大動脈剥離の検査と治療方法は?発症しないための予防法!

今回は、予防のための検査と、万が一「大動脈剥離」と診断された場合の、治療法について、書いてみようと思います。

声優の「鶴ひろみ」さんが発症した

「大動脈剥離」(大動脈解離)

という聞きなれない病気の内容ですが、前回は原因と前兆について、記しました。
今回は、検査と、治療法についての考察です。

スポンサーリンク

いろんな方の訃報で、いろんな病気の情報が出てきます。
私は、この「大動脈剥離」という病気は、知りませんでした。

知らないと、俄然知りたい意欲が出てくるんだな~

これも私の年代のなせる業?
なのかもしれないです。(60代)

大動脈剥離の検査方法は?

これは問診でわかるはずもないですから、当然レントゲンです。

胸部X線撮影ですが、しかし前方のみの撮影では、写らないことが多いんだそうな。
そこで横(側方)からの撮影が重要とのこと。

もしくは、胸部のCT写真なら確実ということです。

なので、出来れば最初から、胸部のCT撮影の方がいいですね。
この辺は、人間ドックなどでは、心臓の検査もあひるでしょうから、循環器の検査では、一発でわかるかもしれないです。

その際にあらかじめ、その辺のことを話しておいた方がいいかも・・なんて素人な考えですが・・

大動脈瘤の場合は、痛みと伴うようなので、この辺は検査での判断が重要かと

もちろん大動脈剥離も、こちらは前兆がないようなので、血管の断面写真で治療が必要かどうかは、診断していただいた方がよろしいかと。

大動脈剥離と診断の結果治療法は?


(出典元:http://sunaowatanabe.sakuraweb.com/より引用)

では万が一にも「大動脈剥離」であると診断された場合の治療法は、どんな治療があるんでしょうか?

二つの方法があるようです。

  • 1:ステントグラフト内挿術
    2:人工血管置換術

の二つの方法のようです。
もちろん手術が必要のない軽度の場合は、例えば高血圧ならば「降圧剤」にて様子を見るということもあるようです。

ところで大動脈剥離には二つのタイプがあるようですね。

  • a:A型動脈剥離
    b:B型動脈剥離

要はA型とB型の2種類です。

A型は、心臓の上部のU字型に曲がった部位の、周辺を言うようです。

B型は、そのUの字の下からの部位の、直線的な部位を言うようです。

どうやら私が読むに、A型の難易度は高そうです。

大動脈剥離の具体的な治療方法は?

具体的には、上記で書いた1と2の方法ですが

  • 1の方法:B型の方に適応
    2の方法:A型の方に適応

1:ステントグラフト内挿術ってどんな方法?

これはカテーテル治療で、足の先の動脈からカテーテルで「ステントグラフト」を入れてやって、悪い部位で膨らませて、血管の補助膜的な役目をする治療法のようですね。

もろくなった血管の内膜に、補助のパイプを入れて、補強する。
簡単に言えば、そういうことかと。

この治療法は、B型の方の8~9割の方に、現在適用されてるようです。

但し、この治療法は、A型の、丈夫のUの字に曲がった部位には、なかなか難しいようです。

2:人工血管置換術

この方法は、1の方法がとりえない方と、上記の書いたようにA型の患者の方にここなわれる、外科的な手術です。

ポリエステルなどの化学繊維製の人工血管は、耐久性も高いために、将来も安定して使えるんだとか。

心臓から出て上行大動脈に、適用されるようです。

然しこれって・・・皆さんこわいな~~
って思ったのは私だけではないですよね・・・多分。

どういった手術なんだろうって・・
これ思ったら、生活習慣病なんてならないように、日々健康に留意しましょうよ!

スポンサーリンク

大動脈剥離の検査と治療方法のまとめ

この章では、検査方法と治療方法について書いてきました。

大動脈剥離の検査方法は?

胸部X線撮影ですが、正面からのみでは写らないために、側方からの撮影もポイント。

然し胸部CT撮影なら確実。

なので最初から、このCT撮影の方がいいかと。
もし自分で、この辺も検査してほしい・・なら最初からこの方法で受けるべきかと。

万が一大動脈剥離という診断の場合の治療方法は?

1:血圧の降圧剤などでの経過観察
2:ステントグラフト内挿術
3:人工血管置換術

という選択肢のようです。
内容については、上記に書きました。

ところで、1の降圧剤など・・ですが、ハッキリ言って、自分がもし

「大動脈剥離」

の疑いあり…などと言われたら、前兆がほとんどないのですから、困った精神状態かと。

その時どうすんべ?

俺なら多分、速攻で大病院を紹介してもらう!
しかもことは重要な、先端の難易度の高い手術!(勝手な妄想かもしれませんが・・)

やはり症例をこなしている病院の方が、信頼性がおけますから。

あとは覚悟決めるな!

しゃあない!

って感じになりそうですが、皆さんはどう思いますか~~

こんな病気にはなりたくないです。
普段から、高血圧にならないように、適度な運動と、規則正しい食生活や睡眠に留意しましょう!

よくいる方ですが・・

「俺なんかいつ死んでも・・」

いえいえこういう方こそ怪しいんです。
いざ病気・・となったら、其れこそ大騒ぎして、周囲を巻き込んで・・と言うことにならないとも限りませんから、そういう方も、十分に気を付けましょう!

大動脈剥離の前兆や原因は?突然の症状を防ぐ治療ってあるのか!
何しろ、人生は一回のみ!
命も一個しかなですから!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る