新卒の離職率を減らし退職を防ぐ方法は?3年以内転職がなぜ多い?

スポンサーリンク

新卒の離職率を減らし退職を防ぐ方法は?3年以内転職がなぜ多い?

松島福浦橋の写真風景

就活を勝ち抜いて、ようやっと入社した会社なのに、3年以内に退職してしまう、新卒の方が多いんだそうですが、その原因って何でしょうか?

今は4月ですが、今春の新卒の皆さんは、新社会人として、仕事の調子はいかがですか?

離職率の高い会社や、低い会社の特徴も併せて、私の経験も含めて書いてみようと思います。

確かに、業界別でみてみると、それについての大小はあるようですが、しかしそれにしても多いな~~って思った次第です。

高卒の離職率と、大卒の離職率での差についても、調べてみました。

退職の理由ってそもそも??

会社を退職するには、それなりの理由があります。
退職せずに済むなら、それに越したことはないわけです。

スポンサーリンク

今の時期の4月は、学生さんは就活で一生懸命!

って‥解禁は確か6月のはずですが、しかし当の本人は、面接の練習や大学でのサポートをフル活用で、その準備に余念がないのではないかと、思います。

何せ、就職は一生の一大事ですから!

新卒の離職率はどのくらいの数字?

これが結構多いので、驚いた次第です。

企業にとっては、ただでさえ、人手不足の時代に、せっかく入った新入社員が、短期間でどんどん退職・・これって悪夢に近いですね。

そんなに多くの方が、3年以内で辞める現実の数字はどうなってる?

裏付けを下記に紹介します。

新卒者の3年以内の離職率ってどんくらい?


(出典元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/より引用)


(出典元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/より引用)

これ見て驚きました。

上記は従業員別の、離職率のグラフですが平均すると、下記の数字になるようです。

  • 大学卒:32.2パーセント
    高卒:40.8パーセント
    中学卒:67.7パーセント

大学卒で、ほぼ3人に一人が、3年以内に辞めるんですね。
これ驚きです。

せっかく就活を生き残ったのに…なんでって思いますが、この数字が現実のようです。

ではなんでやめていくの?

新入社員が退職していく理由は?

どうやら下記のような、理由のようです。

  • 1:肉体的・精神的に健康を損ねたため
    2:労働時間・休日・休暇の条件がよくなかったため

言い方はどうであろうと、こういう理由のようです。
もっとかみ砕いていうと

  • 1:入社前に聞いていた労働条件と現実と違う
    2:残業代の不払いや人手不足でさらに職務内容の指導がない
    3:希望した日に有給休暇が取れない
    4:職場指導がほとんどなかった
    5:最初から先輩社員と同様の職務だった

などなど・・

皆さんどう思いますか?

新入社員の側に、責任はないのか?

さて??

我慢できないとか‥残業することに抵抗がある・・とか‥

が‥スカスだ‥その前に

この離職率の推移を見ていくと、バブル崩壊後の時期や、リーマンショックの時期や‥その時と比較して、大きな差はないそうです。

ってことは、数十年前からほぼ同じ傾向にあった・・そういうことが言えます。

今の時代の特別な社会現象ではない!

そういうことですね。

関連:有給休暇消化の取得に理由は義務化?労働基準法の定義をチェック!

新入社員の離職率を減らす個人と企業の方法は?

そうはいっても、会社を退職するというのは、結構なエネルギーを要することで、できればないほうがいいのは当然かと。

なので自分なりに、企業側と新入社員側で、注意することを考えてみました。
私も以前は管理職なので、人事についても少しは、経験してますので。

新入社員側の注意する項目は?

まずもって、入社する時点での、失敗がほとんどなのでは?

自分がその仕事に情熱を持てる、損な職業になってるかどうかが、基本的に問題かと。

その辺を踏まえて次の項目を、就活の前に十分に考察したほうが、いいかと思います。

  • 1:自分が将来やりたい職業か?
    2:給与の段階を見る
    3:休日の数を見る
    4:残業や休日出勤の実態をよく聞く(調べる)

もっとありますが、こんなところが、大きなところかと。
企業側は、人手不足もあって、いいことを並べる傾向に、あるかと思いますが、そこをしっかりと今の時代はネットという手段がありますから、駆使して調べましょう。

あと・・これを言う方はそんなにいないと思います。

上記の2番です。

平社員と、課長の年収の差を調べておくことを進めます。

なんで?

多分そこで勤務していけば、40歳くらいで課長は十分に臨めるかと。

その時の年収を、知っておくことは、将来の設計に非常に重要だからです。

自分として最低で、倍以上ほしいです。
初任給が300万円なら、課長職で600万円以上は欲しいですね。

なぜそういう基準を設けるのか?

頑張れば、報われる会社かどうかを、見極めるためです。
この差がないというのは、やってもやらなくてもそんなに、影響がない・・いわば私の会社のような一律なら、全くやる気が出ません。

いい人材からやめていきます。

人が辞める会社の特徴と理由は?仕事を辞める転職を防ぐ方法!

こんな会社ですから、そういう会社は最初から、辞めておきましょう。

これ意外と大事ですよ。

スポンサーリンク

会社側が離職率で注意する点は?

この内容は、どう考えても日本国民には

「職業選択の自由」

という基本原則の権利が、認められてますから、いやなものを引き留める権利は、会社にはありません。

したがってこれは受け身です。

仕方がありません。
でも対策はあります。
基本的なことです。

  • 1:労働基準法は厳守する
    2:正確な評価に努める
    3:相談事には十分応じる(仕事上の)
    4:教育機関を十分に持つ

このくらいが、大きな点かと思います。

1番の労働基準法に、凝縮されますが、その中は重要です。

  • 1:残業未払い
    2:有給を認めない

この二つは最も悪質です。
言語道断ですね。

働き方改革を言ってるときに、それに逆行することは、やめましょう!

働き方改革の残業規制で所得が減る?月の上限設定の背景と狙い!

しかし意外と多いんですね…残業の未払いとか‥有給を認めないとか‥

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

有給休暇は、労働者に認められた権利です。
いつ行使しようが、自分の自由です。

これをわかってない経営者や、管理者の方は結構多いんですね。

新卒の離職率を減らし退職を防ぐ方法のまとめ

新卒の3年以内の離職率について、上記で紹介しました。

皆さんいかがですか?

これから就活を行う、またはその真っ最中の方にとっては、参考になったかもしれません。

私のアドバイス・・あんまし役に立たないかもしれませんが、これはでも大事ですよ~~

  • 1:自分が将来やりたい職業か?
    2:給与の段階を見る
    3:休日の数を見る
    4:残業や休日出勤の実態をよく聞く(調べる)

この4項目は、最低限見ていきましょう。
基本1番が合致しないと、その企業はだめだな!

やりたくないことを、やろうと思っても、これは無理です。

しかし・・どうしても・・という場合は、有給休暇は消化しましょう。

退職時の有給休暇の消化の拒否は違法か?わが社の例と経験を紹介!

有給休暇は、退職時は使えますから、すべて消化しましょう。
拒否は違法です。

しかしマナーは十分に守りましょう。
社会人ですから、とつぜん・・・はこれはだめです。

周辺に対する気配りも、社会人としてのマナーですから。

企業側の方は、労働基準法は遵守しましょう。

これ基本です。

わが社のようなことではだめです。
私の場合は、夜勤の仮眠時間が未払い賃金になっています。

支払えは‥たぶん会社潰れる??

さて??

しかし、釈然とはしない・・どうしたものか‥??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る