全米オープン(ゴルフ)2018の優勝賞金と賞金総額は?コースは米最古!

1895年に第一回大会が開催されてから、今年2018年で「118回」を数える、ゴルフのUSオープンは、もっともタフな難コースのセッティングで知られる大会です。

今季2018年のメジャー第二戦は「全米オープン」で、舞台の開催コースは全米で最古のコース

「シネコックヒルズ」

です。
多くの名勝負が繰り広げられた、名門コース。
今年は「タイガーウッズ」の参戦も決まって、さらにプレーオフのルールも変更(2ホールに短縮)で、何かの節目のような大会に感じられます。

シネコックヒルズでの全米オープンは、今年で5回目です。
この先2026年にも、6回目の開催が決まっています。

昨年の優勝は「ブルックス・ケプカ」でした。

今年は・・さて誰だ??

スポンサーリンク

松山英樹は昨年(2017年大会)「2位タイ」と大健闘でしたが、本当に惜しかったです。
もしかしたら、勝つ??
そう思った試合で、大いに盛り上がったのですが、今年は優勝‥期待しましょう!!

それと今年は、小平智プロが「RBCヘリテージ」で優勝して、米ツアー5人目の優勝者に名を連ねました。
小平プロの活躍も、注目ですね。

全米オープン2018の優勝賞金(総額)と開催概要は?


(出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/より引用)

今年2018年の「全米オープンゴルフ」(USオープン)の開催概要は、下記のようになっているようです。

2017年全米オープン開催概要

  • 正式名称:全米オープン選手権(U.S.Open)
    主催:USGA(全米ゴルフ協会)
    大会期間:6月14日~6月17日
    賞金総額:1200万ドル(2017年)
    優勝賞金:216万ドル(2017年)
    フェデックスカップポイント:600pt
    世界ランクポイント:100pt
    開催コース:シネコックヒルズゴルフクラブ
    7,440ヤード(パー70)

*コースの内容(ヤーデージやパー)は、変更されるかもしれません。
注意ですが、今の時点(4月26日)ではコースのヤーデージも賞金額も発表になっていないので、昨年の賞金額と、前回のコースのヤーデージを表示しました。
確定次第変更します。

*コースの延長は確定したようなので更新しました。
賞金額も昨年と、どうやら上記のように昨年と同じようです。
変更あれば、都度更新します。

とこんな内容です。
6月が、待ち遠しいですね。

前回のシネコックヒルズの、2004年の大会は大荒れでした。

なんで??

最終日の平均スコアがなんと~~

「78.727」

ということで、パー70のコース設定で、このオーバーパーはすごく非難ごうごうでした。
多分記録が残るメジャー大会では、最も難易度の高い(?)コース設定だったのではないでしょうか?

詳しくは、コースの紹介記事(別記事)で書いてみようと思います。

昨年2017年の全米オープンの内容は下記で紹介しました。

全米オープン(ゴルフ)2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

シネコックヒルズゴルフクラブの設計者や歴史は?


(出典元:https://www.jetgolf.co.jp/tour/3230より引用)

「シネコックヒルズゴルフクラブ」(Shinnecock Hills Golf Club)

は米国で最も古いコースの一つです。

2017年版の世界ゴルフコースランキングでは

「6位」

にランキングされています。

所在地は、米国ニューヨーク州ロングアイランドの、サウサンプトンというところに位置します。

開場(オープン)はなんと

「1891年」

で、当時は12ホールでの営業でした。
よく1892年に18ホールで営業開始。

この時鵜のコースの設計は

「ウィリー・デービス」(Willie Davis)

という方です。
その後、今の形になったのは

「1931年」

設計はあのゴルフコース設計で、数多くの名門コースを設計した

「ウィリアム・フリン」 (12/25/1890 – 1/24/1944)

氏という方です。
フリン氏はほかにも

  • 1:Merion Golf Club – East / West Course(全米オープン3回)
    2:The Country Club (Brookline, MA)(全米オープン3回)
    3:Cherry Hills Country Club(全米オープン3回)
    4:The Country Club (Brookline, MA)(全米オープン3回)

と軒並み、全米オープンの開催コースで、カッコ内の回数分、全米オープンが開催されている、実績があるようですね。

すごいね…

他にも多数、現存してる名門コースがあり、多くのメジャー大会が解されています。

まさに、1900年代当初の、名ゴルフコース設計家だったんですね。

コースの紹介動画あったので張っておきます。
こんなコースです。


(出典元:Golfing Worldより引用)

グランドスラムの達成可能のプレーヤーは?

毎回メジャー大会が、開催されるたびに今回勝てばグランドスラム達成!

こういうプロが紹介されます。
全米オープンのみ勝ってないプロで、この試合勝てばグランドスラム達成・・

「フィルミケルソン」

です。
達成してほしいですね。
2位が最高位なんですが、どうしても勝てないんです。

しかも二位が6回もあるんですよ~~

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!

他の達成者の方は、上記で紹介しました。


(出典元:https://www.jetgolf.co.jp/tour/3230より引用)

シネコックヒルズの全米オープンの歴代優勝者は?

過去に4回開催されていますが、その優勝者は下記のようです。

  • 1896年:ジェームス・ファウリウス:150ドル
    1986年:レイモンド・フロイド:115,000ドル
    1995年:コーリー・ペイビン:350,000ドル
    2004年:レティーフ・グーセン:1,125,000ドル

となっています。
さすがに1896年の方は、知りませんが、他の方は全員知ってます。

レイモンドフロイドは、懐かしいですね。
私がゴルフを始めたころに、BSで青木功プロと、向こうのシニアの大会で、よく出ていました。

当時は、フロイドのほかにもリートレビノやチチ・ロドリゲスやアーノルド・パーマーや、たまにジャック・ニクラウスも。

あの往年の名スターを、BSで見て

「お~~~すんげ~~~」

って、思ったもんですが、今は見れなくなって本当に残念です。

優勝者の右の数字は、賞金額です。
最初のころは「150ドル」でした。

1896年は、全米オープンの第二回大会です。


(出典元:https://www.jetgolf.co.jp/tour/3230より引用)

全米オープンが映画になった?

実は、私が知ってるこの映画は、とても夢がある映画です。

「グレイテスト・ゲーム・エバー・プレード」

という映画になったお話。

1913年の全米オープンの大会での、お話です。

優勝した

「フランシスウィメット」

は無名のアマチュアの二十歳のお兄ちゃん。
なんとか、大会に出たい・・そうはいっても資金もなければ、コネもない。

しかも、そのキャディーは10歳の「エディ・ローリー」という少年。

が…そこはアメリカンドリームなんだな!

相手は「バードントロフィー」の、名前にもなってる

「ハリーバードン」

と大人気の「テッド・レイ」

全英オープンにも勝ってる、もう絶好調の大スター!

4日間戦って、ともに譲らずの3人のプレーオフに翌日突入。
プレーオフは18ホール。

雨で最悪のコンディション。
決着がついたの17番で、バードンがバンカーに入れてボギー

ウィメットがバーディー。
バードンはここで葉巻に火をつけて、ギブアップのサイン。
プレー中に葉巻に火をつけなかった、バードンですが、このアマチュアに対する敬意だったのかもしれません。

スカスだ‥

誰もが、バードンとレイの一騎打ちの予想が‥それを疑わなかったのですが、大番狂わせの無名の二十歳のお兄ちゃんが勝った???

これには、新聞も一面の大見出しで・・・

ジーンサラゼンのこんな言葉があります。
くしくも1924年の、全米オープンで同伴でウィメットとラウンド。

彼のエピソードで非常に印象的なのは、ジーン・サラゼンの以下の述懐であろう。

「1924年の全米オープンで私はウィメットとプレーしたのだが、ギャラリーはウィメットのプレーが終わると私のプレーそっちのけで我先に走っていってしまう。すると、一番ホールのグリーンで彼は『レディース・アンド・ジェントルマン』と前置きしてギャラリーに向けて語りかけたのだ。
『私が、今日一緒にまわっているこのパートナーは、実は、一昨年の全米オープン・チャンピオンです。私を応援に来てくださっているギャラリーの皆さん、どうか私の打ち終ったあと動かないで下さい。サラゼンさんのショットのじゃまをしないで欲しいんです。走ったりしないで下さい……』
それ以降、5000人ものギャラリーは私のプレーを静粛に見守ってくれた」

引用元https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4283089&id=46452721

人となりですね。

スポンサーリンク

全米オープンの名勝負は?

全米オープンでは、いろんな名プレイヤーの、名勝負がこれまで繰り広げられてきました。

私が書いた、別記事へのリンクです。

全米オープンゴルフでのフランシス・ウィメットとハリー・バードンの名勝負

全米オープン名勝負・トムワトソンペブルビーチ17番のチップインバーディー

全米オープン名勝負ジャックニクラウスとパーマーの1962年の対決

全米オープン名勝負・青木功とジャックニクラウスのバルタスロールの死闘

ちょっと古い記事なので、書き方は短文で詳細になってませんが、よろしければ・・

全米オープンの名勝負はニクラウスとパーマーの1962年!

私が個人的に一番、名勝負だな~~って思ったのはやっぱし・・
上記のフランシスウィメットとハリーバードンの勝負ですが、他にやっぱしこの方!

ジャックニクラウスとアーノルドパーマーです。

この名勝負は、ジャックニクラウスのプロ転向後の最初のメジャー!

これは名勝負でしょう。

パーマーが負けた時の言葉!!

「あの大きいやつは今、ケージから抜け出したところだ。
みんなやつを追いかけた方がいい。」

んです・・その通りでした‥今でも追いかけてます!!!

他にはタイガーウッズの名勝負もあるのですが、それは別の機会に!

・・・
私の接待ゴルフの経験をまとめてみました

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

接待ゴルフのマナーって、結構むずいかと・・
もしかしたら、私の経験談が、参考になるかもしれません。
・・・

全米オープン(ゴルフ)2018の見どころや賞金額のまとめ!

2018年の全米オープンの開催概要や、賞金額の内容は上記に紹介しました。

開催コースの「シネコックヒルズゴルフクラブ」の内容も、概要ですが紹介しましたので、参考にされてください。

今年の2018年のz年米オープンの見どころは、やっぱし

「松山英樹」プロ

かと。
なんつっても昨年は2位タイで、惜しかったです。
今年どんなプレーを見せてくれるか、期待していましょう。

それともう一人の注目の的は

「タイガーウッズ」

ですね。
マスターズでは、成績は不本意だったかもしれませんが、ファンにしてみればこれは雄姿を見れるだけでも‥

そう思う方が大多数かもしれません。
勿論私もそうです。

またプレーする姿が見れるとは思いませんでしたから。

マスターズでは、しっかりと4日間プレーしました。
完全でしょう。

この辺も注目ですね。

タイガーウッズのこれまでの獲得賞金額や、勝利数などの記録は、こちらでまとめました。

詳しくはこちらです。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

あとは小平智プロ。

もう今年の顔になった?
この間の優勝で、二年間のシードを得ましたから、おそらく今年と来年は米国でのプレーが、主体になるかもしれません。

どんな活躍見せてくれる?
こちらも期待ですね。

小平智のクラブセッティングRBCヘリテイジ2018優勝時と1w飛距離は?

*小平プロのRBCヘリテージの優勝セッティングです。

ゴルフやっていて、メジャー大会は特別な思いがあります。

シネコックヒルズの全米オープン・・楽しみましょう!!

*よく見るゴルフボールに名前があったり、写真が印刷してるボール。

記念品・コンペ景品に【ゴルフボール名入れJAPAN】

これってユニークですね。
誕生日や、何かの記念にいかがですか?

レーザーの距離計です
ニコンの商品ですが、売れてるようです。
私も、この商品でないですが、持っています。
よく景色でだまされるのですが、おかしいな~~って思ったときに、何気に使ってみたりしています。

ニコンゴルフレーザー距離計価格比較はこちら

馴れると、使うこともなくなるように私は思うのですが、最初はよく使っていました。
フェアウェイを斜め方向からとか、そんなときはヤーデージの杭が、あまり参考にならないときがありますから、そんなときは便利に感じます。

安くは無いですが、あれば重宝すると思います。

追記:2018年6月15日

やはり何度は抜群でした。
プロにとっての相手は、コースでなく

「USGA](全米ゴルフ協会)

だという、一種のぼやきに近い、声も。

初日の平均スコアはなんと~~

「76.47」

でした。
アンダーパーは「1アンダー」でわずかに4人だけ。
松山英樹は「5オーバー」で、6打差なので、まだまだここから行けるかな~~とも思いますが、この平均スコアは、前回並みかと。

優勝候補は、どんどん圏外で予選通過も厳しい状況かと。
いずれ、そんなことで、また気が付くことがあったら追記します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る