グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!

ゴルフでのグランドスラムは、メジャー4大会をすべて制することです。

メジャー大会は書くまでもないですが

1:マスターズトーナメント
2:全米オープン
3:全英オープン
4:全米プロ選手権

この4大会すべてを勝つこと。
年間で制覇すれば

「グランドスラム」

持ち越しの複数年での達成は

「キャリアグランドスラム」

と言います。
ゴルフの歴史での達成者と、メジャー選手権勝利数ランキング、これから達成しそうなプレイヤーなどを、自分の視点で書いてみようかと思います。

グランドスラマーの誕生を、テレビでも見てるとすれば、それは本当に歴史的な瞬間かと思います。

スポンサーリンク

ゴルフのプレイヤーなら、このゴルフのキャリアの中で、「グランドスラム」を目指さないプロは、いないと思います。

然しながら女子プロの場合は、そうでもないようです。

全英オープンを辞退する女子プロの理由は?メジャー軽視の真相!

今週、全英リコー女子オープンですが、出場資格があるのも関わらず、日本のツアー「北海道meijiカップ 」に出場するプロがいますが、男子では考えられないでしょう。

グランドスラムの言葉の由来と、メジャー勝利数ランキング

グランドスラムという言葉が、この世に生まれたのが「球聖」と言われた

「ボビージョーンズ」

が当時のメジャー大会と言われてる、4試合すべてを年間で勝利した時だといわれています。

当時は、マスターズはありませんし(もちろんマスターズを創設したのはジョーンズ本人)、全米プロは蚊帳の外。

当時のメジャーは

1:全英オープン
2:全米オープン
3:全英アマ選手権
4:全米アマ選手権

この4つの大会すべてに勝利して

「グランドスラム」

という言葉ができたんだそうな。
この時

「1930年」

です。
ボビージョーンズは28歳。

その後時代が変わって、1934年にマスターズトーナメントが、開催。

それを機会に、今のメジャー大会が、確立されていくことに。

なのでグランドスラムという言葉は、このマスターズ以前と、マスターズ以後とに区分けされるようです。

しかしマスターズ以前では、ボビージョーンズ以外の達成者はいません。

勿論マスターズ以後の、メジャー大会は

1:マスターズトーナメント
2:全米オープン
3:全英オープン
4:全米プロ選手権

この4大会のことを言います。

メジャー大会の勝利数ランキングと、グランドスラム達成者!

ではメジャー大会の勝利数ランキングを紹介します。

メジャー大会勝利数ランキング

  • 1:ジャック・ニクラス 1962–1986 18
    2:タイガー・ウッズ 1997–2008 14
    3:ウォルター・ヘーゲン 1914–1929 11
    4: ベン・ホーガン 1946–1953 9
    4:ゲーリー・プレーヤー 1959–1978 9
    6:トム・ワトソン 1975–1983 8
    7:ジーン・サラゼン 1922–1935 7
    7:アーノルド・パーマー 1958–1964 7
    7:サム・スニード 1942–1954 7
    7:ボビー・ジョーンズ 1923–1930 7
    7:ハリー・バードン 1896–1914 7
    12:リー・トレビノ 1968–1984 6
    12:ニック・ファルド 1987–1996 6
    14:フィル・ミケルソン 2004–2013 5
    14:バイロン・ネルソン 1937–1945 5
    14:セベ・バレステロス 1979–1988 5
    14:ジェイムズ・ブレイド 1901–1910 5
    14:ジョン・ヘンリー・テイラー1894–1913 5
    14:ピーター・トムソン 1954–1965 5

とこんな感じです。
1位のジャックにクラウスは18勝もしています。

2位にタイガーウッズも14勝ですね。

すごいですね。

キャリアグランドスラム達成者

ではキャリアグランドスラムの達成は何人いるのでしょうか?
上記メジャーでの勝利数が、前提条件ですから、上記のプレイヤーの中で何人が、メジャー4試合にすべて勝ってるのか、調べてみました。

ボビージョーンズ:年間グランドスラム達成(7勝)

  • 1位:ジャックにクラウス:3回(18勝)
    2位:タイガーウッズ :3回(14勝)
    3位:ジーンサラゼン :1回(7勝)
    4位:ベンホーガン :1回(9勝)
    5位:ゲーリープレーヤー:1回(9勝)

()の中はメジャー勝利数です。

ご覧のように6人しかいません(ボビージョーンズ含む)

1回はグランドスラム
2回はダブルグランドスラム
3回はトリプルグランドスラム

と言います。

勝利数との関係ですが、意外と偏ってますよね。

ゴルファーにとって、不幸だった時代が

ジーンサラゼン、ベンホーガン、サムスニードが活躍した時代です。

この時の全米プロチャンピオンは、なんとマッチプレー。

しかも競技は毎日36ホールの長丁場。
今のようなストロークプレーになったのは

「1958年」

です。
さらに悪いことに、そのマッチプレー時代には、日程が全英オープンの開催期間中という、今考えると

「なんで??」

って思うようなことになっていたようです。
なので、それまではこの、「グランドスラム」には厳しい時代だったわけですね。

年間グランドスラムに一番近かったベンホーガン!

時は1953年。

この年のメジャー大会に出場した

「ベンホーガン」

マスターズトーナメント優勝
全米オープン優勝
全英オープン優勝

全英オープンでは、コースレコード「68」をたたき出し、二位に4打差の圧勝!
ニューヨークに凱旋したのですが、さながらヤンキースの優勝?

そんな凱旋パレードだったようです。

この年出場したメジャー大会3連覇。

すべて勝ったわけです。

一個足りない・・そうです全米プロ選手権。
上記の理由で開催期間がかぶって、しかも当時は一週間の、マッチプレーの長丁場。

もし・・ストロークで、2週間も開いてれば、出場できたでしょうね。

タラレバの話ですが・・・

もう一人年間グランドスラムに最も近かった男がいます。

「タイガーウッズ」

タイガーウッズは2000年にマスターズは逃しましたが、

全米オープン
全英オープン
全米プロ選手権
マスターズトーナメント(2001年)

このように年をまたぎましたが、4連勝を達成。

さてこれにはゴルフ界の重臣は困った!!

年間ではない・・さりとてタイガーウッズの栄誉もたたえたい。

そこで出た答えが

「タイガースラム」

っていうことで本人の名前を付けた、グランドスラムが誕生したんですな~~

・・・・・・・・・・

関連記事

タイガーウッズの成績をまとめた見ました。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

その偉大さが、これではっきりとわかります。

グランドスラムに一番近い現代のプレイヤーは?

では今後近いうちにグランドスラムを、達成しそうな、一番近いプロを自分なりにピックアップします、

候補は3人。

1:フィルミケルソン

ミケルソンは5勝しています。
足りないのが

「全米オープン」

です。
あと一つなのですが、なかなか難しい。
惜しい2位が二回あったのですが、グランドスラムは勝利しか、意味がないですからね~~

2:ローリーマキロイ

マキロイはメジャー4勝しています。
足りないのは

「マスターズトーナメント」

です。
今年期待したのですが、なかなか調子が上がりませんでした。

2018年の今年は大3ラウンド経過して、絶好の位置です。
上と結構空いてますが、マスターズの最終日は5打差があっても、わかりませんから、最終日に期待しましょう。

もしかしたら、グランドスラマー誕生の歴史的瞬間を観れるかもしれません。

今3打差打差で2位です。
絶好の位置ですね。

*2018年4月9日追記

残念でした~~
なかなか勝たせてくれないのが、メジャー選手権であって、これに勝つからこそ、特別な存在なんだと思います。

また来年注目しましょう。

3:ジョーダンスピース

ジョーダンスピースはメジャー3勝。
効率よく勝っています。

足りないのは次週開催の2017年メジャー最終戦

「全米プロ選手権」

です。
今好調です。
全英オープンも今年制覇しました。
間違いなく、近いうちに達成すると確信しますよ~~

 

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話の経験のまとめ

 

本ブログ内の、接待ゴルフに関する記事を一つに記事に集合してみました。
今後増えると思うので、見やすいかと思います。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

接待ゴルフの知りたい情報は見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人のまとめ

グランドスラムについて、書いてきました。

ボビージョーンズの時代とは、対象試合が違いますが、しかしその時代のゴルフは、アマチュアがメインで、プロと混ざって競技していた時代です。

ハッキリと、プロとアマ境が付いたのは、いつ頃なんでしょうか?

多分、言えることはマスターズ以後だと、思います。

1913年に、当時の大スターのハリーバードンに、全米オープンで勝ったのは無名の

「フランシスウィメット」

勿論アマチュアア。
こういう時代です。

ですから、全米アマ選手権や全英アマ選手権は、メジャーと言われていたんだと思います。

*:ちなみにPGAで最も活躍した選手に与えられる

「バードントロフィー」

はこの「ハリーバードン」にちなんだ名誉です。

時代が変わって、アマでのゴルフの維持が、難しくなっていったのかな~~

そこでプロの精度が充実して、職業としてのゴルファーが主流になって今に至る・・そんな感じなのかな~

なんて自分で、考えてみたりしました。

ベンホーガンは、大好きです。

ビッグベンと言われますが、彼の書いたゴルフレッスン書

「モダンゴルフ」

はすごくいい本でした。(尤も私の実力が伴いませんでしたが・・)

興味のある方は、もし書店で売ってれば開いてみてください。

とてもいい本で、グリップのところはすごく、参考になりました。

さてジョーダンスピースの、全米プロ選手権での活躍が、すごく楽しみです。

松山英樹の活躍も、すごく楽しみですが、見る視点が複数で楽しみ倍増ということで・・

・・・・・・・・・・・・

ゴルフの上達にはやはり、それなりの練習グッズが欠かせません。
私の場合は、グリップの矯正グッズが、とても役に立ちましたよ!!

関連記事

タイガーウッズの記録は、前人未到の記録が多数で、驚くものばかりです。
連続世界ランキング1位在位期間・・などは圧巻ですね!!

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

世界一難しいコースはどこ?
これは私の独断ですが、私はここだと思っています。

ゴルフコースで世界一難しいのはどこ?設計者と年代も調べてみた!

最後に完成までもっていた方は、日本でもなじみの方ですよ~~
驚きます!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る