子供のスマホ依存はゲーム依存症に似ているかも!解消する方法は?

6月の厳美渓の風景写真

スマホ依存の子供が問題で、中学生や高校生が、どんどん増えていってるような印象です。
特徴的なのは、学校に行かない不登校になる子供も。

対策で‥やめたいと思っても、容易にやめることができない

「スマホ依存」

今ネット依存症というか、そういった現象は世界的な波なんだそうな。
つい最近も、WTOが「ゲーム依存症」は、公式な疾病であると、認定して話題になりました。

スマホ依存(ネット依存)になって、重症のお子さんは自力では、再生は難しいような印象を受けます。

いったいどうしてそうなる?

普段の日常よりも、ネットを重視してしまい自分で利用時間などをコントロールできない・・

実生活に、大きな影響を与える‥これは問題だな~~

スポンサーリンク

ゲーム依存症を、WTOが正式な疾病であると認定した時点で

「スマホ依存」

や「ネット依存」も、いずれ同じような特徴があるように思います。

WTOに認定された内容は下記で紹介しました。

ゲーム依存症はゲーム障害としてWHOで疾病認定されるってホント?

問題であると、認識していてもどう対策したらいいのか?
それを考えていこうと思います。

スマホ漬けの子供はどうして生まれる?

これはもう、与えるからですよね~~
でも、周辺の友人が持ってると、やはり持たないわけにも・・仲間外れとか、話が合わないとこれもまた、人間関係で、子供の世界とは言え問題かと。

しかし・・いざ与えてみると、今度はそれに夢中。

友人たちとのラインが、夜を徹して‥またはゲームにはまって、それをクリアすることに熱中で、、課金の制度で新しいアイテムがないと‥どんどん高額の請求が‥

これって、最近までは話題になっていたことかと。

結果、スマホ漬け・・ひいては、ゲーム依存症になっていくような気がします。

スマホ依存と、ゲーム依存は媒体が違いますが、スマホ依存のほうはゲームだけが、対象ではないところに問題があって、複雑かと思います。

スマホ依存やネット依存にならない子供の特徴は?/h3>

スマホを持ってる子供のほとんどが、スマホやネット依存になるかと思えば、そうでもないのは、周知の事実。

では、どうしてそんな差が出てくるんでしょうか?

ちょっと考えてみたり、いろんな情報を整理してみました。

すると、下記のようなことが分かったので紹介します。

スマホ依存になりにくい子供の特徴

  • 1:ほかに熱中するものがある
    2:将来の目標がある
    3:目先数年の目標誘導が上手い親
    4:受験など目的があるユ5:親がきちんとルールを設けている
    6:ルールの話し合いが成立している

スマホ依存になる子供の特徴

  • 1:親もゲームに熱中している
    2:ルールがない(使用時間など)
    3:目標がなくただ漠然とベームやスマホ
    4:友人の影響を受けやすい環境
    5:目的ややりたいことがない

などなどの、ようです。
私の近所でも、中学生のお子さんがゲーム依存になったようですが、高校には進学しませんでした。
ここの家庭では、親もゲームに夢中です。

どうにも、親の認識がそうだと子供も、えてしてそうなるかと。

まずは、このスマホ依存や、ネット依存に対する、親の認識のほうが第一なのでは?

そこの家庭の場合は、そう思いましたね~~。

子供のスマホ依存やネット依存を防ぐ対策はどうすれば?

与えないことがいいのかというと、今の現実社会はネットや、パソコンに依存していますから、これは非現実的かと思います。

確かに与えない対策も、ある程度必要なのかな~~とも、思いますが、それでは子供のスマホ依存に対する、抵抗力という面では不備かと私は思います。

ではどうすれば?

子供のネット依存を防ぐ方法は?

どうやら、こういう方法が効果的のようです。
上の、ネット依存になるお子さんの特徴の、逆を行くかならない方をまねればいいかと。

  • 1:スマホ以外に夢中になるものを提案する
    2:将来の目標を誘導する
    3:受験ならそちらを優先するように仕向ける
    4:親が率先してスマホ以外の事を誘導する

勿論簡単ではないです。
相手は人間で、感情を持ってますから。

すでにスマホ依存の方に効果的な方法は?

この方法は、すでにスマホ依存になってる方に効果的と、言われる方法のようです。

治療機関で、行われている方法ですが、下記のような内容です。

「自己のセルフコントロール力をつけさせる方法」

です。
これは「認知療法」と言って

「自分が置かれている状況を冷静に見直す治療法」

です。
言葉から推察するに、自分がどんな位置にいるかを認識しながら、その対策を講じていく方法のように感じます。

具体的には下記です。

1:利用時間を紙に書かせて可視化する

すると、ゲームやスマホをしている時間が、一日のうちどのような割合か、わかってきます。
逆算すれば

  • 1:寝る時間
    2:食事の時間
    3:ゲームをやってる総時間

がわかることによって、自分の置かれている時間を、理解させる方法なんだそうな。

一日の大半を、スマホやネットやゲームに講じていることを、認識することで、その時点で変わる子もいるといいますから、有効的な方法かと思います。

でも、親子でよくよく話しあって、進めていかないとどうしたって、反発するかもしれないです。

なかなか難しい感じを受けます。

スポンサーリンク

子供のスマホ依存のまとめ

子供の社会って、親が介入していいのか?
そうも思うのですが、子供はどんどん大人になっていきますし、いろんな情報を吸収して、親の知らないうちに子供の社会が形成されていく・・・そんな印象も受けます。

その最たるものがやっぱしこの

「スマホ依存(ネット依存)」

なのでは?
これをしっかりと、対策しておかないと子供の将来は、まずいことになるような気もします。

まずは、親がしっかりとスマホ依存という現象があるということを、認識してから与えるようにしないといけないと思います。

あとはルールや、取り決めや約束事を、しっかりとしないといけないのでは?

依存症になってからでは、それを治癒させるには、とんでもない時間と労力や金銭的にも・・

何よりも、子供の人生がかかってくる場合もありますから!
・・・
関連リンク

ゲーム依存症の原因や症状ってどうなる?
そういうことについて書いてみました。

ゲーム依存症の子供になる原因とチェック方法は?症状と要因の考察!

住民税を支払わなくてもいい年収っていくら?
なるほど~~って思いましたが、私もそのレベルだったとは???

低所得者の住民税が非課税の年収はいくら?計算方法と世帯を調べた!

副業ってばれたら会社クビになる?

副業禁止でバイトがバレたら会社クビ?簡単に首にできない理由!

今年は副業元年なんだそうです。
会社の規定で、副業が禁止の場合は、バイトがばれたらどうなる?

やばそうな印象を受けますが、なるほど~~って思いましたが・・・さて??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る