リコーカップの優勝賞金と出場資格は?宮崎CCコース歴史も紹介!

ツアーチャンピオンシップリコーカップ2018の、賞金総額や優勝賞金、ツアー最終戦にふさわしい出場資格や、開催コースの宮崎カントリークラブの、歴史やコースの設計者などを紹介しようと思います。

「2018LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」
が、舞台を宮崎の宮崎CCに移して、11月22日から開催されます。
本大会は、LPGAの今期2018年の最終戦で、文字通りこの試合で今期のLPGA公式戦は、終了になります。

最終戦にふさわしく、出場資格は厳しく、まさしく今期のツアーチャンピオンを決める、そんな試合という位置づけです。

予選落ちがない、4日間の熱き戦いです。
そして、国内メジャーの最終戦という、舞台は万全ですね。

スポンサーリンク

見どころは、やはり先週優勝の勝みなみプロや、でふぇんディングチャンピオンのテレサ・ループロなど、注目プロが続々集結。

こういう大会こそ、ギャラリーでツアー観戦に行ってみたいな~~と、個人的には思います。

LPGAツアーチャンピオンシップ賞金額や開催概要は?


(出典元:https://www.miyazakicc.jp/より引用)

昨年の優勝は「テレサ・ルー」プロでした。
歴代の優勝者を見ると、同じテレサループロは、2度優勝しています。

ツアーチャンピオンシップリコーカップの賞金額と開催概要は?

下記のようです。

  • 大会正式名称:(2018)LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
    大会主催:LPGA
    協賛:株式会社リコー
    大会日程:2018年11月22日~11月24日(4日間大会)
    賞金総額:1億円
    優勝賞金:2500万円
    開催コース:宮崎カントリークラブ
    ヤーデージ:6471ヤード パー72

*ヤーデージは当日の設定で多少前後するかもしれません。

昨年の優勝スコアは15アンダーでした。
4日間大会でのスコアとしては、いい感じだと私個人的には思います。

難易度やセッティングとしては、そこそこかと・・今年はどういうセッティングでしょうか?
楽しみです。

ラフが長く、入ると狙えない!!

そういうコメントのプロもいたようですが、なんといってもメジャー大会ですから、TOTOジャパンのような、海外と比してもそん色ないセッティングを、ファンとしては望みます。

賞金シードは、50位以内で先週の「大王製紙エリエールオープン」で、決着してるので、本大会は文字通りの、今年のツアーチャンピオンの決定戦かと。

次に紹介する、出場資格からもその意味がうかがえると思います。

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ出場資格は?


(出典元:https://shotnavi.jp/gcguide/gcinfo_381.htmより引用)

本大会の出場権は、よくあるスポンサー推薦などというのはありません。
下記のようです。

  • 1:2018年LPGAツアー優勝者
    2:賞金ランキング25位以内
    3:当該年度9月19日時点のロレックスランキング上位25位までのTPD登録者
    4:当該年度USLPGAツアー優勝のTPD登録者及びTPD事業部が特に認めた者

となっているようです。
3と4は、一応そうなってるようですが、該当の出場の方っているのかな??
さて??

賞金ランキングで25人は確定なのですが、今年2018年の優勝者の資格でいうと、25位以下のプロでの出場は下記のプロです。

  • 26位:有村智恵:サマンサタバタレディース
    33位:大江香織:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子
    42位:大山志保:ヨネックスレディース
    48位:香妻琴乃:マンシングウェアレディース
    49位:大里桃子:CATレディース

の5人です。
合わせて29人のフィールドになります。(実際はもっと多いのですが出場は29人です)

と・・忘れてるのは、TOYOジャパン優勝の

「畑岡奈沙」

プロですが、欠場です。

2018年のツアー優勝者は

「34人」

です。
そのうち欠場は下記のプロ。

  • ・イ・ミニョン:ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
    ・クリスティン・ギルマン:センチュリー21レディスゴルフトーナメント
    ・ユ ソヨン:日本女子オープンゴルフ選手権
    ・畑岡 奈紗:TOTOジャパンクラシック

の4人が欠場で、29人が出場です。
さすがに、日本のツアーが主戦場のプロの方の、欠場はないですね。

優勝するとどうなる?

優勝者には下記のような特典があるようです。

  • 1:3年間のLPGAシード権
    2:全英リコー女子オープンの出場権

この中で、2の全英女子オープンですが、2019年からリコーが、どうやら冠スポンサーを外れるようです。
そこでどうなるかは、ちょっと不透明なことがあるので、昨年までの参考ということで、理解してください。

この件の、正式アナウンスが、ちょっと見当たらないので。
・・・・・・・・

ゴルフ場予約は楽天がお得です。
私もここで予約しています。

関連記事

私の接待ゴルフの経験を記事にしてみました。
もしかしたら、参考になる方もいらっしゃるかもしれません。

詳しくはこちらです。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

畑岡奈紗プロの、今年2018年の成績を追いかけてきました。
素晴らしい成績を収めましたね。

詳しくはこちらです。

畑岡奈紗2018ツアー成績速報とニュース!獲得賞金総額の累積情報!

今季は二勝と、とても素晴らしく、世界ランキングも一桁で素晴らしい成績でした。
来年は、どうせならランキング1位と行きたいですね~~
・・・・・・・・・・

宮崎カントリークラブの設計者や歴史は?


(出典元:https://reserve.golfdigest.co.jp/golf-course/より引用)

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」

の開催は、このコースで2003年より連続開催中です。

宮崎カントリークラブの歴史や設計者の詳細情報は?

  • 所在地:880‐8558 宮崎県宮崎市大字田吉4855-90
    電話:0985-56-4114
    開場日:1960年6月27日
    コース設計:三好徳行
    コース種別:シーサイド
    グリーン:高麗
    コースレーティング:71.6(男子)
    77.9(女子)

とこんなようです。
コースの開場が、1960年とあります。
結構古いコースです。
設計は

「三好徳行」氏

です。

三好徳行氏のプロフィールと設計コースは?

三好徳行氏はこのような方です。

  • 生誕:1911年(明治4年)没年:1985年
    出身地:福岡県北九州市
    昭和28年~30年日本アマ3連覇
    ブリジストンのボール担当部長歴任
    コース設の特徴:正確なショットを要求するコース設計
    ガードバンカーとグリーンの傾斜の組み合わせが絶妙!・・などなど・・

コースの設計は北海道が一番多く4コース。
日本全国では、24コースあるようです。

コースレートが一番高いコースは山梨県の

「富士桜カントリー倶楽部」

75.6です。
これすごいね!!

スポンサーリンク

ツアーチャンピオンシップリコーカップのまとめ


(出典元:https://www.jalan.net/kankou/spt_45201ca3440055987より引用)

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」

の賞金総額は1億円です。
優勝賞金は2500万円。
日本のツアー競技なので、当然ですが、円表記。

優勝者には、シードが3年与えられます。
開催コースの「宮崎カントリークラブ」の設計者は

「三好徳行」氏

で、開場は1960年と、結構古いコースです。
尤も三好氏は、明治の生まれですから、コースの設計を手掛けた時期が、その辺の時期だったんだと思います。

この大会は文字通り、今年のツアーのチャンピオンを決める、年に4大会ある、最終のメジャー選手権。

ツアーチャンピオンシップの見所は?

出場選手は、30人という内容でしたが、どうやら始まってみると、29人のようです。
ズバリ見どころでの注目ですが、今回は記録。

1:鈴木愛:年間ストローク最少記録:現在:70.1393
記録保持者:イボミ:70.0922

ちょっと難しそうに見えますが・・どうでしょうか??

2:申ジエ:年間メジャー3勝期待
・ワールドレディス サロンパスカップ
・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯

と現在2勝。
これも勝てば、年間でメジャー3勝の偉業達成

3:勝みなみプロ

先週の勢いをそのまま維持できる?

とこんなところで、見ていこうかと思います。

では皆さん、今週も観戦にプレーに、ゴルフを楽しみましょう!!

・・・・・・・・・・・
関連記事

畑岡奈紗プロの、クラブセッティングです。
2018年のセッティングですが、参考までに。

詳しくはこちらです。

畑岡奈紗クラブセッティング2018とドライバー飛距離とパターランク!

タイガーウッズは、今年見事に最終戦のツアーチャンピオンシップで復活しました。

障害データーは素晴らしいものがあります。

タイガーウッズの復帰と復活を生涯データーから見ると凄さが愕然!

まさに不世出の天才といえると思います。
見たことがない数字がずら~~~っと並びます!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る