ウィンダム選手権2018の優勝賞金や総額はいくら?コース歴史も紹介!

東京駅の夏の風景写真

今週のPGAツアーは「ウィンダム選手権2018」で、実質上次週からは、プレーオフシリーズが始まるので、米ツアーは最終戦ということになります。

日本からは、松山英樹と小平智が出場します。

プレーオフシリーズは全4戦で、フェデックスカップランキング125位以内と定められていて、どんどんカットされて行って、最終的には30名のサバイバル戦。

ビッグボーナス獲得して、ツアーチャンピオンを目指す大会。

その、きわどい位置にいる方にとっては、唯一の希望の大会でもあります。

ここでポイントを稼いで、望みをつなげたいプロは、来季のシード権もかかってまさに崖っぷち!

今季最終戦の週末です。

スポンサーリンク

フェデックスポイントランキングで、松山英樹は現在(8月16日現在)88位と今期は、全くパッとしないです。

目立った活躍もなく、ちょっと本人は不甲斐ないでしょう。
それでも、世界ランキングは16位ですから、、ここはやはり奮起してほしいところ。

ここで一発優勝して、一気に浮上してほしいところですね~~

ウィンダム選手権2018の賞金額や開催概要は?


(出典元:http://www.williammangum.com/より引用)

Ⅱ017-2018シーズンの最終戦の、今大会で来季のシード権もかかる試合ですが、あっというプロが当落線上なので、驚きます。

なんで??

さあ・・・どうしてでしょうか?

ウィンダム選手権の賞金総額や開催日程などの概要は?

下記の内容です。

  • 大会正式名称:ウィンダム選手権(Wyndham Championship)
    大会メインスポンサー:ウィンダムワールドワイド
    大会日程:2018年8月16日~8月19日
    賞金総額:600万ドル
    優勝賞金:108万ドル
    開催コース:セッジフィールドCC(Sedgefield Country Club)
    (ノースカロライナ州)
    ヤーデージ:7,130ヤード パー70(2017年設定)

*ヤーデージは、当日の設定で多少z年後する可能性があります。

最終戦なので、賞金額はほかのツアーと比べると、ちょっと見劣りしますが、それでも100万ドルを優に超える設定です。

日本では総額で、優勝賞金かな‥大会によっても違いますが。

昨年の覇者は「ヘンリク・ステンソン」で、優勝スコアは

「22アンダー」

でした。

日本からは、前述したように

松山英樹と小平智プロが出場します。
二人とも複数年シードで、来季のシードは確保済みですが、活躍はまた別かと。

頑張ってほしいですね。
特に、ここで奮起して、来週からのプレーオフシリーズの第一戦の

「ノーザントラスト」

では奮起を期待します。

セッジフィールドCCのコースの歴史や設計者は?


(出典元:https://www.bestoutings.com/より引用)

セッジフィールドCCの、開場情報や歴史やコースの設計者情報を、紹介します。

HPで確認したのですが、コースは2コースあるようです。
開場情報や位置情報は下記に紹介します。

  • 位置情報:3201 Forsyth Dr Greensboro, NC 27407(336) 299-5324
    開場:1925年
    コース設計:ロスコース:ドナルド・ロス
    ダイコース:ピート・ダイ

2コースあるのですが、ウィンダム選手権の開場はロスコースのようです。

ドナルド・ロス氏はコース設計では名匠です。
歴史的のも優れた、ゴルフコース設計家として有名な方です。

ドナルド・ロス氏はどんなゴルフコース設計家?

ドナルド・ロス氏はスコットランドが生んだ、天才ゴルフ設計家として有名な方です。

生まれは1872年。
師匠はなんと~~あのオールド・トム・モリス!
セント・アンドリュースとカーヌースティでグリーンキーパーの勉強を始める‥とあります。

セントアンドリュースといえば、当時は「オールド・トム・モリス」

1900年にアメリカの、ノースカロライナ州に移り住み、コース設計の仕事に従事。


(出典元:https://www.sedgefieldcc.com/ross-courseより引用)

画期的な功績は、それまでのサンドグリーンでは無しえなかった、バミューダ芝のグリーンを誕生させて、ドーム型、あるいは円盤状と言われるグリーン形状を実現。

のちにこの形状のグリーンが、ロスのグリーンの特徴して、認知されました。

ドナルド・ロス氏の最高傑作は、世界ランキング18位にランクされる

「パインハースト」のNO2コース。

晩年はこのパインハーストNO2の、3番ホールわきの自宅で過ごしたそうです。

これは、オーガスタを設計し、ランキング二位のサイプレスポイントを設計した

「アリスター・マッケンジー」博士をほうふつさせます。

同じ、時期を生きた方ですね~~

なんとも感無量です。

ウィンダム選手権は、このロスコースを使用します。

スポンサーリンク

ウィンダム選手権2018の優勝賞金やコース紹介のまとめ


(出典元:https://www.sedgefieldcc.com/golfより引用)

ウィンダム選手権の開催内容や、賞金総額や優勝賞金額などを紹介しました。

開催コースのセッジフィールドCC(Sedgefield Country Club)の紹介もしました。
設計はドナルド・ロス氏で、歴史的な名設計家です。

昨年の優勝は「ヘンリック・ステンソン」です。

この試合が、今季の最終戦で来季のシード権がかかるフェデックスカップポイント「125位」以内がかかる、当落線上のプロにとっては、文字通り死活問題かと。

そんな位置付の大会です。

上記で消化したように、来週から葉はプレーオフシリーズ全4戦の、第一戦目の

「ノーザントラスト」

が開催されます。
ツアーチャンピオンシップ、最終戦を制する者は誰だ?

文字通り、これからが2017-2018シーズンのクライマックス・・天王山かと。

思えば、この一年はこの最終戦に出場するための、前哨戦のような気もします。
このツアーチャンピオンシップに出場できなければ、やはり一流のプロとしては、認知されないということなのかもしれません。

松山プロと、小平プロには頑張って、最終戦まで行ってほしいね‥

期待してるよ~~~

では皆さん今週末もゴルフ楽しみましょう!!
・・・
関連リンク

昨年の記事ですが、プレーオフシリーズの歴史や、仕組みについて紹介しました。

プレーオフシリーズ(ゴルフ)2017の出場資格は?賞金総額もチェック!

私の接待ゴルフの経験をまとめてみました。
いい経験でした。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

今年、畑岡プロはブレークした感があります。

畑岡奈紗2018ツアー成績速報とニュース!獲得賞金総額の累積情報!

各大会の成績を追いかけてみました。
まだまだ今年2018年のシーズンは、続きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る