一期一会の意味と由来と例文での使い方は?出会いを大切にする言葉!

中尊寺の苔の灯篭の写真

一期一会という言葉は、とてもいい言葉でこれを座右の銘にしていると言う信奉者の方もいるとか!

この言葉は、茶道の考え方で、日本が発祥の言葉のようですね。

一期一会を大切にしている方は、そのあらゆる出会いに感謝しているんだと思います。

言葉の意味を、簡単に説明できないかもしれませんが、由来と例文も考えてみます。

私は、一期一会という言葉は、以前映画で知りました。
とてもいい映画で、仕事(ビジネス)と男女の出会いをテーマにして、トムハンクス演じるフォレスト・ガンプが成功していく様子と、その一期一会の出会いの大切さを、ラストで感じさせる内容でした。

ビジネスでも恋愛でも、出会いはチャンスである場合もあります。

スポンサーリンク

出会いがあっても、その一期一会のような大切さを胸に刻んでない方は、もしかしたらそのチャンスや、大切さに気が付かない方もいるかもしれません。

映画では、トムハンクスが出会った事柄のすべてを、モノにして成功させていく様子が描かれています。

ただ一つ・・ジェニーに関する以外は!
私はそう思いました。

一期一会の意味と由来はどこから来てる?

「一期一会」(いちごいちえ)

は日本のことわざです。

「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬ヒ畏(かしこまる)ベシ」
(wikioediaより引用)

と、利休の弟子である山上宗二が著書「山上宗二記」で、千利休の言葉であると、書いています。

ようやくすると・・・

「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」
(wikioediaより引用)

反対に戒めとして

「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」
(wikioediaより引用)

と、こういう解釈です。
この場合の

一期:仏教でいう一生のこと
(生まれて没するまで)

を言います。

一会:出会い

のことを言います。
尚、この場合の出会いは、男女の出会いだけでなく、ビジネスであろうが、趣味の世界であろうが、その方の価値感に合う何かなんだと思います。

一期一会の由来は?

一期一会の由来は、千利休の言葉であると、弟子の山上宗二の著書『山上宗二記』の中の、「茶湯者覚悟十躰」の中で、はっきりと書いてあるそうです。

なので、これは利休の言葉ですね。
利休は著書がない方。

言葉と、その所作で弟子に茶の湯の極意を、伝えたんだと思います。

惜しいですね~~著書がないとは・・能の大家の世阿弥は「花伝書」という形で、能の極意を期しているのとは、新逆のような気もします。

しかしながら、現代に利休の教えは伝わっていますから、これもまた立派というか、日本の文化なんだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・
こう言う贈り物は最高の品のような気がします。

関連記事

よく言う修羅場はどういう場面なのかを、連想させるに十分な阿修羅の由来です。

詳しくはこちらです。

阿修羅の意味と由来は?使い方や例文や歴史的背景も調べてみた!

座右の銘を持ってる方もいらっしゃると思います。

詳しくはこちらです。

座右の銘の偉人や有名人の例から見る人生!お勧めの言葉を考える!

ではどういう座右の銘がいいのか??
偉人の例です。
・・・・・・・・・・

一期一会の使い方の例文は?

もともとは茶道の、教えの4字熟語です。
利休の言うには、今の出会いは今しかない。
なので、もてなしは最善を尽くし、この一瞬を大事にする・・こんな要約の内容です。

例文としては、ですから下記の様に思いますが、いかがでしょうか?

  • ・私の座右の銘は、一期一会、いつも何事の出会いも真剣に、大切にする気持ちが大事だ。
    ・今日のせっかくの機会に一期一会を感じる。
    ・人生のチャンスは一期一会を大事にしてこそ得られる。
    ・一期一会を大切にして、この仕事の人脈を生かしていきたい。

などなど・・間違ってる???
大目に見てください!

一期一会とフォレストガンプのまとめ

映画「フォレストガンプ」日本タイトル「一期一会」は、まさにこの出会いを物語にしたストーリーです。

主人公のフォレスト・ガンプを演じるのは「トムハンクス」
フォレストのサクセスストーリーなのですが、その人生の中で、いろんな出会いをすべてものにしていく様子が描かれています。

軍隊生活や、卓球での成功での会社の設立で大成功を収める。
その人との、出会いやビジネスでの出会いを、演じていくのですが、どうにもならない女性ジェニーとの出会い。

この出会いは何だ?

そこを絡めて、なんとも哀愁感の漂うラストシーンです。

人生(一期)は、いろんな出会いがあります。
私も考えてみれば、いろんな方の世話になってきましたし、これからもそういう機会は、たくさんあるんだと思います。

仕事であれ、ネットやPCとの出会いのような、そんな出会いもありましたし、仕事上の出会いもたくさんありました。

どこが人生のターニングポイントだったか?

それを振り返って、学習するのはすごく大事なことだと思います。

ただ、漠然と・・これは失敗だったな!
では、何が失敗だった??

話に乗ったのは自分だった・・とか‥そういうのはないですか?

取り捨ても大事なのかもしれません。
皆さんはどう思いますか~~~

・・・・・・・・・・・
関連記事

早起きは三文の得って、その三文の由来は?

詳しくはこちらです。

早起きは三文の徳の続きに得がある!由来や本当の意味と例文は?

木を見て森を見ずって、よく言いますが意味は?

詳しくはこちらです。

木を見て森を見ずの意味や由来や使い方は?仕事での例文を紹介!

大局を見ず小事に重心を置くというような、そんな意味かと思いますが、でもそういう方って多いな~~って思います。

もちろん自分も!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る