スコティッシュオープン2018の優勝賞金と総額は?コース歴史も紹介!

毛越寺の初夏の大泉が池の風景写真

スコットランドオープンともいわれる、全英オープンの前週の

「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコティッシュ・オープン(Scottish Open)」

いわゆる「スコティッシュ・オープン」に松山英樹がエントリーしています。

昨年の、全英オープンの前々週の大会「アイリッシュオープン」にも出場していました。
要は、リンクスのコースになれるための前哨戦みたいなものかと。

アメリカの、古き良き時代のオールドアメリカンのコースとは、カーヌスティーはまた全くの別物かと。
リンクス特有の風も曲者かと。

ロレックスシリーズに組み込まれてる、ツアーなので賞金額も欧州ツアーにしては、高額の設定のような気がします。

スポンサーリンク

松山英樹プロは、今年は調子はいまいちですね。
世界ランキングも、一時期は2位まで行ったのですが「16位」まで、落ちてしまいました。

う~~ん

ここで一発かましたいところですが、なかなかはたで見てるようには簡単ではないですから。

でも頑張ってほしいですよね~~

スコティッシュオープン2018の優勝賞金や開催概要は?


(出典元:https://www.gullanegolfclub.co.uk/より引用)

昨年松山英樹が出場した「アイリッシュオープン」は、全英オープンの2週前の大会ですね。

今年は、前週の今回のスコットランドオープンに出場です。

全英オープンの賞金額が発表になりました。
結構な高額で、年々上昇していきます。

では開催概要です。

スコットランドオープンの賞金額や開催概要は?

  • 大会正式名称:アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコティッシュ・オープン(Scottish Open)
    冠スポンサー:スタンダード・ライフ・アバディーン
    開催日程:2018年7月12日~7月15日
    賞金総額:700万ドル
    優勝賞金:126万ドル
    開催コース:ガレインゴルフクラブ
    ヤーデージ:7133ヤード パー70

*ヤーデージは当日の設定で変更の可能性があります。
*賞金額がドルとユーロの両表記で紹介されてるサイトが混在します。
一番下に、理由を紹介しました。
優勝賞金の金額が、どうしても出てきません。

全英オープンの賞金配分が賞金総額の18%なので、700万ドルの18%を表示させていただきました。
もし確定した賞金額が出れば、修正いたします。

昨年の優勝は、スペインの「ラファエル・カブレラ」です。

優勝スコアは13アンダーで、プレーオフでした。
本大会は、全英オープンの前哨戦というか、まさに前週の大会です。

さらにロレックスシリーズに組み込まれてる一戦です。

開催コースのガレインゴルフクラブと、ロレックスシリーズについては、下記で紹介いたします。

全英オープンの前哨戦ということで、松山英樹プロにとっては、調整という意味ではいいのかもしれませんね。

いずれ、最近いいところがないので、ここらへんで見せてほしいですね。

次週の、全英オープンの賞金総額や優勝賞金は、下記で紹介しました。

全英オープン(ゴルフ)2018優勝賞金と総額は?コースは悲劇の舞台!

本日7月10日、昨年と同じ日ですね。
賞金額が発表なりました。

ガレインゴルフクラブの歴史とコースの設計者は?

驚きました。
相当に古いコースなんですね。

所在地情報

  • West Links Road,
    Gullane,
    East Lothian
    EH31 2BB

と書いてますので、これが住所なんだと思います。
私は英語が、苦手なので、ホームページの歴史という個所を、グーグルの翻訳にかけてみました。

多分あってると思いますが、もし違っていれば容赦ください。

  • 設立:1882年(8人の紳士での会合で設立)
    1年後:メンバーシップ:125人:メンバー:1200人
    1910年:18ホールが3コース完成+子供コース
    設計者:Gullane No.1:最初のコースで不明
    Gullane No. 2:1898年ウィリー・パーク・ジュニアによる
    Gullane No. 3:1910年ウィリー・パーク・ジュニアによる

とこんな感じのようです。


(出典元:https://www.gullanegolfclub.co.uk/より引用)

1882年に設立して、1年後にはメンバーが1200人に増えていて、そのゴルフ人口に追いつくために、18ホールのコースを3つ作ったようです。

NO1コースはもっとも古いコースで、1884年に整備が完了して完成したコースで、よく管理された緑、草原と広大なバンカリングのために有名とのこと。

ところで、この設計者の

「ウィリーパーク」

ってピンときた方は、ゴルフ通かと・・・

お父さんの「ウィリー・パーク」は全英オープンの第一回(1860年)の優勝者です。
しかも4回も全英オープンで、優勝しているようですね。

本人自身もプロゴルファーで、パットの名手と言われました。

なるほど~~歴史を感じますね。


(出典元:https://www.gullanegolfclub.co.uk/より引用)

・・・
全英オープンの舞台はカーヌスティーです。

カーヌスティは全英オープン開催コースで特徴は?設計者や歴史も!

コースの紹介をしました。
ホーガンの小道は、豆知識として知っておくと、テレビ観戦も二倍楽しいかと・・・
・・・・

スポンサーリンク

ロレックスシリーズってなんだ?

ロレックスシリーズは、2017年から設定されたようですね。

欧州ツアーの中でも「高額賞金大会」と位置付けられた試合で

「全8試合」

があるようです。
アメリカのPGAツアーで言うならば

「WGCシリーズ」

のようなものかと思いますが、あってるかな?

欧州ツアーの改革の一環で、スポンサーの「ROLEX」の協力のもと、設定した大会のようです。

なんで必要だった?

それはUS-PGAツアーの賞金額の高騰で、優秀なスター選手が、欧州ツアーから主戦場をPGAに移しているからなんだそうな。

確かに、PGAツアーの賞金額の高騰は、選手にとっては魅力的ですから、

なんつってもPGAの年間チャンピオンには、ボーナスが

「1000万ドル」

ですからね~~いやはやすごいです。
その、PGAに流れていく選手を、何とか欧州につなぎとめておきたい!

ということで全8試合を「ロレックスシリーズ」として、賞金額を高額に設定したようです。

賞金額の規定は‥700万ドル以上という設定で、欧州ツアーでは破格です。

今回のスコットランドオープンは、そのロレックスシリーズの、試合です。

スコティッシュオープン2018の賞金額などのまとめ


(出典元:https://www.gullanegolfclub.co.uk/より引用)

本大会、スコティッシュオープンは、ロレックスシリーズ全8戦中、5試合目のようです。
ところで・・賞金額の表記なのですが、上記にも書きましたが、サイトによっては

「ドル表記」

「ユーロ表記」

が‥しかし総額は700万ドル。
ドルかユーロのどっちだ?

これすごく悩みました。
が‥多分ですが、EUROPEAN TOUR ここはロレックスシリーズの欧州ツアーのサイトなのですが、ここは

「700万ドル」

表記になってます。
なので、ドルなのでは…と思います。

全英オープンの賞金額も、昨年から主催者のR&Aが、今後の賞金額はポンドから「ドル表記」にする。
はっきり明言しました。

なので、€ではなく $ 換算での賞金額なのだと思いますが・・・さて??

本大会は全英オープンの前哨戦です。

見どころはズバリ・・松山英樹ですね。

頑張っていただきましょう!!
・・・・
関連リンク

私の接待ゴルフ人生での、エピソードをまとめてみました。
軽い読みのではどうかな?

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

タイガーウッズは、数々の記録を塗り替えてきました。
いろんな記録や、トンデモエピソードをまとめてみました。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

興味深いのは、だれが一番勝ってる?

PGAゴルフ勝利数ランキングで一位は誰?タイガーと二クラウスの差!

タイガーウッズでも、ジャックニクラウスでもないですよ~~
でも、もしかしたらタイガーウッズは、このまま現役を続けていたら、記録を塗り替える可能性もなくもないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る