ハリポタ不死鳥の騎士団あらすじと見どころは?シリウス最後の瞬間!

「ハリー・ポッター不死鳥の騎士団」のストーリーと、見どころを紹介します。

いよいよ、暗黒・・悪の枢軸の「ヴォルデモート卿」の復活が、魔法省で公になっていきます。

ハリーを守って、息絶える「シリウス」の最後は、悲しいですね。

守ったものは「予言」の玉。(しかし破損)

ダンブルドアと「ヴォルデモート卿」の戦いは最高の見所かと。

スポンサーリンク

これほど人気になったシリーズも、珍しい大ヒットを記録した「ハリーポッターシリーズの第五作目

「ハリー・ポッター不死鳥の騎士団」

が、金曜ロードショーに登場です。
このシリーズは、最後まで放送になるようです。


(出典元:https://www.amazon.co.jp/より引用)

ハリポタ不死鳥の騎士団あらすじと見どころは?

ハリーポッターシリーズの第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は次のシーンから始まります。

美しい街並みと田園風景。
「ホグワーツ魔法魔術学校」は夏休み。

ダドリーに、ひどく侮辱されたハリーだが、空は突然異様な雲に包まれ・・

駆けて逃げる二人だが・・突如として現れた吸魂鬼に襲われ、やむなくハリーは杖を使って、魔法を使う。

然しこれが原因で、魔法省から「ホグワーツ魔法魔術学校」の退学を勧告されてしまう。

しかし、校長のダンブルドアの仲介で、魔法省での弁解の機会を与えられることに。

不死鳥の騎士団のメンバーと、ともに向かった先が、騎士団の本部のブラック邸。
そこで復活した「ヴォルデモート卿」が欲しがる・・特別なあるもの。

さらにこの欲しがるものを、「ヴォルデモート卿」が探している。

この

「特別なあるもの」

がこの映画の、ポイントのような気がします。

他のシーンは、この欲しがっているものにつながる、余興のようなもの。

そして欲しがってるあるものとは?

これはどうやら

「予言」

のようですね。
死食い人と、ハリーの武器である「予言」の光る玉をめぐる、戦いと、最後のシーンの「ヴォルデモート卿」とダンブルドアの戦いも必見です。

・・・

予言を手に入れて、仲間と逃げるハリーですが、最後に死食い人に、仲間はとらわれてしまいます。

渡さないと、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ジニー・ウィーズリー、ルーナの命はない!

ガラスの玉・・予言を渡してしまう。

しかしそこへ不死鳥の騎士団が・・

そこで、そのガラスの球の予言は、割れて破損してしまう。

シリウスの死の瞬間は?

子の絶体絶命の瞬間に現れたのは

「不死鳥の騎士団」

中でもシリウスは、「ハリー」を守りながら勇敢に戦う。

然し、ハリーに気を取られた隙に

シリウスはベラトリックスの放った呪文に倒れて・・ベールのかなたに姿を消してしまうが・・

この呪文・・

「息絶えよ・・」

この魔法の呪文・・前回も見ました。

怒りに任せて、ハリーはベラトリックスを追う!

そこへ「ヴォルデモート卿」が現れ、さらにダンブルドアも・・

このシーンは必見です・・
この映画のクライマックスかと思います。

このバトルで初めて、魔法省は「ヴォルデモート卿」の復活を公式に認めることに。

この魔法界に、さらなる暗雲を感じさせる、そんな結末でした。

予言の言葉・・

「一方が生きる限り他方は生きられぬ」

う~~ん

この言葉如何ですか?

現代社会で通用する?

これは、排除の論理のような気がします。

なんか最近あったな~~
同じようなこと・・

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のプロフィール


(出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/34800223.html/より引用)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の、プロフィールは下記のようです。

著者 :J・K・ローリング
訳者 :松岡佑子
イラスト: ジェイソン・コッククロフト
ダン・シュレシンジャー
発行日 : イギリス:2003年6月21日
日本:2004年9月1日
発行元 :イギリス: Bloomsbury Publishing
日本: 静山社
ジャンル:ファンタジー
国 : イギリス
言語 :英語
形態 :製本
ページ数:766
前作 :ハリー・ポッターと炎のゴブレット
次作 :ハリー・ポッターと謎のプリンス

(wikipediaより引用)

本のはこうは、上記のように2003年になります。
映画の公開は

「2007年7月20日」

になります。
大人気の、ハリーポッターシリーズの第5作目に当たります。

もうここまで来たら、最後はどうなるんだろう?

だよね~~

私もそう思って、毎回映画館で見ていましたよ~~

スポンサーリンク

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のまとめ

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

は、シリーズの第5作目に当たります。

選ばれし者「ハリーポッター」の人生を書いている・・
そういっても過言ではないかもしれません。

なぜなら、いろんな経験や、悪との戦いの中で、人間的にも、その魔法にも磨きがかかっていくからです。

今回も最後に、死喰い人との戦いにはかなわなかった。

でも、ダンブルドアと「ヴォルデモート卿」との戦いのあとでの、理性と怒りと、本能との葛藤のシーンで、さらにハリーは成長していく!

そんな、人生観のようなものも、しっかりとJ・Kローリングさんは書いているんだな~~

そんな印象を受けました。

皆さんは、このシリーズを見てどんな思いを持ちましたか~~

「ヴォルデモート卿」はここはひとまず撤退しましたが、決戦の時ではなかったんですね。

まだまだ先の秘宝があることを、知っているんだと思います。

「杖」

も控えてますからね~~~

では次回作も期待しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る