熟年離婚での年金の分割手続きはどこに行けばいい?仕組みを調べた!

荒砥沢zダムの春の雪解け水で満杯の風景

2007年4月に施工された、「年金分割」の制度で、熟年離婚の女性の立場の保全に、かなりの役目を果たしてると思います。

でも、いきなり切り出される、世のお父さんには、たまったものではないかもしれません。

がしかし・・不幸にも熟年離婚が成立!

年金分割で、当人同士で合意ができなかった場合や、その分割の申請手続きって、どうすればいいのか?

私も知りたいので、調べてみました。
が、これは基本的に、法律でがっちりと決まってるので、司法の判断を求めてもさほど揉めないで決着するようですね。

しかし・・確定後は、相手の夫の方が亡くなっても、再婚しても支給されるというのは、ある意味凄いな~~って思ったな!

スポンサーリンク

熟年離婚という定義ですが、きちんとあるんですね。

「結婚生活20年以上」

なんだそうです。
私は、もうすでに30年を超えたのは、かなり前なんだな!

熟年夫婦というよりは、もうすでに「完熟」状態で、互いに全く気にならない、そんな夫婦になったような気がする!

熟年離婚で年金分割の調停や手続きは何処に行けばいい?

突然、離婚届に判押して!

いえいえ、こういうことになるようです・・ほぼ。
予定通りなんでしょうが、お父さんにしてみれば、まさに寝耳に水!

もめにもめて、いざ離婚成立・・と思ったら、離婚だけならいいが、年金が半分とられる・・まさか!!

いえいえ総額の半分ではないですが、然しかなり減ることは確実。

そこを何とか阻止したい。
と思うのはこれは、お父さんにしてみれば人情ですよね~~

年金分割でもめた場合はどうすればいい?

これはどちらにしても、お互いの話し合いで、合意ができない場合は、行くところは決まってます。

「裁判所」

です。
そこでの調停になるようです。
では実際に、どれだけの方がこの調停にゆだねたのか?

2012年のデーターですが「1650件」あったそうです。

しかし・・1636件は法律上の制限限度の50%の解決での、満額回答。

要は、調停するまでもないということですね。
でも、納得いかない方は、委ねてみるのもいいかもしれません。

年金分割調停の流れはどうなってる?

まずは本人が申請。
この場合は妻側になろうかと。

そこで、年金分割調停をするくらいですから、相手(夫)が応じないからこういうことになってるのですから、当然分割に応じないなどの行動に。

するとこの「年金分割調停」は不成立。

なので自然に「年金分割審判」に自動で移行することに。

そこで登場するのが

「年金分割審判官」

簡単に言えば、家庭裁判所の裁判官の方ですが、こちらの方が年金の分割審判をしてくれるようです。

で、上記に書いたほぼ全員の方が、満額回答になるわけです。(2012年度の実績です)

ではこの調停申請の手続きについて、見ていこうと思います。

家庭裁判所での調停に必要な書類は何?

当然ですが、何も持たずに行っても、受け付けてはもらえません。
なお、調停を申し立てる家庭裁判所は

「相手の住所地を管轄する家庭裁判所」

ですので、お間違いのないように。

必要なものは下記のようです。

  • 1:申立書
    2:戸籍謄本
    3:年金分割情報通知書

ここで、問題ですが、それぞれに必要なのですが

1:申立書

これはどうするか?
私は以前、調停の経験があります。
いえいえ・・離婚ではないですよ~~金銭的な貸し借りの問題ですが、課したものを返してくれないので、思い切って調停しました。

この「申立書」ですが、多分あまり大げさに考えない方がいいと思います。

あるがままに自分で書いて、申請すればいいかと。
実際私は自分で書きました。

2:年金分割情報通知書

これは事前に、年金事務所で申請すればもらえますので、事前に用意しておきましょう

年金分割の合意(審判)がなった後の手続きは?

年金分割の合意が、どのような形であれ、なった場合は次は年金事務所での、手続きになるようです。

大きく分けて、二つの場合があるようです。

  • 1:個人的に合意が互いになされた場合
    2:年金分割調停での審判の場合

この二つの場合で、手続きが違うようです。

夫と妻での年金分割の合意がなされた場合!

この場合はの手続きは、年金事務所に二人で行かないといけないようです。

二人一緒に年金事務所に行って、窓口で必要な申請書類に、必要事項を記入して提出。

こういう流れのようです。
相手が協力的でないと、こうはいきませんが、互いの夫婦の最後の共同作業が、年金事務所というのは、ちょっとぐっと感じるものがあるな~~

年金分割調停で審判を受けた場合は?

まず家庭裁判所にて調停が成立の場合は

1:調停調書

家庭裁判所での調停が不調での、年金分割の審判の場合は

2:年金分割審判所

が送られてきます。
家庭裁判所での調停の場合は、いずれにしても名前が違うだけで、送られてきた書類・・それをもって年金事務所に行きます。

そこで申請書に必要事項を書いて、上記の書類を以て手続きができます。

なおこの場合は、相手の動向は必要なく、一人で手続きができます。

スポンサーリンク

年金分割申請や調停に弁護士は必要か?

さて?

皆さんどう思いますか?

弁護士費用って、結構な金額ですよね~~
私もちょっと調べてみました。

余裕のある方で、まったく事務手続きが苦手で、どうしたらいいかわからない・・

そういう方なら、まずは相談してみて、依頼するのもいいかと思いますが、基本依頼しなくてもできるものなんだと思います。

ここまで来て、この記事を見ていただいてる方は、それなりの知識もある方だと思いますので、ちょっと調べてみてくださいね~

まずは、自分でやってみて、出来なければ依頼する・・というスタンスでいいと思います。

家庭裁判所は、困った方の味方です。
私の調停の時は、書き方まで教えていただきました。

もしかしたら、ググればその申請書の書き方の雛型もあるかも!!

他人任せにしない生き方って、これから大事かもしれないな~~なんても思います。

熟年離婚での年金の分割手続き申請方法のまとめ

2007年4月から施行された、この年金の分割制度ですが、2008年4月には

「3号分割」

が新たに施行されました。
これは、3号被保険者の、一般的には専業主婦の方が対象ですが、その場合は調停などというのは必要なく、相手の同意がなくとも分割されるんだな~

尤も2008年4月以前の、年金分割については、従来通りになります。

いろんな手続きについて、書いてきましたが、基本的には自分でできるかと思います。

でも熟年離婚は、しない方がいいんですが・・

どうしても・・と言う結論に至る方は、現在では統計的な数字ですが、平成28年の実績で

「37,604組」

前後いらっしゃるようです。
この年の全体の離婚組数は

「216,805組」

だったようです。

この数字見て、皆さんどう思いますか~~

熟年離婚で年金の分割の割合はどうなる?準備中の方は仕組みは必見!

離婚に至る理由って、色々の場面があるんでしょうが、何とか解決できないかな~~って自分では思うのですが、自分自身の場面に当てはめても、我慢できないことがあるのかもしれないですね。

財布とお金を、全部任せていたら、蓋開けてみたら何もなかった??

なんかこれ私の場合はありそうだな~~

中々通帳みせてくれないんだな!

ってか、どこに何があるかさっぱりわからないし・・問い詰めると、頭書いてるし・・この間我妻は頭の方の病気で、2週間ほど入院したので、あんまりなことも・・遠慮しますしね。

どうなってんだろ???

スカスだ・・

これで30数年やってきたので、マ・イッカ~~の世界だな!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る