35年ローンの年齢のリスクはありえないほどに危険かもしれない!

十和田湖の朝霧の風景写真

住宅ローンというと、長期の支払いは普通なのですが、しかし35年ローンというのは、長いですね。

私の一番上の長女夫婦も、35年ローンですが組んだのが30歳前なので、終わるのが65歳の定年前かと思うので、まあいいかと。

でも長いな~~って思うのです。

勿論、ローンの返済が長いほど、金利の負担も多くなって、月々の返済も含めてのトータルの返済額も、当然かさみます。

いくら今がゼロ金利政策の真っ最中でも、10年先には景気が上向いて、金利上昇局面に移行した場合は、さらに負担が増します。(変動金利選択の場合)

今が金利負担が少ないからと言って、将来にわたって今と同じではないんだな~~経済は生きてますから。

スポンサーリンク

なぜ、こんなことを書くかというと、私の会社の同僚の息子さんが、家を建てるんだそうな。

それが35年ローンで、支払いを組むのでどうだろうか?

意見を求められたものですから。

それについて、ちょっと書いてみようかと。

35年ローンのリスクを考えてみた!

私も家を新築しました。
37歳の時です。

ここで35年ローンでは、支払いが完了するのが、70歳を超えてしまいます。

これではちょっと…なので、私は

「25年住宅ローン」

という、一般的な期間のローンを選択しました。

勿論短ければ、短いに越したことはないのは、これは誰でもが考えることですが、やはりローンの残高に対して、それを月々返済して、完済するまでの期間とのこれは綱引きなわけです。

ローンの返済期間中も、生活はしていかなくてはならないですから、ここなら車も必要ですし、子供たち3人の教育費もかかるわけですからね~~

返済期間35年住宅ローンの考えられるリスクとは?

さて何があるかな~~って思いました。
実はもう私は今年定年してもいい年齢です。

ローンは来年の5月までですが、いつ完済してもいいのですが(もう期間がないですから)、一応最後までこのままでいこうと思います。

が‥何が言いたいかというと、この25年近く人生を生きてきたのですが、いろんな経験をしてきました。

その中で、常に私の行動を縛ってきたのが、この

「住宅ローン」

なわけです。
なので、その経験を踏まえて、何点か重要なリスクと思える項目を、提案します。

下記です。

  • 1:転職のリスク
    2:健康のリスク
    3:収入に対する不安感
    4:家の修繕費(災害)

1~3は、私自身の仕事の問題です。
4は、地震がありましたね~~しかも2回も。

最初の岩手宮城内陸地震のほうが、被害が大きくてもう絶望的な気持ちに、なってしましたっけ。

助かったのは地震保険。
これには、本当に助かりましたね~~
みなさん保険だけは入っておきましょう。

次の災害は、いうまでもなく東北大震災。
しかしここは、山奥の僻地なので、揺れも津波もここまでは来なかったです。

2階の私の書斎のPCのモニターが2個、こけた程度でした。

では次に、その1~3の内容をもう少し詳しく、解説します。

人生のリスクは勤務する会社と収入のリスクだ!

長い人生、何があるかわかりません。
何とか、健康でここまでやってきましたが、そうでない方も中にはいらっしゃるかもしれません。

私の知り合いの方も、病気で逝ってしまった方も、います。
そういう場合は保険がかかってますから、住宅ローンの返済は必要ありません。(通常そうなってると思います)

私の場合は、仕事上の転職でした。

仕事で2度の転職を余儀なくされた人生!

私の場合は、この仕事です。
2度も転職しました。

なんでこうなるんだよ~~~

って思っても、仕方がないんだな~~って・会社の中での立ち位置がそうなんですから。

36歳で、家建てた時はバブルが崩壊してまもなく。
景気は、真っ逆さまに下降に入っていった時期です。

しかも、国内製造業はおりしも、海外をどんどん目指していた時期。

行先は「中国」です。

そのあおりを食って、仕事が激減。

39歳の時に転職を余儀なくされました。

この時の転職で収入が、200万円弱の減少です。

これで食っていけるかな~~って思ったものです。

子供が3人、まだまだ小学生が一番下にいましたから。(今同居人の3女)

転職先での仕事は、またまた管理職。

キツカッタ!

そして2回目の転職は、またまた給料(年収)の大幅な減少で、今に至ります。
この時の転職の理由は、仕事のきつさ。

メカトロの設計や金型の設計で、キャドで図面を引いて、製作まで。

納期が迫ってくると、激やせになるんだな~~
人間追いつめられると、体に異変が出てくるものです。

まだ天に召されたくない・・それが正直な気持ちでしたよ~~

んで‥今の仕事に転職。

責任は?

ぜ~~~んぜん~~ないんだな。

ヒラシャインナンダモン~~~ン

世の中にこんな仕事もあるんだ~~
って思ってたら、今の会社に一番長く勤務しています。

でもね~~住宅ローンは、良く払ってきました。

転職のタイミングを、子育てのタイミング・・2度目の転職は子供3人は、ほぼ社会人。

こうなると、生活のみですから、さらにコメ作ってる農家ですから、持ち家ですし・・
都会の方よりは、まさに恵まれているかと。

これ、転職できない事情がある場合の方は、とてもつらいと思います。

35年ローンだった場合は私はどうなっていた?

35年ローンだと、私のローンはまだ10年以上あることになります。

ちょっとこれ、耐えがたいです。
この年齢で、60過ぎてこれから10年ローンが残ってるとなると、考えたくもない事態かと。

出来れば、60歳で終わるような設定だと、理想的かもしれません。

年金まで、少しありますが、この65歳までの5年間は、老妓小野資金を手当てする期間という、そんな計画なら私の中でなら、ベストな感じかと思います。

皆さんはどう思いますか?

少なくとも、65歳以降にローンが残っていると、老後の生活のあての年金で、住宅ローンを支払う事態になるかと。

こういうのは、計画的に除外したほうがいいような気がしますが、もしどうしてもという方なら、必死にためて期間短縮での借り換えなどが、有効かと思います。

35年のローンだと、人生のいい時間のほとんどを住宅ローンで、縛られそうな予感がします。

人生設計をよ~~く考えて、住宅ローンを組みましょう!

スポンサーリンク

35年ローンの年齢のリスクのまとめ

基本的に、35年後まで元気で働いていることが、前提でないと

「35年住宅ローン」

は組めません。
では今の、35年後は何歳・

そこをよ~~く考えないと、いけないような気がします。

30歳で35年ローンを組んでも、完済するのは65歳なわけです。

なんとなく思うに、上記のようなことを考えると、この年齢・・30歳がいいところのような気がしますが、さて皆さんはいかが思いますか?

しかし、35年間の利息って、いくら低金利の時代でも、大変な金額だべな~~。

私の住宅ローンは25年でした。
もうすぐ完済です。

終わるのが62歳なので、ずいぶん長いな~~って思っていましたが、ノリで組んだ部分もあったような気がします。

私が住宅ローンを組んだ時の金利はなんと~~~

「3.8%」

が基準金利で、確か坪数で2段階になっていて、上のほうが確か

「4.2%」

だったと思います。
返済計画の紙を見て、残高を見ていると最初のころの返済はほとんどが、利子に相当していて、なかなか元金が減らないのには、本当に驚きました。

当然ですが、低金利突入で、これまでに2回借り換えています。

スカスだ‥

低金利でも、ただではないですから、ここを見誤ってはいけないですよ~~

次回は、住宅ローンは年収の何倍までが、苦労なく返済可能かを、私の例で紹介しようと思います。

が・・その時は良くても、人生は何があるかわかりませんから、そういう非常時にも備えておくことも考えて、リスクマネージメントはしっかりと考えておくことを、おすすめします。

・・・
関連リンク
有給休暇ってとれてますか?
きっちりと取得して、心身をリフレッシュしましょう。

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

副業禁止の会社で、バイトがばれたらどうなる?

副業禁止でバイトがバレたら会社クビ?簡単に首にできない理由!

老後の生活を裕福にするには、貯金はいくら必要かの考察です。

老後の生活を楽しく暮らすためには貯金はいくら必要か考えてみた!

定年というのは、ずいぶん先の話のようでしたが、すぐそこまで来てしまいました。
住宅ローンも返済してきましたが、過ぎてみればよくやってきたな~~って感じです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る