定年退職後の失業保険受給と雇用延長との不一致とは?私の例の予想!

スポンサーリンク

定年退職後の失業保険受給と雇用延長との不一致とは?私の例の予想!

松島観光円通院の紅葉お休み処の写真もいい風景

私の定年退職時の、雇用延長と失業保険給付との、意外なミスマッチの、状況の予想をしてみようかと。

問題は、定年退職後は嘱託社員で、勤務日数が社会保険をかけなくていい、勤務日数だからです。

しかし、定年退職後は即、失業保険の給付が開始されますから、働くことはできず。

これっておかしくない?

さて、どっちを選択するって、この選択っていいのかな?

スポンサーリンク

私の前任の、定年退職した方は現在も、同じ職場で嘱託社員で働いています。

その方は、失業保険はもらわずに、しかも有給休暇も、ほぼ40日未消化で、そのまんま嘱託社員になりました。

保険は「国民健康保険」です。

なんで?

この時は、教えなかったんだね・・会社のの総務課では。

定年退職後の失業保険受給と雇用延長の不一致とは?

なんか変なのですよ~~
これは会社が有利になってるだけで、雇用される側には、全く説明もなければ、有利な方法も自分でやれ!

そういう感じです。
私の前任者は、本当に私からしたら

なんで?

って感じなのですが、雇用を優先するあまり、何も言えなかったようです。

定年退職後の失業保険受給はすぐに可能?

これは定年退職という、立派な理由ですから、失業保険の給付は即開始されます。(ただし年齢制限があります。)

ネット上でも、詳しく説明されてるところも、たくさんあるようなので気になる方検索してみてください。

私の場合は、給付期間は

「7か月」

のようです。
これはその方の勤続年数と、年齢によって違いますので、もし気になる方は調べてみれば、即わかります。

私としては、働きたいのですが、ちょっと今揺れ動いています。

下記の、記事にも書いたたのですが、自分の人生を見つめなおして、考える時間・

それもいいのですが、私の場合は夜勤と日勤の混在なので、体的にもうきついのですよ~~

夜勤専門ならまだしも、一週間のうちに夜勤と日勤が混在するので、この体調の復活が何とものろくなって・・

夜勤だけの、嘱託社員でもいいのですが、そうなると社会保険もなくなるし・・

今思案中です。

この年代でこの勤務は、もうないよな~~って今思っているんだな。

定年退職後の雇用延長の不一致とは?

上記にすでに書きましたが、働きたいという意思があっても、会社が認める雇用延長が

「嘱託社員」

だったとすると、私は社会保険が無くなる、不安定な雇用になります。

よしんば、それでいいとしても、継続雇用ならば、上記の失業保険の受給はできないですよね~~

さらに、夜勤と日勤の混在での

「体調管理」

の限界も感じています。
会社の方では、継続雇用(嘱託社員)が望ましいのでしょうが、私が失うものの方が、多いような気がします。

と色々考えた結果が、有給休暇を消化して、とりあえずはここでいったん切っておこうと。

定年退職後の社会保険(健康保険)はどうなる?私の再就職予定も紹介!

雇用保険をいただきながら、次の展開ですね。
自分としては、まだ働きたいとは思いますが、体調管理や健康面で、もし異常が出た場合は、軽いならいいですがそうでなかったら、あの時・・と思うかもしれませんから。

スポンサーリンク

定年退職後の失業保険受給と雇用延長の不一致のまとめ!

会社側の都合と、労働者・・要は働いてる側との、意見の一致ってなかなかないような気がします。

しかし、厳しい環境で働いてきたと思いますよ~~私は。

日勤と夜勤が、週内に混在するというシフトを、すでに12年間もやってきました。

この辺が限界かも・・だね。

人間ってどういうわけか、その節目の時期が近づいてくると、どんどんその件に関する意識が、高くなっていくような気がします。

なんでかな~~

って思うのですが、やっぱし意識がそこに行くから?

そういうことかな・・・多分。

「安い賃金で長く、希望通りのシフトで満足する労働の内容!」

これは雇用する側の論理ですが、反面私たちは

「高い給料で、少ない労働時間で残業もない!」

なんてね・・・でもこれはないな。

定年を機に、いろんなことをシュミレーションしてみていますが、いずれこんな感じに進んでいくと思います。

皆さんの定年は如何ですか?

定年退職時の有給休暇の消化はどうする?私の予定はこうします!

私の上記に書いたことは、あんまし参考にならないかな・・多分!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る