ひとりぼっちの楽しみ方や気楽を感じる時ってどんな時かの考察!

奥入瀬渓流の春の風景写真

孤独で、ひとりぼっちで寂しいしつらい・・一人暮らしで、何をしようと孤独感から抜け出せない!

友達がいない孤独感もあろうかと思います・・ってこれ私ですね。
孤独や、ぼっちに耐える!

そんな意識しか持てない、そんな気持ちって私自身がひとりぼっちですから、よ~~くわかります。

むしろ、私の場合は会社に行っていたほうが、よほどよかったです。
定年した見たら、これこそが「ひとりぼっち」で孤独感バリバリです。

私がいつも考えるのは、孤独を楽しむ方法や、これってむしろ気楽なことかもしれない!

など、少し前向きに考えてみることです。
後ろばっかしみていても、人生つまらなくなりますから。

スポンサーリンク

以前に書いたように、私は家庭内では孤独です。
でも、家族はいます。

この点では、すごく恵まれていると思います。

が・・その状況次第で箱どくでぼっち・・・家族であろうと、人間の世界ですから。

ひとりぼっちの楽しみ方や気楽を感じる時はどんな時?

まだ、私の場合は恵まれています。
家族がいますから、一人暮らしではありません。

妻はパートで働きに出ていますが、私も現在は定年退職してから、元の会社に週2~3日のバイト。

このまま、続けていきたいと思っています。

でも家庭内では、私の存在って本当に必要なのだろうか?

そういうことって、本当に多いんだな~
多分これって、共感する方多いんでないかな??
って思うんです。

私の一人ぼっちについては、下記で紹介しました。

ひとりぼっちは辛いし寂しいなんで孤独なんだ?人生はむずかしい!

多分これを読んだ方は、ぜ~~んぜん・・どこが孤独?
って思うかもしれませんが、ひとりぼっちの勧めって本があるようですが、私のような人間に勧めることではないかな~って思ったりするんだな!

 

ひとりぼっちを楽しむ私の方法は?

 

私自身の孤独の哲学・・なんて言うのもなんですが、私の一人ぼっちの、孤独感を和らげる時間の過ごし方を何点か紹介します。

  • 1:映画を見に行く
    2:図書館で一日過ごす
    3:写真を撮りに行く
    4:街をぶらつく
    5:散歩

などですね。
お金は、ほとんどかかりません。
それは映画代や、そこへ行くための車のガソリン代はかかりますが。
観光地なら、入場料などは発生します。

今はもっぱら、図書館が多いです。
寒くなってきたら、出かけるのもちょっと億劫なので。

 

ぼっちのほうが気楽を感じるときってどんな時?

 

私の孤独感は、家の外ではむしろ自分が、作っているような気がしないでもないです。

独りのほうが気楽なんです。
職場のランチも一人のほうが好きでした。
面倒なくていいです。

ひとりぼっちのほうが、気楽さを感じるときっていうのは、それはもう

「一人の時」

としか言いようが、ないような気がするのですが。

別にこれについて、心の病のようなことは、私は感じていません。

これこそ「ひとりぼっちのすすめ」に、近い思想のような気がします。

でも‥あえて言うなら、一人の時がいい時を感じるのは

「散歩」

かな~~
街を気楽に散歩するのなんかはすごく好きです。
私が住んでるのは、山間部の僻地ですから、街並みはありません。
仙台へ行くにはわざわざですが、でも独りなら気楽でいいです。

・・・・・・・・・・

どうせ味わうなら、極上の孤独がいい!!

孤独は確かに自分を強くすることに役立つかもしれません!

孤独がきみを強くするとはどういうことか?

関連記事

職場でのひとりぼっちのマネージメントを考えてみました。

孤独は一人で寂しいがぼっちを楽しむ?職場のマネージメントの実際!

・・・・・・・・

 

妻と一緒がダメな理由は?

 

なんだよ~~奥さんがいるでねえかよ~~

って思うかもしれませんが、これがまたかな~~り~~の問題

一緒にいても、趣味が合いませんし、映画見に行っても見るのは、ほとんどが別。
となると時間が合わないので、結局映画は没。

旅行は、行く場所の趣味が合いませんし、何せお金はすべて私が出さないといけないんだな~~

まあ~~私との時間に使うお金はない!

そう言いたげです。
なので、いやな思いなのに、一緒に出掛けるは、ほとんど無くなってしまいました。

・・・・・・・・・・・

関連記事

孤独や、ひとりぼっちの本ブログ内の記事をまとめてみました。
↓  ↓
孤独の名言や寂しいひとりぼっちの過ごし方は?楽しみ方のまとめ!

いろんな場面や、考え方を考察してみました。

・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

ひとりぼっちの楽しみ方や気楽のまとめ

誰でも、一人になりたい時ってあるでしょうし、自分はいつもひとりぼっちで、孤独だ!

そう感じる方も、もしかしたら結構多いかもしれません。

私が思うに、人間の世界では、この孤独・・一人・・ぼっち・・これって、避けては通れない、事なんだと思います。

人とのコミュニケーションの問題で、孤独感を味わう・・または、パートナーとの死別で、物理的に一人になってしまった・等々、理由のいかんにかかわらず、いずれそういう時は、大多数の方に訪れるような気がします。

その孤独感やひとりぼっちとどう上手に付き合っていくか?

私の場合もそう感じます。

結局結論的に、私の場合はすべて私の肩にかかっていて、誰も手伝ってくれないんだ・・そういう結論です。

しかし、出させるものは出さないと、とんでもないことになりそうな予感!

都合のいいように使われてる亭主!

定年したら、ますますそんなふうに感じるんだ!

世のお父さん諸君も、そうかな??

「亭主元気で留守がいい!」

とは昔から言われる言葉。
その亭主が、なぜか毎日家にいるのが、定年退職。

時代の流れかも‥話それましたが、人生まだまだ続きます。
いいことも、悪いことも、寂しいことも、孤独感を感じることも、すべて人生なんだべな!

・・・・・・・・・・

孤独は確かに自分を強くすることに役立つかもしれません!

孤独がきみを強くするとはどういうことか?

関連記事

昔っからのことわざで、病は気からというのがありますが、実はこれがやはり本当でした。

病は気からって本当を北大が科学的根拠で証明?ストレス抑止効果に期待!

孤独で寂しい定年後は、やはりつらいですよね~

孤独で寂しい定年後の人生は辛い!孤独が伝染しないための方法は?

孤独が伝染しないように、今からの対処が大事かと!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る