アンガーコントロールは怒りの記録をメモ!見える化でイライラ解消!

x-t3のレビュー画質の評価庭の花の写真

怒りのセルフコントロールは、やはり訓練!
アンガーコントロールを、自分で人知れず訓練する方法は、怒りの記録をメモ化することで、イライラを解消することができます。

確かに、あの時はなんでこんなに怒りを感じたんだろう?
今回の例の方が、断然点数は上なのに・・

怒りと上手に付き合うには、やはり自分の感情のコントロールは、欠かせないと思います。

皆さんはいかがですか?

スポンサーリンク

 

怒りを感じた場合の例をメモで見える化しよう!

 

怒りのイメージ写真

怒りの感情と、上手に付き合うには、やはり自分が、どんな時にどんなことで怒っていたのかを、やはり知ることが大事・・そうNHKのまる得マガジンでは、紹介していました。

確かに‥

一体、自分が怒りを感じる場合って、どんな時なのか?

これ、今答えろ!

って言われても、なかなか言えないことだと思います。

やはりこれはメモ化!

なんですね。

これは

「怒りメモ!」

と言うんだそうな。

怒りメモの内容はどんなことを記録していくのか?

以下のようです。
単純です。

  • 1:怒りを感じた日時
    2:場所
    3:怒りを感じた出来事
    4:怒りの点数

とこんな具合です。
私が思うに、最後の怒りの点数って、大事なんでない?

そう思いました。
前回のように、経験を繰り返すことによって、この点数が下がっていく・・その傾向を自分で、確認することができるかもしれません。

怒りメモを記録していく上でのコツは?

スマホなら、メモ帳機能があるので、おすすめかと。

 

怒りメモをつけるメリットは反射しなくなることも一つ!

 

怒りのイメージ写真

これ、わかる気がするんですが、メモをつける必要があるので、いちいちその怒りに反応していられない!

なるほど・・・確かに。

 

怒りメモをつけることのおすすめの効果は?

 

少なくとも、一週間分は集めましょう。

なんで?

そんだけ、怒りのデーターを集めれば

  • 1:自分がどんな時に怒りを感じたか
    2:自分の怒りの傾向がわかる
    3:怒りの程度のバランスを知ることができる

これはあくまでも、自分の感情が対象です。

人はそれぞれが、怒りの判断の価値基準はバラバラ。
自分は人と同じではないんだな‥これって・・怒りの基準も同じだと思います。

なので~~自分が、どんな時に怒りを感じる傾向があるのかは、すごく重要だと思います。

 

怒りメモから見える怒りのパターン分析の例!

 

ある意味、私の場合は予定時間に、厳しい人間かもしれません。
家を出るときに、急に妻に用事を頼まれるとか、10時に来客があるのに、別な用事でぎりぎり・・または、10時の来客が5分遅れた。

などなど・・

そういう時の「ブレークパターン」ってどう考えればいいんだろうか?

ブレークパターンと言うのは、日々の予定で決まっていることがあれば、のパターンを壊していくというのですが、私のような場合はどうすれば?

何となく、私の場合は待つパターンのような気がするので、逆に待たせる?

いえいえ・・それは失礼ですね。

仕事なんだから、時間は守れよ!

って言いたいのですが、そこはやはりちょっと感情には、ブレーキが必要な気もします。

と・・メモ化すれば、どんな時に怒りを感じたかが、見える化ができて、自分の感情を分析することができます。

スポンサーリンク

関連記事

怒りのコントロールは、理性を取り戻す時間の、6秒ルールが最適!
感情のセルフコントロールは、意識すればするほど、楽しくなるような予感もします。

怒りのコントロールは理性を取り戻す時間6秒ルールでイライラ解消!

 

怒りのセルフコントール術のメモで見える化の感想!

 

怒りのイメージ写真

怒りって、ある意味ストレスと、直結しているような気がします。
これをコントロールすることって、ストレスとどんだけ上手に、付き合っていけかと言うことにも、つながっていくような、そんな気が私はするんだな~~

怒りを感じるだけならまだしも、それをいつまでも解消できずに気にするようだと、なかなか心が晴れないです。

怒りの傾向と対策を考えていくには、この怒りのメモ化はかなり重要な役目を果たしそうです。

ストレスをためないためにも、怒りは自分でコントロールできるようになりたいですね。

今は、スマホの時代。

メモも取りやすいかと思います。
私も一日ほどやってみたのですが、なかなかその履歴を見直すと、感慨深いものがあります。

こんなことで・・・

しかも、些細なことで反論したり・・

普段何気なく反応していたことが、いかに軽率だったか・・そんなふうに思うこともあります。

人間の記憶程、曖昧なものはないように思います。

メモは有効ですね。

・・・・・・・・

関連記事

怒りのセルフコントロールは、怒りの程度の点数化で、イライラの感情は排除できるような気がします。

アンガーコントロールは怒りの点数化でイライラの感情は制御できる!

何度も、点数について考えていくと、最初の事例がなんともかわいくなっていきそうです。
ぜひ、皆さんお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る