全英オープン(ゴルフ)2018優勝賞金と総額は?コースは悲劇の舞台!

全英オープンゴルフの、賞金総額た優勝賞金、開催コースの

カーヌスティ・ゴルフリンクス(Carnoustie Golf Links)

の、設計者や歴史なども、紹介しようと思います。
全英オープンは別名

オープン選手権(The Open Championship / The Open )

ともいわれる大会で、その歴史は古く、なんと第一回大会は

「1860年」

です。
その時の参加はたったの8人でしたが、今やゴルフの聖地でイギリスでは、最高のスポーツの祭典です。
勿論世界中から見ても、その通りで、ゴルフファンの最大の関心事!

今年の全英オープンゴルフは、どんなドラマがあるでしょうか?

まさかの「カーヌスティーの悲劇」がまた起こる?

まさか・・ですが。

スポンサーリンク

毎年、海外メジャーでの4戦が行われますが、全英オープンはその第3戦目になります。

弧の全英オープンが終われば、あとは注目は

「全米プロ選手権」

のみになります。
が‥そのあとはツアー選手権へと、今年のツアーの試合の注目は、流れていきます。

さて、今年の全英オープンの、開催概要を見ていこうと思います。

全英オープンゴルフ2018の賞金額などの開催概要は?


(出典元:https://www.carnoustiegolflinks.co.uk/course/より引用)

今年の開催は、1999年に開催になった

「カーヌスティー・ゴルフリンクス」

です。
あの最終18番の悲劇で、3打差で圧勝のはずが、まさかのプレーオフで・・しかもも負け!

悲劇でした‥(カーヌスティの悲劇)

全英オープン2018の開催概要は?

下記のようです。

  • 大会名称:全英オープン(The Open Championship)
    主催:R&A (ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ)
    日程:2018年7月19日~7月22日(4日間)
    賞金総額:1,025万ドル
    優勝賞金:185万ドル
    フェデックスpt:600pt
    世界ランクポイント:100pt
    開催コース:カーヌスティ・ゴルフリンクス(Carnoustie Golf Links)
    ヤーデージ:7,421ヤード
    パー71
    *ヤーデージは、当日のティーの設定で変わる可能性があります。

*なお、賞金額はまだ発表されてないので、上記の金額は昨年の金額です。
昨年は7月6日にR&Aから、発表がありました。
今年も、正式発表はその時期かと思います。

開催コースのヤーデージですが、これも正式にはまだです。
上記のヤーデージは、前回2007年に開催時の設定です。

更新され次第に、修正いたします。
昨年から、賞金額がドル表示になったようです。

参戦するプロは、メジャー大会で最終的には、「グランドスラム」を目指すわけですから、ほぼ全員のオールキャスト。

正当な理由なしにの不参加は、おそらくただではすみません。
なんつっても、ゴルフの聖地ですから!

全英オープンゴルフの参加資格は?


(出典元:https://www.carnoustiegolflinks.co.uk/course/より引用)

かなり、きめ細かく規定されているようです。
日本でも最終予選会が行われました。
最近の「ミズノオープン」がそうでしたね。

歴代優勝者でトーナメント最終日時点で満60歳以下の者 (前年と前々年の優勝者は年齢制限なし)
歴代優勝者で過去5年の全英オープン上位10位までの者
当年5月第4週時点で、世界ランキング上位50位以内の者
前年欧州ツアー賞金ランキング上位30位までの者
過去3年のBMW PGA選手権優勝者
当年の、BMWインターナショナル・オープンまでの欧州ツアーレース・トゥ・ドバイポイントランキングで、上位20名のうち他のカテゴリーで資格を持たない上位5位までの者
過去5年のマスターズ・全米オープン・全米プロ優勝者
過去3年のプレーヤーズ選手権優勝者
前年ザ・ツアーチャンピオンシップ出場者
当年のトラベラーズ選手権までのUSPGAツアーの5試合で、他のカテゴリーで出場資格を持たないフェデックスカップポイントランク上位5位タイまでの者
ライダーカップとプレジデンツカップのうち直近の大会のメンバー
前年アジアンツアー賞金ランキング1位の者
前年オーストラレーシアPGAツアー賞金ランキング1位の者
前年南アフリカ・サンシャインツアーの賞金ランキング1位の者
前年日本オープン優勝者
前年日本ゴルフツアー賞金ランキングで、他のカテゴリーで出場資格を持たない上位2位タイまでの者
当年のミズノオープンまでの日本ゴルフツアー賞金ランキングで、上位26名のうち他のカテゴリーで出場資格を持たない上位2位までの者
前年全英シニアオープン優勝者
当年全英アマ優勝者
前年全米アマ優勝者
前年欧州アマ優勝者
前年マーク・H・マコーマック・メダル受賞者
オープンクオリファイングシリーズ対象大会の上位入賞者で、出場資格を持たない者
対象大会:オーストラリアン・オープン、タイ・ゴルフ選手権、ヨハネスブルクオープン、ミズノオープン、アイリッシュ・オープン、トラベラーズ選手権、オープン・ド・フランス、グリーンブライアー・クラシック、スコティッシュ・オープン、ジョンディア・クラシック
最終予選通過者

(wikipediaより引用)

と・・こんな規定になっているようです。
日本からは、松山英樹はもう当初から確定していました。

今年は、結構な数のプロが参加するようです。
期待して見ましょう!

カーヌスティーゴルフリンクスの歴史と設計者は?

公式サイトに、ユーチューブに公開してる、プロモ動画があったので、張っておきます。
悲劇が起こった、18番もばっちり紹介されています。

このバリーバーンはすごいですね。


(出典元:Carnoustie Golf Links公式より引用)

「カーヌスティ・ゴルフリンクス」(Carnoustie Golf Links)

のコースの歴史は古く、なんと~~

「1850年」

と言いますから、この全英オープンの第一回の時点よりも、まだ10年前のことです。

ところで世界最古のゴルフクラブ(コースではありません)も、ここスコットランドにあるんだな~~

歴史は1744年といいますから、とんでもなく古いです。

「ミュアフィールド」(Muirfield)

です。
先週のメモリアルの舞台の、「メモリアルビレッジ」は、ジャックニクラウスが、1966年にミュアフィールドでの全英オープンに優勝した思い入れで、自信が設計監修したコースです。

それには及びませんが、「カーヌスティー」も勝るとも劣らないコースです。

カーヌスティゴルフリンクスの設計者は誰?

さて・・
それが、はっきりはわかりませんでした。

一部には「アランロバートソン」が、一部関与したというのもありますが、どこまで監修したかは不明でした。

が・・しかし・・

当時の設計者で有名なのはやっぱし・・セントアンドリュースのオールドコースに人生をかけた

「オールドトムモリス」

かもしれません。
そして、ミュアフィールドのように、1920年代に多くの名門コースを手掛けた、まさにこの地で‥

「ハリーコルト」

や、そこで働いていた「C・Hアリソン」や「アリスターマッケンジー」博士なのかもしれません。

その辺は、わからないことをいいことに、夢を追いたいと思います。

ただ、他のコースとの明らかな違いは

「バリーバーン」

と呼ばれる、クリークがコース内を走っていること。

これに捕まったら、ひとたまりもありません。
バンカーや、ラフもあるのですが、もう一つ厄介なこの

「バリーバーン」

それで起きたのが「カーヌスティーの悲劇」です。

全英オープンゴルフ名勝負・カーヌスティーの悲劇は18番から始まる!

こちらで紹介しました。
私のゴルフ専門ブログの記事です。

1975年を最後に、開催が見送られていたのですが、1900年代最後を記念して、1999年に復活して開催。

その時に、このバリーバーンで、より難しく‥生まれ変わったわけです。

以前のスコア

  • 1953年:ベンホーガン:-6
    1968年:ゲーリープレーヤー:+1
    1975年:トムワトソン:-5

改修後

  • 1999年:ポール・ローリー:+6
    2007年:パドレイグ・ハリントン:-7

一概に比較はできないですが、特に1999年のオープンでは、とんでもないオーバーパーでした。
長雨で、ラフが思ったよりも伸びて、さらにこのバリーバーンが、プレーヤーの前に立ちはだかり・・・

さて今年はどんな、戦いが見れるでしょうか?

カーヌスティーゴルフリンクスの紹介は下記です。

カーヌスティは全英オープン開催コースで特徴は?設計者や歴史も!

私で、わかる限りの情報を、上記リンクに詰め込みました。

スポンサーリンク

全英オープン(ゴルフ)2018優勝賞金のまとめ


(出典元:https://www.carnoustiegolfclub.co.uk/より引用)

今年で何回目になるのかな?

147回目ですね。
すごいですね。

第一回が1860年ですから。

全英オープンに関する情報は下記の記事にまとめてみました。

全英オープン開催コースと名勝負とオープンの歴史の紹介のまとめ

私のゴルフ専門ブログの記事へのリンクです。

この全英オープンの歴史をたどっていくと、ゴルフの歴史が見えてくるんだな~~
調べていて、灌漑深いものがありました。

上記のまとめの中にある、トムモリスシニアと、ジュニアの親子の話題に書いたのですが、うまく書けなかったですが、感動の親子だったですね~~

ジュニアの死後、シニアは人生をセントアンドリュースにささげたんだな!

全英オープンの第一回の大会も、もともとはこの世でのゴルフのプロ第一号

「アラン・ロバートソン」

が1859年に亡くなって、そのゴルフ仲間が彼の追悼試合の意味合いが強かったという、そんな意味もあるようです。

アラン・ロバートソンはゴルフの歴史でプロゴルファー第一号である!

なお、この方は初めて18ホールで、80を切った方としても有名のようです。

「79」

です。
ちなみに、その79を証明する紙を出したのですが、それがスコアカードの始まりと言われてるようですよ~~

ところが、それをすぐに破ったのが、全英で4連勝したトムモリスシニアの息子の

「トムモリスジュニア」

で「77」なんだそうです。

って‥ドラマですね!

上記の記事内で、ちょっとだけ紹介しました。

さて、今年のメジャー三戦目の全英オープン!
まだまだ、今年もゴルフ楽しめます・・ってまだ折り返し地点ですね。

・・・
関連リンク
本ブログ内の記事へのリンクです。

私の接待ゴルフの経験を記事にしてみました。
勝つか負けるか??
そんな子tも記事にしたので興味のある方はどうぞ。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

今年の全米オープンの賞金額や開催概要の紹介です。
2018年のメジャー第二戦です。

全米オープン(ゴルフ)2018の優勝賞金と賞金総額は?コースは米最古!

ゴルフといえば、やっぱしこの方です。
2018年は復活の年ですね~~
そうなってほしいです。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

タイガ-ウッズの数々の記録を、記事にしてまとめてみました。
勿論、獲得賞金額も‥
でも、書いた時から2年ほどが経過したので、まだプラスされていますが、でも2年分なんて微々たるもんかと・・・

コース予約は楽天GORA

では皆さん、週末はゴルフを楽しみましょう!!

*内容には正確さに注意しているのですが、多少の差異はお許しくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る