働き方改革で残業代が減って困る中年社員の生活困窮の実態はどう?

松島嵯峨渓の写真画像

働き方改革法案での、目的の大きな一つは

「長時間労働の是正」

で、いわゆる残業時間の上限規制なんだと思います。
そのほかにも高プロ制度(高度プロフェッショナル制度)もありますが、通常の方が対象になる場面が大きいのが、この

「残業時間の上限規制」

なのではないでしょうか?

ところが・・・それを、好ましく思わない方たちもいるようで、世の中だな~~って、思った次第です。
残業時間が減ると、当然ですが残業代が減って、給料が減って・・いわば

「給料カット」

と同じ状況になった!

確かに、労災が認定されるほどの、過重労働が指摘される分野や、そういう方にとっては、これは救済の制度かともいます・・・が・・

スポンサーリンク

労災認定のような残業でない方も・・・そうでない残業の方もいるんだな~~
そういえば・・確かに、私の会社でもいます。

いるだけで、残業時間の手当がつく・・社内では給料泥棒・・っていわれてますが。

ではどんな形が、喜ばない方か?

働き方改革で残業代が減って困る中年社員の本音は?

こんなネットの記事見たのですが・・・

“残業代ボッタクリ”おじさんたちが「働き方改革」に苦言…俺らに死ねと言っているようなもん!

う~~ん

と考えてしまいました。
ぼったくりは、ちょっと表現的にどうかと思いますが、でもこの残業代を、当てにしている方たちも、当然いるわけです。

残業代をあてにするサラリーマンって?

では具体的に残業代が減って、困るサラリーマンの方はどんな方でしょうか?

私が思うにこんな方たちかと。

  • 1:残業代で家のローンに充てている
    2:残業代でマンションの費用
    3:残業代がそのまんま生活費
    4:残業代が小遣いのお父さん
    5:残業代が教育費(進学費用など・・)

要は、残業代という、残業手当をあてにして生活設計をしている、方たちにとっては、これはやはり

「由々しき大きな大問題!」

なのですね~~
理解します。

「残業ゼロ」

では生活できない・・結構いるのではないかと思います。

でもねえ~~思うに、残業というのは会社の仕事が、忙しい時にするものであって、通常に毎日するものではないかと思うのですが。

勿論、仕事があるのかないのか‥だらだらと居るだけで残業手当がつくという、そんな会社の方がおかしいような気がするのですが、いかがですか?

あらかじめ、残業手当を見込んだ住宅ローンや、生活設計の方がおかしいような気がするのですが、いかがですか?

でも‥教育費は、理解できるな~~

子供が大きくなって、大学進学・・となると、それはやはり理解できます・・お父さんの気持ち!

・・・・
今でも窓際族はあるようですが、しかし私の時代の窓際族は最強ですた!

窓際族の意味と行動を経験から紐解く!リストラから抜け出す方法は?

今の窓際の方はかわいそうな感じがします。

・・・・

残業がなくなって困る方たちの本音其の2!

それはもうこういう方たいですよね~~

フラリーマンの意味と家に真っすぐ帰宅しない理由はストレスの解消?

今話題の方たちです。
残業がなくなったうえに、しかも家にいられない中年サラリーマンの方たちです。

会社が、早く終わって退社しても、家にまっすぐ帰れない方たち。
でもこういう方は、まだいいかと。

なんで?

給与明細見れば、残業代が少ない・・またはゼロ!

どこで何してるの?

っていうくらいならまだ、深刻さは無いような気がします。
本当に深刻なら、家にまっすぐ帰らないで居酒屋や、フィットネスで時間つぶし輝余裕はないはず!

そもそも、残業時間が喫煙所でスマホでゲームとか???
ネットのまとめサイト見て・・これってお荷物じゃね??

第一線で働いてる方は、まだまだ残業ゼロなんて言えないかと。

そうでない方にとっては、えらくつらい事なのかもしれません。

そうでない方とは?

残業するな!

という命令でも、取引先やもしくは納期の問題で、家に仕事を持ち帰る人たちです。

婿殿の、東京の関連企業の方も、家に持ち帰っていると‥
この間出張から帰ったら、そうぼやいていたといってました。

だろうな~~~

とも思います。

これは、明らかなサービス残業ですね!

スポンサーリンク

私の働き方改革は残業ゼロ!

まとめは、私の経験談で‥ってこれは現在進行形です。

そもそも、私の場合は、残業は基本的にないのですが、仕事の被りで夜勤明けでそのまんま日勤をやる、要は24時間勤務や、その逆で日勤をやってそのまんま夜勤を行うパターンが多いんです。

これ疲れますよ~~

でも以前は、この24時間勤務。
そして、夜間の1時から朝6時までの仮眠時間は、待機状態ですが、労働時間にカウントせず。(勿論呼ばれれば対応します)

これは完全に労基法違反のアウト!

私はこれを十年やりました。
我々の働き方改革で、これを是正して今はこの仮眠時間をカットしても、依然と同じ労働時間です。

24時間勤務の時と比べて、50時間前後拘束時間が減った勘定です。

でも給料は同じですが・・・当然です。
以前の10年間の、仮眠時間の拘束時間の6時間/1日は、これは未払い賃金かと。

さんざん会社に言いましたが、そこまでは要求することはできなかったな~~

なんで??

だって、そんなことしたら会社潰れてしまって、そうなったら俺らのせいで、ほかの社員が路頭に迷ってしまいますから、とてもできそうにないです。

自分たちの働き方改革!!

これは、やっぱしそれぞれが、考えるべきことでもあるのかな~~
なんても思った次第です。

・・・
皆さん有給休暇って、撮れてますか?
私は何とかとってますよ~~

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

有給休暇を、無理くり取得する方法や、理由はは必要か?
労基法での、有給休暇の定義などを、まとめてみました。

此方は退職日に有利な、有給休暇の消化の時期について、書いてみました。

有給休暇消化で退職日はいつにする?一番有利な方法を考えてみる!

何れ私が、転職をして理解したことです。
ほんのちょっとのことで・・・ですよ~~
・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る