最悪な上司ってどんな行動をとる?部下が振り回されるパターン3選!

これは、ほぼ私の経験談です。

上司が嫌いで会社が合わない気がする・・職場の上下関係も最悪だとどうなる?

勿論仕事は最悪で、うまくいくものも・・ビジネスも進むものも進まない!

職場の雰囲気は最低になって、人間関係まで悪くなることも。

好きな上司と、自分には合わない上司では、こんないも違うのですが、今回は部下が振り回される上司の嫌いなパターンを、紹介します。

スポンサーリンク

私も昔は上司でした。(もちろん最初は部下です)

そして現実・・勿論今は部下です。

一度上司を経験すると、上司がよ~~~く見えてくるんですよね~~

おかしなものです。

z最悪の上司その1指示がしょっちゅう変わる気分屋!

例えば、今後上司は課長としましょう。

なんで課長?

それは・・私の経験上、まさか・・という人選があるのはここまでなんですよね~~

さすがに部長という上司になると、そういう方はそんなにはいません。(私はいなかった)

ただし課長までは、結構この最悪というような上司は、普通にいたな~~

って思いますね~

ではその

最悪の上司その1しょっ中指示を変える課長!

これ最悪だ~~

課長も人の子なら、そりゃあ考えが変わる場合もあろうというもの・・だが・・

あんましだ‥

「あ~~君・S君ね、今日あそこに行って、話しつけてきてくれ!向こうにはコンタクトを取ってるから。」

「はいわかりました課長・・案件はこれとこれですね」

「そうなんだ‥困ったことに、ライバルも手を挙げてるようだから慎重に。」

と言われて、A社に行って担当にあって、トントンに話まとまった!

ルンルンなのだが・・

帰ったらなぜか大目玉!

実はその金額では、大赤字でだから話がトントンまとまった‥

課長は逃げた・・

その時の気分で、行って来いと…だが実際まとまっては、いけない話なのでが、気分が変わった‥

しかも大赤字で、責任転嫁までされた!

やってらんね~~~

しかも会議では、その方向を示していたのに、直前になって支持をなかったことにしたり・・最悪だね!

最悪の上司その2本気なのか無責任なのか?

課長曰く・・

その課の会議で、部下を集めて

「俺的にはこのAの案件をやりたいのだが、上からのお達しでBをやることになった!」

「それで課長Bをやるには、どうしますか?」

「俺は知らん!」

「え?だって課長、部長から我が部署ではBを進めろと‥」

「だからお前らがやりゃあいいだろ!・俺はAだったんだ・・Bなんか知るか!」

こういう上司いませんか?

まあまあ・・とみんなでなだめて、Bを渋々進めることにしたのだが、Bの案件を進めるうちに問題が‥

「それでS君・・君はそれでどうしたんだ‥そこで」

「ぼくは・・・」

「俺は知らん、もともと俺は反対だったんだ‥お前が責任とれ!」

「え??俺責任って・・俺平だし‥」

こういう上司いませんか~~
昔よくいたな~~こういう方!

うんで・・会議の席上、この案件はSがやってるので、Sから説明させます。

ってもうすでに失敗してるし~~俺かよ!!みたいな・・

最悪だ~~

最悪の上司その3課長自身がその課をぶっ壊す上司!

いつもぼやいてるのが、他部署の悪口と、会社のネガティブな噂話。

仕事をチームとしてまとめようとするが、できないことばかりを口にする上司。

以前実際に私がつかえた方ですが、こういう方がいました。

「あいつにできないことを言わせたら、右に出るやつはいない!」

そういわれてる課長でしたね~

私はぶっ飛ばしてやりましたが、いえいえ‥力づくではありませんよ‥

論戦でです。

しかしその課長は、できないことをタックさん並べるのですが、本当にできないのかといえば、しっかりとやってくるんです。

しかし、部下はたまったものではないのですよ~~

できないことばかり言いますから、本当にできないんだと思うわけです。

が、しかし実際はできてきますから

「お前何やってるんだ?」

とくるわけですね~~

だから、だ~~れ~~も相手にしないのですが、なんであの人課長なってるの?

あほくさや~~めた~~ですよ。

んでいっぱいやめていきましたが、しかし課長は変わりませんでしたね。

でもある時、部署異動で部下のいない課長になりました。(資格の課長)

会議にたまに呼ばれるのですが、やはりわかってなくて、できない理由ばかりを並べていました。

「あ~~もうあいつ呼ぶな!」

そういわれてましたが、本人は気づいているのかいないのか‥どうなんでしょ?

私はその後転職したので、あとは知りません。

スポンサーリンク

最悪の上司はどんな上司のまとめ

ほんの3例です。
私が実際に感じた、これまでの課長の方です。

私は当時平から、係長。

何せ圧倒的なスピードで、出世街道まっしぐら???

なんてね・・だったらよかったね~~

実際は責任ばっか多くって、この宮城県の山奥のへき地から、会社に1時間弱も信号のない、農道ぶっ飛ばして、通勤してました。

サラリーマン始めたら、速攻で出張で毎週(毎月)のように東京の本社に行ってました。

毎月は最低の回数です。

毎週は最高でしたね。

上司の課長は絶対に行きません。

課長が行くのは、飲みに行く時だけです。

会議にはいきません。

なんで?

実は・・

本社の上司が、ほとんど昔の部下だからです。

会議の席上で、責任論はわが社の課長で、お裁きは元の部下なんだな~~

行くわけないね。

そこで私の出番なんだな~~

まあ・・いいように、こき使われてたわけです。

でも自分としては、この時の自分の働きがあって、今があるんだと思っています。

責任は俺にある??お~~上等じゃあねえか~~

みんなぶっ飛ばしてやる・・!!

気持ちはそうだったね~~

なので、上記のような最悪の上司って、書きましたが本音は、ダメな上司は論戦で破砕しろ!

そういいたいですね。

あの課長は‥・・これではなく、課長の言うことは、だからまずいので、私らはそうは思ってないから善処していただきたい!

こういう気持ちであってほしいね~~

皆さんいかがですか~~

上司を飛び越えて、部長から評価されるには、課長は乗り越える存在だと私は思ってましたから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る