有給休暇取得義務化で管理職や中小企業は大変そ!施行日や罰則は?

猊鼻渓の舟下りの風景写真

有給休暇義務化に伴う、取得に関する問題や条件について、考えたり調査してみたので紹介します。
本記事は私の有給休暇の義務化の記事をまとめたものです。

目的の内容がきっとあると思います。
一般的な疑問点を、それぞれに書いてみました。

来年度より、厚生労働省の「働き方改革関連法」の施行が決定したことによって、有給休暇の所得が義務化になります。

大企業や、中小企業にかかわらず、企業が自社の労働者に対して、積極的に有給休暇の所得を、促す制度・・そういえば格好いいのですが、中身はなかなかのようですよ~~

違反した場合の罰則条項も、勿論盛り込んでいて、違反した企業が有名企業なら、おそらく社会的制裁も、もしかしたら待ってるかもしれません。

スポンサーリンク

この法律は経営側にとっては・・・侮れない法律かと思います。

勿論、一般社員だけでなく、パート社員に対する規定もあって、対象です。
が・・少し条件がありますが・・その辺も紹介しました。

義務化に伴う記事の一覧で見る疑問点は?

有給休暇の取得が、義務化になるなんて、バブルを生き抜いてきた私からすれば、ほぼ青天の霹靂に近いです。

当時は、休まずに毎日徹夜??

そういう時代でしたが、今思えば時代だなあ~~が感想ですね。

以下、本ブログ内に書いた、有給休暇義務化に関する疑問点に関する記事です。

有給休暇の義務化の背景は何だ?

そもそも、この有給休暇の取得を、法律で義務付けるなんて、多分欧米のお国から見たら、すごく滑稽なことなのかもしれません。

なんで?

フランスは取得率100パーセント。
ドイツやイタリアも高率での所得率。

香港も100パーセント。

日本は何パーセントだ?

どうして取得できないんだ?
その辺をリポートしてみました。

詳しくはこちらです。

有給休暇の義務化の背景は何だ?取得日数を欧米と比較検証してみた!

有給休暇の取得の義務化はいつからだ?罰則はあるのか?

湯有給休暇の義務化を定めた「働き方改革関連法」は、いつから施行になるのだ?

んで、その内容は?

法律ですから、やはりその中身はよく知っておかないといけないですよ~~

また罰則の内容はどんなんだ?

そういうことも含めて、紹介しました。

有給休暇の取得の義務化はいつから?罰則もあるか調べてみた!

まずは法律の中身を、知っておきましょう!!

有給休暇取得の義務化で困る人は誰?

さあ~~~誰だと思いますか?
多分いっぱいいると思います。

もしかしたら、上記のアンケートでもわかるように、人手不足なのですから、休んで一番困るのは、もしかしたら自分‥本人??

まさかですが、日本というお国のサラリーマンは、そういう意識なのかもしれないな~~

なんても思った次第です。

詳しくはこちらです。

有給休暇取得の義務化で困る人は誰?施行で対策はどうするか考えた!

有給休暇取得の義務化で中小企業はどう対応する?

この法律の施行で、困るのは中小企業というのは、もう目に見えて明白かと。
何とか手を打たねば…

そう思ってる経営者の方も多いのでは?

私も以前は、中小企業の労務管理もやっていました。
なので・・大胆に予想しました。

多分こう出てくる!!

なんて勝手な予想ですよ‥予想!!
勝手な私のお話です‥が‥こんくらいはやりそうな感じがしますが‥予想ですよ‥予想!!。

が‥勿論、イカサマです。
が・・イカサマも信じれば正義かと・・

詳しくはこちらです。

有給休暇取得の義務化で中小企業は対策をどうするか予想してみた!

有給休暇取得の義務化でパート社員は対象になるのか?

結論から言えば、対象になります。
が・・そのばあい、上の法律の中身を知っておかないといけません。

ちょっと制限があるのですが、やはり付与日数に寄るので、この辺は注意が必要かと思います。

現在パート社員の方で、私も対象になる??
そう思い、気になってる方も多いかと思います。

詳しくはこちらです。

有給休暇取得の義務化でパート社員は対象か調べた!現実はどうなる?

ということで書いてきましたが、これ以外にも気になることが出てきた場合は、追記していきます。

皆さんの会社ではいかがですか?

取得できそうですか?

スポンサーリンク

有給休暇取得の記事のまとめ

本ブログ内の、有給休暇取得に関する記事を、まとめてみました。

多分、時間の経過ともに、こんな例はどうなる?

みたいな感じで、いろんなケースが出てくると思います。

が・・スカスだ‥

基本は、どんなケースであろうと、有給休暇は労働者の権利です。
有休休暇の基本については、こちらでまとめました。

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

私の例や、退職日が有利になる方法なども、紹介しました。

基本的に有給休暇というのは、社員がリフレッシュするための、休暇制度なので、理由は必要ありません。

最近の最新の論調は

「有給申請に理由を書かせるのはプライバシーの侵害!」

こう言うことのようなので、これもまた驚きです。

「ドラクエを攻略するため!」

この有給の申請でいつぞやはSNSが盛り上がっていました。
許可した上司が、其れでは足らんだろうから、もう一日休め・・一日かどうかは忘れましたが、追加したことは事実。

これは普通です。
何をしようと勝手!

私の場合は、何があっても

「私用により!」

です。
すべては、遊びに行こうが、農作業であろうが、それは私用ですから。
皆さんはいかがですか‥ってその前に有給取れてます??

とれないと思えばいつまでも取れません。

成せばなる何事も~~なさぬは~~~・・だな!

きちんと消化しましょう!!
・・・・・・・・・・・
関連記事

この際。増えた有給休暇(取得数)は、有効に使いましょう!
今年2018年は、副業元年・・こちらもお勧めです。

副業でバレないバイトの職種は?住宅でできる仕事がおすすめ!

増えた有給の取得日数で、バイトがちょっと…ですが、もしかしたらそういう考えの方もいるかもしれません。

副業禁止でバイトがバレたら会社クビ?簡単に首にできない理由!

バイトしてたら、部長にばったりと出会ってしまった!!
これってクビになるかな??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る