台風の名前は誰がどう決める?2019年の名前の順番の一覧を調べた!

xt3で撮影する秋保大滝の冬の風景写真滝つぼ付近の雄大な写真

台風には名前がついているようですね。
2019年の台風の名前は、どうなってる?

これって誰が決めて、法則ってあるのかな~~って思っていたので、調べてみました。

今年2019年の台風1号の名前は

「パブーク」

です。
この名前って、決まってるんですね。
一覧になってます。
ではその、台風の名前の規則も、だれが決めたかも、ここで紹介しようともいます。

しかし、今年2019年は1月1日で台風1号です。
これは統計上1951年以降で、一番早いそうです。

なんかおかしくない??

正月から台風情報だなんて・・・
ついでなので、台風発生の一番早いランキングも、紹介します。

スポンサーリンク

台風の名前が、すでに決まってリスト化されてるとは、全く知りませんでした。
中でも、日本がつけた名前が、すごくユニークで面白いです。

この名前のようにかわいかったら、台風も許せるのにな~~って思いました。

台風の名前がだれがどういう規則で命名?決まりごとは?

台風の名前は決まっています。
しかし、以前は台風は〇号という名前のようでしたが、今は違います。

 

台風の名前を付ける機関は?

 

「台風委員会」

というのがあるようです。
ここに加盟する国は日本をはじめとする、14か国で構成される政府間組織です。

その14か国が、それぞれに名前を持ち寄って、リスト化しました。

その名前が適用になったのは

・平成12年:2000年

からです。
尚、この名前が適用される台風は

・北西太平洋または南シナ海で発生する台風

と規定されています。
その14か国に割り当てられた名前は

・一か国:10名称

です。
なので、全部で140個の名前があるんです。
最初の名前は

2000年の台風第一号で、名前は

「ダムレイ」

でした。
これはカンボジアの提案の名称で、第一番で「象」を言います。

こんな感じで1番から順番にリスト化されてるんだな。

全部が一巡した場合は、最初の1番ダムレイにもどります。

台風の名前のリストはどうなってる?日本の名前は?

では、せっかくなので、そのリスト前140を張ってみます。



(出典元:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/より引用)

気象庁のHPよりの引用ですが、上の表のように決まっています。

 

2019年の台風の名前の順番は?

 

今年2019年の台風1号の名前は

「パブーク」(淡水魚の名前)

です。
これは34番の名前ですね。
現在は台風2号までの発生が確認されています(2019年3月6日現在)。

2号の名前は35番の

「ウーティップ」(蝶)

です。
なので、今年はこの続きになります。
台風3号が発生した場合は今度は、36番の

「セーパット」(淡水魚の名前)

になっていきます。
とても分かりやすいです。

・・・・・・・・・・・・

非常時の防災セットです。
一個は備えておきたいです。

備えあれば患いなしです。
非常食のセットはこんなにあります。

非常食セットの価格比較はこちら!

関連記事

台風はどうして発生するのか?
そういう疑問を書いてみました。

なるほど~~でしたよ~~

台風はなぜ発生する?仕組みと理由や定義は?進路の特徴も調べた!

・・・・・・

日本が命名した台風の名前のリストは?

一か国10名称なので、日本も10個の名前を出しています。
それをリストにしてみましょう。

若い順番から。

  • 1:テンビン(てんびん座)
    2:ヤギ(やぎ座)
    3:ウサギ(うさぎ座)
    4:カジキ(かじき座)
    5:カンムリ(かんむり座)
    6:クジラ(くじら座)
    7:コグマ(こぐま座)
    8:コンパス(コンパス座)
    9:トカゲ(トカゲ座)
    10:ハト(はと座)

と・・このような10種類の名前で、一貫して星座にこだわったようですね。

ほかのお国でも、「淡水魚」の名前や、鳥や遺跡など、自然にまつわる名称が多いように感じます。

各国とも、自国の特徴を出そうとしている節も、感じて興味深いです。

でもこれ、意味知ったら台風の名前って、イメージがちょっとね~~~って思いました。

 

台風の名前の規則外の事例ってある?

 

これは、あるようです。

  • 1:甚大な被害をもたらした場合
    2:規定領域外で発生して規定領域外への移動など

こういった場合は、その順番に限らず、また甚大な被害の場合は、以後使用しないような配慮がされるということのようです。

たしかに・・ですね。

スポンサーリンク

台風の名前は誰がどう決める?のまとめ

台風の名前について、紹介してきました。
「台風委員会」
を構成する14か国が、各10個を持ち寄って、リスト化していたんですね。

これは驚きました。
なので、順番でもう決まっているんです。

今年はすでに2個発生しています。
すごく早いですが、観測してから一番早いそうです。

 

過去の台風の最速発生ランキングは?

 

ついでですが最速の発生ランキングです。
驚きですが、さほど過去最速といっても、そん色ないですね。

  • 1位:2019年:1月5日15時
    2位:1979年:1月2日9時
    3位:1955年:1月2日15時
    4位:2018年:1月3日9時
    5位:1957年:1月3日15時
    6位:2013年:1月3日21時
    7位:1985年:1月5日21時
    8位:1992年:1月6日9時
    8位:1972年:1月6日9時
    10位:1985年:1月7日15時

とこんなリストです・・・が、たったの1~6日の差で、なんかこれ意味あんの??

って思いますが、意味があるんでしょうね~~

いずれ今年2019年は最速でした。
これを破るには、除夜の鐘が鳴ってるときと、同時クラスですね!

いくらなんでも・・ですが、そんな気分です。
正月に台風・・そんなに熱帯地方の海面の温度は高いんですね。
驚きます。

今年は、台風の数は少ないことを祈ります。
私は、コメを栽培しているので、穂が出る7月後半から8月は、すんごく気になって仕方がないんです。

毎日天気予報とにらめっこ。

発生した台風は、進路を入念にチェック!
気になります。

では、少ないことを祈ってますよ~~~

・・・・・・・・・

備えあれば患いなしです。
非常食のセットはこんなにあります。

非常食セットの価格比較はこちら!

関連記事

台風の過去の発生数のれKしいについて調べてみました。
2019年はエルニーニョの年です。

そこから、今年2019年の田風の発生数や、上陸数を予想してみました。

台風の過去の発生数と日本への上陸数は?2019年の数を大胆予想!

夏になるとやってくる「ゲリラ豪雨」

ゲリラ豪雨の原因と増えている理由は?予想(予測)と対策を考えてみた!

この発生メカニズムって、どうなん?
とんでもないゲリラ豪雨が襲ってくる時があります。

どうしてなのかを紹介しました。

*ヘッダーの写真は宮城県の秋保大滝です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る