ツアーチャンピオンシップ2019優勝賞金はいくら?賞金総額に注目!

いよいよ2018-2019シーズンの最終戦の「ツアーチャンピオンシップ2019」が、開催コースのイーストレイクゴルフクラブで開催されます。

賞金総額や優勝賞金、開催コースの歴史や設計者を紹介しようと思います。
松山英樹もポイントランキング15位で、最終戦出場が決定しました。

注目のタイガーウッズは、ポイントランキング42位で、今季は最終戦に進むことができませんでした。
今シーズンの、上位30人のポイントランキングでの、文字通り頂上決戦ですね!!

今期からは、最初からスコアのハンディキャップ戦になります。
ポイントランキング1位の選手が断然有利です。

これも紹介します。

そして、優勝者には素晴らしいビッグボーナスが‥この金額は驚くような数字の金額です。
文字通りの、ツアーチャンピオン(ツアー選手権)ですから、今シーズンの年間チャンピオンの決定戦かと。

スポンサーリンク

 

ツアー選手権2019の賞金総額や開催概要は?


(出典元:https://eastlakeagronomy.blogspot.com/より引用)

ツアーチャンピオンシップ2019の、優勝賞金や賞金総額、開催日程などの概要を紹介します。
舞台は「イーストレイク」です。

以前は、各コースでの持ち回りでしたが、2004年以降は「イーストレイクゴルフクラブ」で固定されています。

ザ・ツアーチャンピオンシップ2019の賞金総額や開催概要は?

下記です。

  • 大会正式名称:ザ・ツアーチャンピオンシップ(TOUR Championship)
    主催:PGA
    開催日程:2019年8月22日~8月25日
    賞金総額:6,000万ドル
    優勝賞金:1,500万ドル
    2位賞金:500万ドル
    3位賞金:400万ドル
    30位賞金:39万5,000ドル
    開催コース:イーストレイクゴルフクラブ(ジョージア州)
    ヤーデージ:7,154ヤード パー70

*ヤーデージは当日の設定で変更の可能性があります。

金額・・いかがですか?
総額が6000万ドルですよ~~
凄いね!!!

優勝は1500万ドル!!
2位でも500万ドル!

ひょえ~~~ですね!!

昨年の優勝は「タイガーウッズ』で11アンダー。
しかしポイントランキングでは、首位に届かず「ジャスティンリード」が、年間王者に。

ボーナスの1000万ドルも手にして、最高の年だったですね~~
今年から、本間のクラブの契約で話題でした。

今年は、ジャスティントーマスが、最終戦のポイントランキング1位でのスタート。
断然有利です。

松山英樹プロは15位で、ハンデがありますが、最終戦に残ると素晴らしい来年が待ってますよ~~

2019年ツアーチャンピオンシップのポイントハンデの内容は?

今年から、最終戦はポイントランキングでのハンデ戦になりました。

なんで?

昨年のようなことが結構あるからかと思います(個人的な感想です)
要は、最終戦の優勝者が、年間チャンピオンにならない!

その矛盾を払うための処置かと思います。

 

ポイントランキングのハンデの数字内容は?

 

以下のようです。
選手の具体例で、今年はこのようです。

  • 1:-10:J.トーマス
    2:-8:P.カントレー
    3:-7:B.ケプカ
    4:-6:P.リード
    5:-5:R.マキロイ
    6:-4:J.ラーム
    7:-4:M.クーチャー
    8:-4:X.シャウフェレ
    9:-4:W.シンプソン
    10:-4A.アンセル
    11:-3:G.ウッドランド
    12:-3:T.フィナウ
    13:-3:A.スコット
    14:-3:D.ジョンソン
    15:-3:松山英樹
    16:-2:P.ケーシー
    17:-2:J.ローズ
    18:-2:B.スネデカー
    19:-2:R.ファウラー
    20:-2:K.キズナー
    21:-1:M.レイシュマン
    22:-1:T.フリートウッド
    23:-1:C.コナーズ
    24:-1:任成宰
    25:-1:C.リービー
    26:0:B.デシャンボー
    27:0:L.ウーストハイゼン
    28:0:C.ハウエルIII
    29:0:L.グローバー
    30:0:J.コクラック

とこんな内容のハンデです。
1位のジャスティントーマスは、スタートが

「10アンダー」

からのスタートで15位の松山英樹は

「3アンダー」

からのスタートです。
したがって、最初から7打差があるわけです。

いずれルール上は、今年からこうなったようです。

なので、断然1位の方は有利!!
・・・・
関連記事
タイガーウッズの数々のデーターをまとめてみました。

タイガーウッズの復帰と復活を生涯データーから見ると凄さが愕然!

数字のけた外れな生涯データーには、驚くばかりですね!
・・・・・

開催コースのイーストレイクゴルフクラブの設計者や歴史は?


(出典元:https://eastlakeagronomy.blogspot.jp/より引用)

コースの所在地はジョージア州アトランタの、ダウンタウンから5マイルほどの郊外にあります。(行ったことはないですが・・・)

まとめてみます。

  • 開場:1904年
    当時のコース設計は:トム・ベンデロウ
    1913年:コースを全面改修
    その時のコース設計は:名匠ドナルド・ロス
    1994年:コースを当時のドナルドロス設計のコースに復元
    その時の監修は:リースジョーンズ

1968年に、265人のメンバーで「East Lake Country Club」を起こしたと書かれているので巣が、その時のコースの改修を行ったのかもしれません。

いずれ、その時点から当初1913年の、名匠ドナルドロス氏のコースは、形が崩れていったと理解しました。

そこで、1994年に復元しよう!
そういう話だと思います。

詳しくは私の関連記事で、こちらで紹介しました。

イーストレイクGCの場所と設計者は誰?ツアーチャンピオンに注目!

ここは、球聖ボビージョーンズのホームコースでもあった場所です。
そのボビージョーンズが当時の、メジャーといわれる4大会に年間ですべて勝って、グランドスラムを達成しました。

その時のトロフィーも飾ってあります。
その写真も上記の記事内で紹介しました。

なお、グランドスラムという言葉は、その時にできたといわれています。
当時のグランドスラムは、今のマスターズと全米プロ選手権がありません。

  • 1:全英オープン
    2:全米オープン
    3:全英アマ選手権
    3:全米アマ選手権

この4つのタイトルを、年間ですべて勝ったわけです。
すごいですね~~

1930年のことです。


(出典元:https://eastlakeagronomy.blogspot.jp/より引用)

・・・・・・
関連記事
ボビージョーンズのホームコースのイーストレイクゴルフクラブ。
ボビージョーンズといえばグランドスラムですね~~

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!

PGAツアーでの勝利数ランキングの紹介です。

PGAゴルフ勝利数ランキングで一位は誰?タイガーと二クラウスの差!

タイガーウッズはもしかしたら、いずれ塗り替えるかもしれません。
その可能性が高いように思いますが・・・さて???
・・・・・

ツアーチャンピオンシリーズ30人に入る意味は?

かなり重要です。
この最終戦の30人に入ると、さまざまなプロにとって来季などに、有利な権利が発生します。

大きいところでは下記です。(勝手にまとめてみました)

  • 1:マスターズ、全米オープン、全英オープンの来季の出場権
    2:WGC-メキシコチャンピオンシップの出場権
    3:優勝者には3年シード権
    4:さらに年間王者は5年シード権
    5:年間王者には1,500万ドルのビッグなボーナス
    4:本大会は予選カットがなく30位まで賞金が割り振られる設定
    5:最下位でも39万5,000ドルの賞金(タイの場合変動)

あんりゃ~~~30位でも、日本円で4000万円以上だあ~~~~
すごいね!!

とこんな特典(権利)が満載です。

ツアーチャンピオンシップに6年連続の出場は何人だ?

今年2018年のツアー選手権に出場の30人のうちで、6年連続出場は下記の3名のみ!

  • 1:ダスティン・ジョンソン
    2:パトリック・リード
    3:松山英樹

なので、これがどれほど安定したゴルフをやってる、新の実力者か?
その証明のように感じます。

ということは、この3人はこれまでメジャー大会の選別には、全く関係なく自動的に何年も、出場権を得てきたわけです。

とても素晴らしいことですね。

皆さんはいかが思いますか~~
・・・・
関連記事
私の接待ゴルフの経験を、記事にしてみました。
いい経験でした。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

残念ながら最終戦にタイガーウッズは出場しませんが、東風は大いに沸かせてくれました。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

獲得賞金額などは、1昨年時点までです。
まさにゴルフ界では、稼ぎの面ではとんでもなく飛びぬけています!
・・・・

スポンサーリンク

ツアーチャンピオンシップ2018の賞金やコースのまとめ

2018-2019年のツアー最終戦の、プレーオフシリーズのさらに最終戦の

「ツアーチャンピオンシップ」

の賞金金額や優勝賞金、開催コースなどについて紹介してきました。
開催コースの「イーストレイクゴルフクラブは、あのボビージョーンズのホームコース。


(出典元:https://eastlakeagronomy.blogspot.jp/より引用)

1913年に名匠ドナルドロス氏の、設計監修したコースを再現した、名門コースです。

ツアーチャンピオンシップ2019の見所は?

やはり、この上位5人の争いかと思います。
6位以下の方の優勝も考えられますが、その場合は、この5人がまさかの大コケの場合は、あるかもしれないですが、あんまし確率的に考えられないような気がします。

その5人は?

  • 1:-10:J.トーマス
    2:-8:P.カントレー
    3:-7:B.ケプカ
    4:-6:P.リード
    5:-5:R.マキロイ

この順番です。

いずれ、どんなに波乱があっても、上位5人は完全に有利に感じます。

今年、おととしの年間チャンピオンの「ジャスティントーマス」プロがまた、帰り咲くか?

この辺が注目のポイントのような気がします。

いずれ・・ツアーチャンピオンシップ・・楽しんでいきましょう

・・・・・・・
関連記事

一躍有名になってしまいました。

渋野日向子使用サングラスのメーカーと価格と購入先は?松山と同じ?

でも、もちろん実力のなせる業!
素晴らしいです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る