低所得者支援制度の生活支援や子育て支援制度の仕組みや受給資格は?

エビネランの自然群生の庭の状況写真

低所得者世帯や、低所得者という方の年収に合わせて、お国ではそれぞれの方に合わせて、支援金の制度を設けています

生活のケースに合わせて、生活支援金や子育て支援や支援給付金の形で、医療費補助なども行っています。

その内容について、紹介しようと思います。

ただし、その場合は世帯や個人で、低所得者という基準に合致していないといけません。
あまり、こういう基準に、自分が合致しているとは、思いたくない方が多分だと思いますが、世の中甘くありません。

やむを得ず、そうなってる方に関しては、お国の法律での「最低限の生活を得ることの権利」というのかな・・・多分。

其れで保障されてる、支援金が用意されています。

スポンサーリンク

お国の基準の支援金額はあるのですが、どうやらその住んでる市町村によって、その支援金額は違うようです。

基本、そんなに金額の大小は、無いようですが参考にしておいてください。

概ねこんな程度ということです。
尚、詳しい具体的な金額や、個人が該当するかは住んでる、市町村や区役所に問い合わせてくださいね~~~

低所得者世帯や個人の支援制度にはどんなものがある?

では、お国が定めている、主な低所得者に対する支援制度は、概ね下記のようです。

低所得者に対する公的な支援制度の種類は?

下記のようです。

1:無料低額診療事業

申込先:対応している病院

本内容は、無料或いは、低額で病院での診療を可能にする制度です。

2:住宅確保支援金

申込先:福祉事務所や市町村窓口

内容:働きたいけど、失業した離職者の方に、住居の家賃を補助する制度

3:生活自立支援センター

申込先:社会福祉協議会

内容:低所得者に一時金を貸す制度

4:児童扶養手当

申込先:市区町村の窓口

内容:母子家庭や父子家庭に向けた生活支援制度

5:生活保護

申込先:福祉事務所

内容:文字通り最低限度の生活を営むためのお金を給付する制度

と、こんな感じでの、大きくは5つの支援制度があります。

*そのほかにも、市区町村で独自の支援制度を設けてる、そんな自治体もあるようです。
・・・・・・・・・
関連記事

低所得者の年収やその基準や、支援は?
本ブログ内の記事を、まとめてみました。

低所得者とは年収いくらで支援制度は?住民税減免の年収基準等紹介!

副業が市民権を得た、記念すべき年が今年だったように思います。

会社にバレない副業のおすすめや稼いでる金額を調査した内容まとめ!

一口に副業といっても、種類は様々!
・・・・・

低所得者支援制度を受けられる方の年収や資格は?

一般的に言われるのは年収の平均が

「300万円以下」

の世帯を、低所得者世帯といいますし、単身でも300万円以下は、低所得者という、そんな定義のようです。

で‥当然ですが、私もそのゾーンに入っています。

ただし、労働人口のやく4割近くが、この年収ゾーンに入るといわれていますから、そうだとしたら4割の方が、支援を受けられる?

まさか・・ですよね!!

それとは別に、ワーキングプアという段階もあります。
これは年収が200万円以下という定義のようですが、これは低所得者という概念では、無いようです。
こちらは、約1000万人以上いるといわれています。

数年前に、1000万人突破!
そういうニュースを見ました。

それはそれで・・・

この低所得者支援制度を受けられる方の条件は、基本

「住民税が非課税の方、または世帯」

ということのようです。

具体的には年収が

  • 1:単身:100万円以下
    2:夫婦:135万円以下
    3:夫婦と子供:168万円以下(子供の人数で変化します)

とこんなようです。
詳しくはこちらで紹介しました。

低所得者の住民税が非課税の年収はいくら?計算方法と世帯を調べた!

計算式が複雑で、何が何だか・・わけわからんけど、決まりはそういうことのようです。

扶養家族や、お子さんの人数で変動する、複雑な計算式です。
上記の金額で、明快なのは1番が明快です。

単身での一人なので。

そういう方は、いろんな支援が受けられます。

が・・・この支援は、向こうからはやってきません!!!

ここが大事なところです。

お国が‥

「あなたを支援しますがいかがですか・・〇〇に該当するので、支援いたします」

とは絶対に行ってきません。

これは個人で申請しないといけないのです。

そして、該当するかしないかは、基本住民税が非課税かどうかを、先にチェックすることになるかと思います。

まずは、上記の窓口に行ってみてください。

スポンサーリンク

低所得者支援制度の種類のまとめ

まとめると、低所得者支援の種類については下記です。

  • 1:無料低額診療事業
    2:住宅確保支援金
    3:生活自立支援センター
    4:児童扶養手当
    5:生活保護

の5種類のようです。

受付先は、上記に書きましたので、参考にしてください。
なお、上記の支援制度の個別の内容は、また後日書いてみます。

一度では、長くなりすぎるので、個別の案件で書いてみます。

上記の支援制度を、受けるには「住民税の非課税」になってる条件があるようです。

自分はどうだろうか?

そう思われる方は、一度相談なさってみてください。

それと、シングルマザーの母子家庭の方や、父子家庭の方は、この支援はぜひ活用なさったほうが、いいと思います。

これは強くお勧めします。
大変さを、少しでも緩和することを、おすすめします。

あるものは、ぜひ活用してください!!
・・・・・・・・・
関連記事

有休休暇は皆さんとれてますか?
なかなか取れない方もいるようですね。
でも、取得する方法があるんですよ~~~
休めばいいんです!!!

え??そんな単純ではない??
んなんだよな~~

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

会社を辞めるのに、退職届を出したにもかかわらず、辞めせてくれない!

仕事を辞める理由に脅迫や洗脳で辞めさせない会社の手口を紹介!

あの手この手でパワハラめいた、さらには脅迫や脅しも‥
人手不足時代の、社会現象なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る