ネット依存症の中高生や大人が克服する更生施設おすすめはどこ?

松島円通院の風景画像

ネット依存症の問題点はゲーム依存症やスマホ依存と同じように、インターネットに依存する心の病です。
年代は、小学生や中学生、高校生や大人まで分布されていて、どれだけの方がそれで日常支障を感じているかは、データーはなさそうです。

日本での、治療機関や病院も数か所に限られていて、ようやっと今年2018年にWHOで、ゲーム障害という疾病として、認定されてから治療機関増えてきたようにも思います。

インターネット依存症の症状は、日常生活全般にわたっていて、個人の状況によってある現象ということには、特定できないようです。

個別のケースは違うということですね。

なんで?

インターネットで提供される、依存症に至るサービスが、多岐にわたるからだと思います。

スポンサーリンク

ネット依存症に関する原因と定義や、簡単な自己チェックの方法を、私の記事で紹介しました。

詳しくはこちらです。

ネット依存症の定義と原因は?チェック方法と影響を考えてみた!

すでに20年ほど前に、この状況を予測して、チェックツールを開発された、心理学者の方がいるんですね‥これは驚きました。

ネット依存症を治療する厚生施設・病院はどこがおすすめ?

今年2018年に、WHOではゲーム依存症を「ゲーム障害」として、新たな疾病として認定しました。

おそらくそのことによってだと思いますが、新しい治療機関が出てきているようです。

心療内科でも、扱う病院が増えてきたように思いますし、相談窓口も増えてきたように思います。

例えば・・・

ジャストアンサーゲーム依存症の相談

このような相談窓口もあります。
ぜひ活用ください。

ネット依存症の治療病院はどこがおすすめ?

ゲーム依存症と、ネット依存症の治療に関しては、こちらが日本では最先端です。

2011年に、初めてネット依存の研究部門を立ち上げたので、実績はここが一番です。

  • 独立行政法人国立病院機構(http://www.kurihama-med.jp)
    久里浜医療センター
    〒239-0841
    神奈川県横須賀市野比5-3-1
    電話  046-848-1550
    FAX  046-849-7743

こちらの病院は、日本で初めてのアルコール依存症の、治療機関でゲーム依存症や、ネット依存症にはいち早く取り組んできました。
WHOの認定にも、大きな役割を果たしたようです。

次がこちらです。

  • 地方独立行政法人(http://www.popmc.jp)
    岡山県精神科医療センター
    700-0915
    岡山県岡山市北区鹿田本町3-16
    TEL:086-225-3821

もう一つ

  • 神戸大学医学部附属病院
    〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-2
    tel:0728-382-5111
    ネット・ゲーム依存外来という診療科があります。

関東と、関西での三か所になりますが、そのほかにも上に貼ったリンク先で相談をすると、適正な医療機関を紹介してくれるようです。

いずれ、このネット依存症は新しい医療分野なので、専門医は圧倒的に少なく、これから充実されていく分野なんだと思います。

一昨年あたりだと、久里浜医療センター以外は見当たらなかったのですが、最近はやはり増えてきたんですね。

・・・・・・・・・・
ちょっと、この本は考えさせられます!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストップ!ゲーム依存(全3巻セット) [ 藤川大祐 ]
価格:7452円(税込、送料無料) (2018/12/3時点)

 

関連記事

インターネットに依存する、依存症の定義とは?
簡単なチェック方法を紹介しました。
私は40点でした‥

ネット依存症の定義と原因は?チェック方法と影響を考えてみた!

ゲーム依存症の子供について、どうしてそうなるかを考察してみました。
ちょっと深刻な問題化と思います。

ゲーム依存症の子供になる原因とチェック方法は?症状と要因の考察!

子供がゲーム依存症になる原因は、おそらく子育ての時点から始めっているような気がします。
スマホを預けて、動画を魅せれば、それで泣き止んで夢中になってますから!
これは影響はないのかな??

スポンサーリンク

ネット依存症を治療する病院のまとめ

上記で、相談窓口を含めて、4か所紹介しましたが、そのほかにも地域の拠点病院の心療内科で、専門医の方がいるかもしれませんので、問い合わせてみてください。

いずれ、今年正式認定された疾病なので、国立大学の地域の基幹病院では、整備するところがある傾向を感じます。

インターネットに依存する病気になるのは、やはりそのネットで提供されるサービスに夢中になる!

勿論ゲームなどの、相手との対戦や仲間との一緒の時間を共有できるツール・・
さらには、今と違う自分を表現できる・・ネットの世界では名前さえ変えれば、何度でも別人になれる?

気軽に自己表現して、それに共感してくれれば、社会でなくても存在を自覚できる・・いろんな、理由があるかと思います。

でも、住んでる場所はリアルな現実!

このギャップなのかな~~なんて思います。

皆さんはどう思いますか???

・・・・・・・・・・・
関連記事

ゲーム依存症はWTOで「ゲーム障害」と認定されました。
その経緯などを紹介しました。

ゲーム依存症はゲーム障害と定義WHOで疾病認定されるってホント?

病は気からということわざがありますが、それが本当に現実的であることを、北海道大学の研究チームが、突き止めて科学的の証明しました。

病は気からって本当を北大が科学的根拠で証明?ストレス抑止効果に期待!

昔っから、病は気からといいますがやはり、関連性はあったんだな~~と思った次第です。
昔の人の言うことは、間違いないな~~と改めてそう思った次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る