全米プロ選手権2018の優勝賞金や総額はいくら?コース歴史も紹介!

スポンサーリンク

全米プロ選手権2018の優勝賞金や総額はいくら?コース歴史も紹介!

毛越寺の大泉が池の初夏の風景写真

今週は「全米プロゴルフ選手権」(PGA Championship)が開催されます。
この大会が、2018年のメジャー大会の4試合目で、最終戦です。

メジャー第四戦目の、全米プロ選手権の2018年大会の賞金総額と、優勝賞金や開催コースの歴史や設計者などを紹介します。

この後は、「プレーオフシリーズ」に突入していきますが、これはもう少し先の話。
今週は、メジャー第4戦目の

「全米プロゴルフ選手権」

を楽しみましょう。
コースは、ミズーリ州にある1897年開場という、古きアメリカの超名門コースの

「ベルリーブ・カントリークラブ」(Bellerive Country Club)

です。

スポンサーリンク

期待はやはり松山英樹プロですが、最近は絶不調ですね~~
先週の「WGCブリヂストン招待」は、39位でしたし、その前の全英オープンはまさかの、予選落ち。

でも期待してますよ~~

全米プロ選手権2018の賞金総額や開催概要は?


(出典元:http://www.reesjonesinc.com/より引用)

文字通り、プロゴルファーの頂点を極める、今年2018年のチャンピオンを決める大会です。
昨年の大会では、松山英樹は一時首位に立つも、崩れてジャスティントーマスに敗れてしまいました。

メジャーの壁は厚いです。

そう簡単には、優勝させてくれないのわかりますが、期待してしまうのは、これは人情か。

全米プロ選手権2018の賞金内容と開催概要は?

下記です。

  • 正式名称:全米プロゴルフ選手権(2018 PGA Championship)
    大会主催:PGA(全米プロゴルフ協会)
    大会期間:2018年8月9日~8月12日(現地時間)
    賞金総額:1050万ドル
    優勝賞金:189万ドル
    開催コース:ベルリーブCC(Bellerive Country Club)
    (ミズーリ州)
    コース総延長:7316ヤード:パー70

*ヤーデージは当日の設定で変更の可能性があります。

開催コースの「ベルリーブCC」は、下記でも紹介しますが、全米でのメジャー大会の4大大会

  • 1:全米オープン
    2:全米プロ選手権
    3:全米シニアオープン
    4:全米プロシニアオープン

を開催してる、名門コースです。

写真を見る限り、すごいコースですね。

昨年は、優勝したのは「ジャスティントーマス」で優勝スコアは

「8アンダー」

で二位に2打差でした。
コースはクエイル・ホロー・クラブでしたね。


(出典元:http://www.reesjonesinc.com/より引用)

昨年の内容は下記で詳しく紹介しました。

全米プロゴルフ選手権2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

昨年の松山英樹のプレー内容も、紹介したのですが、一番下にリンクを張っておきます。
とても惜しい内容でしたが、とても最後のほうは見てられませんでした。

でも大健闘でしたね。

今年は雪辱に期待しましょう!


(出典元:http://www.reesjonesinc.com/より引用)

ベルリーブ・カントリークラブの歴史や設計者は?

では、開催コースの

ベルリーブ・カントリークラブ(Bellerive Country Club)

について紹介します。
HPに書いてることを要約してみます・・勿論翻訳ソフトで。

公式動画があったので張っておきます。
これ見ると、どんなコースかは一目瞭然かと。


(出典元:Bellerive Country Clubより引用)

ベルリーブ・カントリークラブの所在地情報や歴史は?

まずは所在地情報から。

  • 所在地:12925 Ladue Road
    St. Louis, MO 63141
    (314) 434-4400(ミズーリ州)

ミズーリ州のセントルイスというところのようです。

  • 開場:1897年に166人のメンバーで構成
    1910年:Bellerive Country Clubとして編成

コース名は、最後のフランス軍北米司令官の「Louis St. Ange De Bellerive」から取ったようです。

1955年:クラブを西に移動する。その時に設計を手掛けたのは有名な、ゴルフ設計家の

「Robert Trent Jones、Sr」(ロバート・トレント・ジョーンズ)

によります。

  • 1960年(メモリアルデーに): “Green Monster of Ladue” として再開場!
    1965年:全米オープン開催(USオープン)

この1965年時点で、USオープン開催コースでは、最も新しいコースでした。
優勝は、現在も健在の「ゲーリー・プレイヤー」で、この大会を勝って、プレイヤーはキャリアグランドスラムを達成しました。

この1965年のUSオープンは、ベルリーブ・カントリークラブで開催の、初めてのメジャー大会です。

  • 1992年:全米プロゴルフ選手権:優勝ニックプライス
  • 2005年~コースの改修工事を実施

この改修工事を行ったのが

「Rees Jones」(レス・ジョーンズ)

この方は、1955年にこのコースを最初に設計デザインした「トレント・ジョーンズ」氏の息子さんです。

すごいですね~~~
親子で、ゴルフコースの設計デザインで、しかもメジャーコースを。

コース設計家冥利に、尽きるのではないでしょうか?

大会参加資格などについては、上記の昨年の大会の内容で、紹介しました。
気になる方はそちらをご覧ください。

コースの写真は、すごくきれいなコースですね。

スポンサーリンク

全米プロゴルフ選手権の賞金や日程まとめ


(出典元:http://www.reesjonesinc.com/より引用)

賞金総額が1050万ドルというのは、すごい金額です。

しかし、WGCシリーズの先週の「ブリジストン招待」の賞金総額は、1000万ドルですから追いついてきましたね。

いずれ、高額賞金です。
このコースは2013年に「全米シニアプロゴルフ選手権」が開催されましたが、なんとその時にの優勝が

「井戸木鴻樹プロ」

が優勝。
そういえば、そうでしたね~~が、ここのコースだとは、いま改めて知りました。

今年は第100回の記念大会です。
100回といえば、日本の夏の甲子園も100回記念大会。

なんか、きずなを感じますね~~

ゲンがいいので、松山英樹プロは活躍するかもしれないですね。
期待しましょう。

松山プロの昨年の活躍は、下記で紹介しました。

松山英樹全米プロゴルフ選手権2017成績(戦績)速報!獲得賞金総額いくら?

メジャー大会となれば、いつも話題になるのは、キャリアグランドスラムです。

今年、この大会を制すれば達成・・いました・・ジョーダン・スピースです。

スピースの成績です。

マスターズ:2015年優勝
全米オープン:2015年優勝
全英オープン」2017年優勝

のこるは、全米プロのみ。
期待して見ましょう!

いつも思うのですが、3回もキャリアグランドスラムを達成している、ジャックニクラウスと、タイガーウッズのこの二人は、まさしく別格!

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!

となると、タイガーウッズのことは知りたくなるのは人情かと。

タイガーウッズの生涯年収と獲得賞金額は?ランキング順位もチェック!

すごい金額を稼ぎました。
しかも、現在進行中ですから、これもまたすごいです。

別格です!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る