有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

有給休暇の労働基準法に占める意味と、休暇取得の理由などについて、考察してみます。

有給休暇には、最大40日というキャップ(上限)がありますし、繰越での消滅の期限もあります。
これは労働者の権利なので、泣き寝入りはしないで、権利は行使しましょう!

しかし・・有給休暇が取れないという方は、多いですね。
政府の働き方改革が議論されていますが、有給休暇って残業と合わせてまさに、本丸かと思います。

残業時間だけが、注目でこの有給消化が、なかなかクローズアップされませんが(私の印象)、これもすごく大事なことだと思います。

また定年退職時に、有給休暇が消化できないという方も、結構おられるようです。

実はわが社もそうなんだな~~
私の例も書きながら、紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

この有給休暇に関する記事を、数本書きました。

個別の案件や、状況を想定して、さらに私の会社の例も挙げながら、さらには定年退職するときの、私の希望も書いてみました。

有給休暇は労働者の権利です。
遠慮なしに、取得する権利を行使していきましょう!

有給休暇が取れない理由や取得する方法の記事まとめ!

以下は私が本ブログ内で書いた、有給休暇取得に関する記事をまとめたものです。

皆さんはこの休暇が取れてますか?

取れてない方や、また転職などで今の会社を退職するときに、いつの日付が最も有利なのか?

それも含めて、紹介させていただきました。

また私は、実際に今年定年を迎えますので、私の定年時の有給休暇の扱いについても、今の気分と実際にこうする予定・・を書いてみました。

参考までに。

多分に私的な部分もあるので、それなりに読んでいただければ・・と思います。

有給休暇を考慮した結果退職日はいつがいい?

皆さんは退職日はいつにしていますか?
もしかして、給料の締め日がキリがいいから…

そうしてませんか?

いえね‥次の会社が確定して、そこからあかずに勤務江尾¥始めるならそれでいいのですが、問題は社会保険です。

これは退職日によっては、損をする場合もあるので、注意ですね

詳しくはこちらです。

有給休暇消化で退職日はいつにする?一番有利な方法を考えてみる!

私は、何度か転職を行ってきましたが、そのたびに社会保険は任意継続してきました。

そこで感じたことです。

有給休暇の退職時の消化は違法なのか?

会社を退職するときに、有給休暇の残日数が、例えばの話ですが

「33日」

あったとしたら、あなたはどうしますか?
月の稼働日が22日なら、ほぼ一か月半は休めます。

例えば6月の末の退社日なら、5月15日以降の出勤日は、ほぼ有給休暇に充てられます。(概算です)

有給休暇を退職時に消化するのを拒否するのは労働基準法違反なのか?

わが社の場合は、ほぼこれが通るようになりました。

退職時の有給休暇の消化の拒否は違法か?わが社の例と経験を紹介!

退職する時点での、有給休暇の消化は違法でも何でもありませんから、堂々と消化しましょう。

これは労働者の権利です。
理由は必要ないです。

ただし、引継ぎはしっかりやりましょう。

有給休暇の取得に理由は必要か?

有給休暇を取得するのに、理由って必要なのでしょうか?

いつか見た、有給の取得理由が

「ドラクエを攻略するため!」

まさか??
ですが、これがSNS上で話題になりました。

有給休暇の取得に、基本的に理由は必要ないんです。
もともとの、有給休暇の制度の定めの理由が、労働者のリフレッシュを狙った制度なのです。

なので、有給は結婚式や不祝儀や、よんどころない事情に限る・・などというのは、全くの違法です

リフレッシュが目的ですから、遊んでいたって、もちろん旅行だった全然平気です。

有給休暇消化の取得に理由は義務化?労働基準法の定義をチェック!

この辺を、勘違いしてる企業って、結構多いのでは?
わが社も、つい最近までそうでした。

スポンサーリンク

定年退職の時に有給休暇はどうする?

私も今年がそうなのですが、定年退職の時に有給休暇が残ってる場合は、どうする?

これはすべて消化するべきですね。
私の計画は下記です。

定年退職時の有給休暇の消化はどうする?私の予定はこうします!

私の、同僚の先輩ですが、この定年退職時に有給日数40日をほぼ捨てました。

なんで??

でしたが、次にまた非常勤でそのまんま、雇用されて数年たちますが、こういうのは私の場合はないですね。

有給休暇の記事内容のまとめ

本ブログ内での、有給休暇に関する記事について、簡単な見出しを付けて、紹介しました。
個別の記事で、内容は詳しく紹介させていただきました。

内容は多分に、私の個人的な見解や、私の会社の例などが多くを占めますが、しかし労働基準法の適用は、どこの会社だって同じです。

少しは参考になるかと思いますが・・・さて?

私が一番驚いたというか、知らなかったのは

「有給休暇の取得に理由は必要?」

これです。
必要ないんですね。

「明日休み」

では、まずいですが(前日はなんぼなんでも・・・)、計画的な休暇届なら、理由は必要ないそうです。

社会保険労務士の、先生が言うのだから、間違いないでしょう。

前記の、「ドラクエの攻略のため」の例ですが、これでもOKなんです。

そもそも、労働者がリフレッシュするための休暇なので、何でもいいんだな。

私はそれ以降・・休暇の届けに・・

「理由なし・・」

  • 部長が‥お~~Sさんまたっすか‥休みの理由がないど~~
  • 理由はほすいのか?
  • そりゃあ・理由がない休みは認められませんね!
  • それは労基法違反なんだけど‥
  • はあ~~まじっすか??
  • んだ‥あ~~そこの部長、少し労基法を勉強したほうがええな!!

有給休暇消化の取得に理由は義務化?労働基準法の定義をチェック!

労働基準法は、労働者の味方です。
時には経営する企業にとっては、非情な場合もありますが・・スカス・・仕方がないんだな!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る