ばずです。

すごいです。
PGA最多勝利数まであと3勝です。(現在79勝)

4つ勝てば、その歴史をまた塗り替えていきます。

タイガーウッズのメジャー勝利とツアー勝利数は?獲得賞金額も気になる!

まず以って、今年のマスターズの一番の注目ですね。
さらに、ゴルフ界では生涯年収もトップ!

これで復活したら、ますます・・どんどん行けますね。

タイガーウッズの生涯年収と獲得賞金額は?ランキング順位もチェック!

私がゴルフを始めたときに、タイガーウッズはまだアマでした。
全米オープンに出場して、ラフからの脱出で手首を痛めて、リタイアしたの記憶は鮮明です。

ところが、スタンフォードを二年で中退してプロの道へ。
全米アマチャンピオンは、そのままプロ宣言すれば、プロです・

それがトントンで、次の年にマスターズを制覇。

驚いたな~~です・・当時は正直。
そのタイガーウッズが帰ってきた!

今年のマスターズの注目選手は

「タイガーウッズ」

で決まりだな!

オーガスタナショナルクラブの設計者は?

これはもう言わずと知れた「アリスター・マッケンジー」博士です。

マッケンジー博士は、当初コルト事務所に勤務。

そこにはハリーコルトと、のちに日本に来日した「チャールズ・ヒュー・アリソン」がいます。

アリソンは、のちにっていうか、現在世界ランキング一位のコース

「パインバレーゴルフクラブ 」

の、後半を作って、仕上げた実績があります。
マッケンジー博士の傑作は、この「オーガスタナショナルクラブ」(世界ランキング5位)と、世界ランキング2位の「サイプレスポイント」があります。


(出典元:http://www.imart.co.jp/worldbest100golf-2012-framepage.htmlより引用)

実に、世界ランキングに2コースも入っているのは、マッケンジー博士だけ!

アリソン氏は、1930年に日本にきて、手掛けた4コースが、すべて世界ランキングベスト100にランクイン!(1コースだけ入ったり出たりですが・・)

東京オリンピックで、会場の「霞が関CC]もアリソン氏です。

オーガスタは、当時のゴルフコースの、設計の集大成かと思います。

それと忘れてはならないのが、「INとOUT」というコース構成ですよね~~

このオーガスタから、9ホールでクラブハウスに戻ってくる、コース構成が採用。

それまで、典型的なのが「セントアンドリューズ」ですが、9番が一番遠くにあって、そこから折り返してくるんです。(下図のレイアウト)


(出典元:http://sokuho.alba.co.jp/special/theopen/より引用)

それを、マッケンジー博士が、9ホールでクラブハウスに帰ってくる、構成にしたんだな~~
そこから、今の形になったといわれてるようです。

この「INとOUT」の構成のいいところは、その9ホールで全く別物のコースができる!(アーメンコーナーはその典型かと)

そういうことかと。
ゴルフコースの近代化も、そこから始まったのだと思います。

グランドスラムの、今の構成もここから!

感慨深いものがあります。

マスターズトーナメント2018のまとめ!

今年で何回目のマスターズ・・自分で数えてみたのですが、多分合ってると思うのですが

「85回」

かと思います。
間違っていたら修正します。

私がこのマスターズの名シーンで、思うのはやっぱしジャックニクラウスの1986年の劇的な大逆転の勝利!

これですよ~~

ジャックニクラウスの歴代対戦相手は?マスターズ名勝負まとめ!

メジャー18勝は伊達ではないですね。
しかもグランドスラムを3度も達成した「トリプルグランドスラマー」です。

勿論タイガーウッズもそうですが。

タイガーウッズの復帰と復活を生涯データーから見ると凄さが愕然!

こちらは、タイガーウッズのこれまでの成績をまとめてみたのですが、とんでもない成績に驚くことと思います。

私も書いていて・・ナヌ~~~~でした。

PGAゴルフ勝利数ランキングで一位は誰?タイガーと二クラウスの差!

そして、どうしても超えられなかった、ジャックニクラウスとの差はメジャー勝利数。

でも、ウッズがニクラウスを超えたのは「PGA勝利数」です。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

サムスニードの持つPGA勝利数記録まで、あと3勝。
ここで復活すれば、それも可能になるかも・・

注目しましょう!

*賞金額が確定して本日4月8日に発表されましたが、昨年と同額でした。
下がることはないでしょうが、上がらなかったですね。

上記の、開催概要で消化思惟しました。

追記:ローリーマキロイは、マスターズ勝てば、キャリアグランドスラムを達成します。
現在、3日間を消化して、首位に3打差と、絶好の位置。
明日の最終日・・どうでしょうか?

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!

もしかしたら、7人目のグランドスラマーの誕生を見れるかもしれませんね。(ボビージョーンズ含む)

*4月9日追記
なかなか勝てませんね。
そう簡単に勝たせてくれないのが、メジャーのすごさなんだと思います。
マキロイは、また来年のチャレンジですね。

パトリックリードのクラブセッティングとマスターズと1w飛距離は?

しかしパトリックリードは、完全でしたね。
勢いをそのまんま維持して優勝してしまいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る