膝の人工関節の手術の費用と体験記!身体障害者に認定される?

膝の人工関節の、置き換え手術後に、身体障害者3級に認定されました。

これってどんな意味がある?

って当初思ったのですが、なかなかいい制度です。
いろんな特典が、あるようですが、かいつまんで紹介します。
(利用した分だけです)

然し歩けないのが、支障なく畑仕事までできるようになって

「身体障害者?」

それないんでない?

って当初は思いました。

スポンサーリンク

上記が本音です。
これまで、歩くのもままならなかったのに、手術後はいたって健康。

畑仕事もOK!

これで好きなことを、思いっきりできるな~~

って言ってたのですが・・・


(出典元:http://www.jinko-kansetsu.com/knee/より引用)

なぜの身体障害者に認定されるのか?

私はこの制度は、まったく知りませんでした。

担当の執刀医の「H先生」に、言われたのがきっかけです。

「手術後の、退院するときに診断書は必要ですか?」
「保険があるので、お願いいたします」
「ところで、お母さんは身体障害者3球の指定を受けられるのですが、どうしますか?」
「え??なんですかそれ?」
「足の場合ですが、この人工関節の場合は、今の制度で3級を受けることができるのです」
「そうすると何かメリットでも?」
「結構ありますよ。バリアフリーにする時の補助金とか、公的な交通費の補助とか・・」
「へ~~~ではお願いしていいですか?」
「いいですよ・・役所に行って用紙をもらってきてください。私が証明の印を押しましょう」

なんてやり取りだったような。

私はそんなものは、全然知りませんでした。
でも当の本人が、「障害者」の指定はいやだ!

そういえば、その通りなのですが、どっちでもいい!

そんな感じだったので、一応もらいました。
手帳があるのですが、写真は下記ですが、上にはおふくろの写真と、個人情報が記載されてるので、下の部分だけ!


(出典元:管理人撮影)

3級 2種とあります。

障害者3級に指定されるとどうなる?

調べてみれば、色々あるのかもしれません。
別にあえてそれで、特典を受けようなどとは思いませんし、使用することは、考えていませんでした。

が・・・

これが、結構今現在使えてます。

此れしか、使ったことがありません。
公的機関の交通費が、半額になる。

日常的にはバスに乗ると料金が半額。

これです。
宮城県は、他市町村はわかりませんが、ここはどこまで乗っても1路線当たり

「200円」

です。
これが半額・
なので「100円」です。

此れしか、使いませんね。

ほかには・・
この9年ほどで、新幹線に2~3回ほど。
電車で盛岡まで2~3回ほど。

此れでも、乗車券の分が半額です。

そんな程度です。
あとは、何に使えるのかわかりません。

先生は、バリアフリーなどの工事には、補助金で使えるよ!

とかは言ってましたが、私にはそのつもりは、ありません。

バスには月に一回ほど、たまに乗ってるようです。

でも84歳のお年寄りが、一人で30キロ先の病院まで一人で行くから、此れもまた大したもんだな~~

って思います。

本人はいたって冷静で・・

「たまに、世の中も見てこなくてねえべ~~」

って言ってますが。
もちろん、都合がつく場合は送迎してますが、仕事でどうにもならない時のお話です。

スポンサーリンク

膝の人工関節の障害者認定のまとめ

障害者3級は、どのようなものなのか?
さらには、どういう補助や援助が、あるのかは、調べてみてください。

私の、実際のみの紹介でした。

これで、大体の実際の「人工関節」の置き換え手術に関する、記事は一応終了にします。

これまでの記事の内容は、私のおふくろの体験記です。

同居なので、すべて病院の手配や手術、お金のことまで私と妻が行いました。

昭和ヒトケタなので、ほぼ昔の老人です。

厳しい時代を生きてきたので、少しは長生きしてほしいと、思います。

あの苦しい、ひざの関節の痛みから、愛豊されたときは、本当にうれしそうでした。

「手術やっていがったなあ~~」

って、これは今も言います。
でも、H先生の言うには20年ということなので、そこまで持たせるには、これは私の素人考えなのですが、よく言うのは

「無理するな」
「重いものは背負ったり持ったりするな」
「田んぼには入るな」

なんて、言ってます。
特に、重いものを持つのは、これはダメなんでないかな~~

って思います。
膝に、もろにその重量が、かかりますから。

所が言ってもこれがまた、昔気質で、頑固で困るんだな。

そういう時に限って、お年寄りになるので、困る時があります。

では、参考になったでしょうか?

膝の人工関節の手術の費用と体験記!置き換え手術に至った経緯!

治療費は、ちょっと多めだったかもしれませんん。
何分、明細などはないので、記憶で書かせていただきました

支払ったのは私なので、ほぼあってると思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る