関心の意味と感心や興味との違いは?使い方や例文を考えてみた!

栗駒山の風景写真

関心が高まるや、関心を持つなどこの

「関心」(かんしん)

の持つ意味は広そうです。
さらに、同義語か類語のような気もするのですが、感心や興味との意味の使い分けについても、考えてみようと思います。

「関心」の使い方について、考えてみたのですが、私たちが日常普通に使っている言葉です。

例えば

  • 関心を抱く
    関心を持つ
    関心する
    関心が高まる
    関心がある

などなどという言葉が、考えられます。

多分、人間が毎日の日常で接するとことにたいして、多少でも気づきや、興味らしきものを持った場合は、この言葉を発するかもしれません。

使い方の例文を、自分なりに考えてみます。
しかし・・・一つの言葉でも、こんなに枝に分かれていくんですね~~

スポンサーリンク

言葉とは面白いものだな~~
って思います。

「関心」

だけでも、実に多彩な言葉が用意されていますから。

感心と関心と興味の違いはどこにある?

さて?

どれも似たような言葉に見えます。

が‥やっぱし違うようです。

感心の意味を考えてみた!

こちらの意味は下記のようです。

「優れた行動に心を動かされること」

を意味するときに使用するとのこと。
同僚の仕事ぶりを見て・・

「A君よく働いて感心するな~~まじめだし!」

ということでいいのかな~~と思います。

関心の意味は興味と同じ?

ではこちらが本題です。

例えば「パソコンに関心がある」

これは例えば

「パソコンに興味がある」

と置き換えることができそうです。

この関心や興味を意味としてとらえると‥

「ある物事に心を引かれ注意を向けること」

ということになるようです。

冒頭で紹介した‥関心を抱く、関心を持つ、といったような意味に使われる言葉が

「関心」

ということのようですね。

それと同義語で、興味ということがあって、いわゆる好奇心を持つことが、興味・・

興味を持つや、興味を覚えるという風な言葉に、使われるようです。

ではこの使い分けはどうする?

さて、これが問題のような気がしますが、皆さんならどう使い分けますか?

これが正しいのどうかは、いまいちですが、私は正しいと思うので、次に紹介します。
・・・・・・・・・・・・
関連記事
皆さん有給休暇ってとれてますか?
有給休暇は労働者の権利です。
捨てるなんてことはやめましょう!

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

副業元年といわれる、今年の2018年。
皆さんは何かやられてますか?

副業でおすすめのバレない在宅バイトは?簡単ではない働き方改革!

副業で、いくらかでもお小遣いを稼げれば、とてもうれしいですね。
・・・・・・・・

興味と関心はどう使い分ける?

このくくりが正しいかどうかは別にして、私が思うには下記のように思います。

  • 1:興味:物とか物体とか、有形のもの。
    2:関心:どちらかという無形のものに対して使用する。

これ合ってるかな?
どっちでもよさそうなものといえば、そうなるのでしょうが、イメージとして使い分けるならこうなるのでは?

そう思うのですが・・・さて?

皆さんはどう思いますか?

例えば、相手が人間だった場合ですが・・・

「あの人は面白い人だな‥ちょっと興味を感じる!」

これいいのかな?

「あの人は面白い人だな‥ちょっと関心を持った!」

なんか、訳わかめになってきた・・・日本語って難しいな~~

スポンサーリンク

関心と感心と興味の違いのまとめ

上記で紹介しましたが

  • 感心=その行動に心を動かされることを表現する場合に使う
  • 関心=興味=ある物事に注意をひかれて注意を向けることを言います。

この二つの、興味と関心の使い分けが、どうやら個人の価値観によって、その場面で違うべな~~っては思います。

皆さんはどう使いますか?

同じ意味合いにおいても、異なる表現があって、なかなか日本語は難しいなあ~~って思います。

結局、こういう言葉って、意味を同じく表現するなら、その場面場面で自分が思ったような表現・・これが大事なような気がします。

特に、この場合の関心と興味はそうかと。
言葉の意味での違和感を、考えてみました。
私の例で、ちょっと紹介させていただきました。
・・・・・
関連記事

違和感を感じると覚えるの意味の違いは?私の喉の場合で感じたこと!

ダメな上司が、部下に操られたら、その上司の方は部下の方から見れば、いい上司かと。

ダメな上司を操る優秀な部下は出世する?企業戦士の悲哀を感じる!

そう言った典型例を、考えてみました。
確かにこういう方いたな~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る