江戸時代の庶民(町民)の給料や年収は現代に換算すればいくらだった?

東京駅の風景写真

江戸時代の生活で、町民の(庶民)の暮らしで、賃金というか年収って、現在の金額に換算すると、いくら程度だったんでしょうか?

江戸時代の文化での庶民というと、大工さんやあの行商のかたとか・・それと農民も。

現代の日本は、GDP世界3位ですごく豊かに感じますが、低所得者世帯が3割以上もある、ある意味格差社会と言えるかもしれません。

江戸時代って、庶民や町民や、農民の暮らしって、食事も含めて豊かだった?
いえいえ・あの時代劇の悪代官様のイメージでは、高い年貢で生活苦に喘ぐ農民のイメージが強いのですが・・

現代に換算すると、どの位の年収だったのでしょうか?

その辺を、考察してみようと思います。

スポンサーリンク

江戸時代のしょっみんって、鋳物日本の現代の庶民と比べて、年収て高かった?

いえいえ低かった??

でも年収にとらわれない、物価という考え方もありますから、年収だけでは測れないかもしれません。

が・・やはり給与基準で、考察してみようと思います。

江戸時代の町民・庶民の年収は幾らほどだった?

さていくらなんでしょうか?
私は、その時代にタイムスリップできませんから、今の文献をあたるしかありません。

資料で「文政年間漫録」というのがあるんだそうな。

その前に江戸時代のお金は

1両=銀60匁=銭6~7貫

だそうで、コメ1石=60㎏換算2.5俵=1両

で、ほぼ換算されたそうです。
なお

1両=10万円(現代のお金で)

がほぼ目安だったようです。

が・・同じ江戸時代でも、物価の変動や小判お金の含有量などで、かなりの変動があったようです。
幕末には、1両の値段が一桁万円のようでした。

諸説あって、当初は14万円前後・・幕末は一桁・・なので平均をとって、ここでは10万円にして話を進めます。

 

江戸時代の大工さんの年収は?

 

ということで、上記の「文政年間漫録」に、どう書かれているのか、ここでおさらいしていこうと思います。
文政ということなので、1820年ころのころの資料です。

収入=5匁4分(1匁2分は飯代)*294日稼働=銀1588匁
これは両に直すと:約26.46両になります。

現代の金額で1両=10万円ですから

約2,646,000円になります。

この年収、どうおもいますかか?
では・・経費の算出までしてるか所から引用してみます。

●支出
○店賃     銀120匁  - たなちん(部屋代)です
○米代     銀354匁
○塩・味噌・醤油・油・薪炭 銀700匁
○道具・家具 銀120匁
○衣服     銀120匁
○つきあい費 銀100匁
●残りは、銀74匁です。

(出典)小野武雄、「江戸物価事典」、展望社、1980
【原典】栗原柳庵、「文政年間漫録」

残ったのは、銀70匁ですからこれは

1両=60匁

ですから
残りは=116,600円

程度です。
これはちょっと厳しいですね。
楽ではなかったですね‥江戸時代の大工さんは。

 

江戸時代の行商の方の年収は?

 

こちらは結構な高給取りだったようです。

年間実働日数290日で・・

一日の売り上げ1300文ー仕入れ700文=600文(売上)

600文*290日=174000文

1両=4000文

で収入は:43.5両:435万円

これはすごいですね。
やはり商人は稼げたんですね~~

が・・生活の内容が、載ってません。
が、必要経費が大工さんと同じと考えれば、、結構な高給取りだったと思います。

ドラマ、一心太助の場合でも、確かこの魚売りの行商は、縄張りがあったような記憶があります。

・・・・・・・・・・

これは江戸打紐というものなのですが、何に使うものでしょうか?
江戸打紐???
さて??

江戸の名物は江戸切子。
困難に種類があって、とてもきれいです!!

江戸切子価格比較はこちら

関連記事

江戸時代の武士の年収は、いくらほどだったんでしょうか?
そんな考察です。

江戸時代の武士の給料や年収は現代に換算すればいくらか調べてみた!

戦国といえば、やはり最強の武将は?
いえいえ、その最強の武将を補佐する軍師こそが最強なんだと思いますよ~~~

戦国時代最強の武将を補佐する軍師は誰だ?ランキングをつけてみた!

・・・・・・・・

江戸時代の農民の年収は意外に裕福なのは見掛け倒しだ!

問題の農民の暮らしですが、これはやはり御代官様の世界に近いですね。
やはり、当たってます・・テレビの時代劇は。

同じく「文政年間漫録」からです。

条件は

  • 耕作:田1町
    畑:5反

これで中流の農家なんだそうな。

1:収入:コメ20石、麦6石、大根2万5千本

んで・・

コメと麦は年貢のほかは1石1両で売却
大根は銭135貫で売却(一本当たり5,4文)

この場合の条件は夫婦に子供一人です。

●支出
○年貢、地代
年貢 米5石、畑分年貢 銭3貫。
地主への地代 米5石。
○田畑諸掛り - 生産のための諸経費です。
種穀 米1石、肥料 銭50貫文、
運賃 銭40貫文、舟賃 金2.5両、
日雇いの賃金 米5升、麦1.8石、金1.5両。
○主食費 - 麦が中心の主食でした。野菜類は自給していたのでしょう。
米1.9石、麦3.6石。
○衣食住費
塩・茶・油・紙 金2両、農具・家具 金2両、薪・炭 金1両、衣料 金1.5両。
○交際費
正月の餅など 米5斗、年末年始の費用 金2両、親戚とのつきあい 金1両。
(出典)小野武雄、「江戸物価事典」、展望社、1980
【原典】栗原柳庵、「文政年間漫録」

年貢が、地主に5石、そして政府に5石取られて20石の収穫の半分が持っていかれます。
これってあり??

これはないだろう‥って、現代なら大暴動になるレベルですね。

上記の残りは:たったの1両:10万円

です。
が‥現実は、その文献にはこう書かれているそうです。

「余すところ金二、三分に足らず、ゆえに風寒暑湿に冒し、一、二月も(仕事を)怠るときは収穫に損ありて、医薬の価に充てるに足らず」

ハア・・私も兼業農家なので、我が家の先祖もそうだったのか?
そう思うと心苦しいですね。

ただし、同じ農家でもウハウハなのが

「庄屋」(地主)

なんだな。
自分は何もせずに、5石の地代が入ってくるんです。
この上から順番の、ピラミッド・・・ますますため息が出るんだな~~~

スポンサーリンク

江戸時代の庶民や農民の年収のまとめ

物価はどうだったのでしょうか?
諸説あるようですが、ほぼ現代と同じように思いました。

しかし、ぶっ飛んでるものありますが・・・

となると、ほぼほぼ・・現代と同じような、暮らしだったのかもしれません。

が‥、問題は上記の年収から生活費をを引いた、残りの金額です。
これはいつの時代だって同じかと思います。

・・・・・・・・・・
江戸時代と幕末や歴史記事をまとめてみました。
庶民の暮らしは当時はどうだったんでしょうか?

江戸時代の文化と生活や服装は?庶民と武士の年収や幕末まとめ!

貨幣価値は、今とは違ってもでも基準はいつの世も同じような気がします。

・・・

「文政年間漫録」を基にした、「江戸物価事典」からの引用ですが、もともと「文政年間漫録」は、江渡時代の生活を書いたもの。

現代でいえば、総務省と厚労省の統計機関の、数字のようなものだと、私は解釈します。

問題は残った金額!

やはり商人は、と言ってもここでは、一心太助のような行商人ですが、意外と儲かっていたんですね~~

スーパーはなかったのかな・・たぶん。

農家はやはり、苦悩のようです。
見かけは大きな収入でも、年貢が政府と地主に対する、二重苦なわけですから。

昭和30年代の、社会党政権数か月の成果は

「農地改革法」

これにつきますね。
ここまで地主は、成立していたわけです。

大工さんも、生活して残るのが、たったの1両ちょっと。
これでは、貯金ができないね。

総じて、楽なようではなかったような気がします。

*なお、一両は10万円~15万円とか、諸説あるようです。
しかし、幕末ではもう価値が5万円とか・・そういうレベルの話もあります。

いくらであっても、問題は収支だと思うので、上記のような記述にしました。
物価はいつの時代も、上がっても下がらないと思います。

貨幣価値が下がれば、ますます生活はどん底!

あの「壬生義士伝」の内容と、かぶってくるんだな~~

中井貴一が演じた腕の立つ武士は、生活のために新選組に入ったんだな。
あの映画を見て、私はそう感じました。

皆さんは、江戸時代の年収・・・どう感じましたか~~~~??

・・・・・・・・・・

江戸切子グラスは、とてもきれいで銘品です。
いろんな形があって、これは芸術品ですね!!

江戸切子グラス価格比較はこちら

関連記事

幕末の新撰組の雄!
土方歳三の子孫の方いらっしゃるんですね~~
驚きました。

土方歳三の子孫と資料館と記念館の場所は?愛刀と五稜郭もチェック!

本田正信と本田忠勝は、同じ本田でも赤の他人!

本多正信と本多忠勝の経歴と参謀の実績は?徳川家内での確執も考察!

片や武闘派で、片や理論派の官僚トップ!
でも、活躍を思えば、時代の変遷というか流れというのを感じますね~~~

注:一部独断と偏見で書いた部分もありますが、容赦ください。
何せ江戸時代のことですから!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る