新築間取りで実際に重視したプランの例は?失敗しない注文住宅!

私が家の新築の際、最も重視した間取りの条件はこれ!

「家族全員の部屋を用意する」

これですよ~~

戸建ての新築を決断した私は、S工務店との間取りを検討することに。

そこで、S工務店が建てた実際の新築の物件を、ほぼ見せてもらいました。

さらに、仙台や近隣の住宅展示場で、見て歩いて実際の間取りの参考に。

スポンサーリンク

なんで「家族全員の部屋を用意する」が重要なの?

って、我が家の古い家は、ただでっかいだけで、個別の部屋は少ないのです。

座敷は、15畳が二つとか・・ただ広いだけ!

これではね~~

それと全員が喜ばないとね・・やっぱし!

新築間取りで実際に重視したプランの例は?

では、すべての家族が部屋を持つとなると、何部屋欲しい?

  • 1:私たち夫婦
    2:親父とおふくろ
    3:祖母の部屋
    4:子供たちで3部屋
    5:私の書斎

都合・7部屋欲しいんだな~~
そこで、レイアウトというか、間取りを検討。

まずは私が、仕事はそっちのけで、寝ても覚めてもこの間取り。

親父とおふくろの部屋は、昔ながらの「納戸」という位置に収めた。

家の玄関から見て、正面奥の最も左の部屋。
そこに、6畳に押し入れ付き、出窓付きの和室。

天井は、秋田杉の木目を強調した材料。


(出典元:管理人撮影自宅)

その手前の、すぐ隣に祖母の部屋。
3畳に押し入れ付きで、出窓付き。

祖母は90歳で、かなり弱ってましたが、部屋的にはこれで十分かと。
3畳と狭いですが、しかし物入れや、出窓などのその広さ以上のものが、ついてますから、十分かと。

そして二階ですが、玄関は吹き抜けにしたので、吹き抜けはさんで左が私たち夫婦の部屋。
右側に手前に二つ、置く左に一部屋作って、子供部屋にしました。


(出典元:管理人撮影自宅)

さらに、左の一番奥に、私の書斎四畳半を作ったんだな~~

この部屋には、賛否両論で・・
皆さん・・無駄だ。
書斎なんぞ何するんだ!

そんな声が、非難ごうごうで・・

「俺が建てるんだ文句あっか??」

で、押し切りました。
子供部屋の手前の、4畳半二つの部屋は、将来的に一個にできるように、木のカーテンで、区切りました。

今この部屋に、娘夫婦が住んでます。

思惑どおりでした。
私の書斎には、電話も引いておいたので、ネット回線はまったく問題ありませんでした。

と・・こんなの間取りなのですが、他にも結構必要なんです。

  • 1:座敷
    2:茶の間
    3:リビング
    4:食堂とキッチン
    5:お風呂
    6:トイレ

などなどです。
座敷は、奥が10畳で手前が8畳です。

茶の間は10畳
リビングは10畳

とこんな感じです。
住宅金融公庫の融資の限度が、その当時は(23年前)

「72坪」

まで。

なので、ギリギリ「71.9坪」で審査に出しました。

もう少し余裕が、あった方がよかったのですが、ダメでした。

間取りを決める時のポイントは?

私も最初は、どうしていいのかさっぱり!

そこで大工の棟梁に相談。
そこで棟梁が言うには

「皆さん其れで悩みます。でも見方変えて、どこかの例を参考にされては?」

そこでもらったので、一番近い建坪の方のレイアウト図。

なるほど~~

これがあれば後は、見学に行ったことを参考にすれば、何とかなりそう!

ということで、まずは下の階(1階)に住むのは

「親父夫婦と祖母」

だな・・
二階は・・
間が吹き抜けだから、向かって右は子供部屋でいいだろう。

とかとか・・
そこで問題になったのが、神棚と仏壇。

神棚と仏壇は同じ部屋は良くないということで、手前の座敷に神棚。
奥の座敷に仏壇にしました。

そこで問題なのは、その上階(二階)。
ここは踏んではいけないんです。

神棚は、私ら夫婦の押し入れになったのですが、仏壇はちょうど私の書斎の床。

そこでちょうどその仏壇にかかる分の、面積を飾り棚で出っ張りましたが、そうしました。


(出典元:管理人撮影自宅)

私のギターと、ゴルフクラブの収納棚です。

私のモットーは、悪しき者には近寄らない!

ですから、あとで憂えることには、最初から徹底的に排除しておくのが、主義です。

トイレですが、上に5人いるので、二階にも作りました。
下の一階のトイレは、男用と女用と並べて作ったのですが、これは正解でしたね。

いまでは重宝しています。

スポンサーリンク

新築間取りで実際に重視したプランのまとめ

家を新築するというのは、人生でほぼ一度の大きな事業で、人生最高の買い物なんではないでしょうか?

私はそう思います。

なので、妥協するという言葉は、私は最初はまったくなかったです。

妥協するのでなく、その部分を満足するには、どうすればいいのか?

それを考えていました。

お金で済むのか、それとも物理的な問題なのか?

ということですよね~~
物理的な問題で、あきらめたものも結構あります。

例えば、ケヤキの柱を、どこかに使いたかったのですが、この欅という木は固いんです。
しかも感想が十分でないと・・・

「曲がる」

んです。


(出典元:管理人撮影自宅)

座敷のなぎしに(座敷の堺の上部)、本物を使いたかったのですが、大工の棟梁が曲がるかもしれない・・

じつは曲がった現場も、その棟梁以外の物件で私は、見てしまったんだな~~

そこで、張物で済ませました。
然し、見た目は欅そのものです。

とこういうこともありました。

次回はこの間取り篇のパート2です。

この辺はもう少し詳しく紹介しようかな~~
なんて思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る