降雪量と積雪量の意味の違いは?降った量の測定方法も調べてみた!

西行戻しの松公園の風景写真

降雪量と、積雪量の意味の違いを調べてみました。

全く違う意味なんですね。
大雪の予報などで一般的に、用いられるのはどっちなんでしょうか?

また降った雪の量の測定方法も、調べて見ました。

調べたら、なるほど~~と思った次第です。
関東地方や、都心でも雪が降って大変な時期もありますが、雪に難する警報や注意報をよく見て、寒い冬を乗り切っていきたいですね!

スポンサーリンク

良く天気予報で

「明日までの積雪は〇センチで注意が・・・」
「明日朝までの降雪量は〇センチで・・」

こういう予報を聞きますが、いったいどういう意味?

ということで、調べてみました。

降雪量と積雪量の違いは?

では、この降雪量と、積雪量はどんな違いが?

まずは積雪を図る際の規定について説明します。
概ね下記のような定義のようです。

積雪の量を測定する方法と規定は?

雪の量の観測は、地上から2~4mの高さのポールに設置した観測機器から超音波を下向きに送出して、雪面までの距離を測定する方法によって自動的に計測し、その場所に何cm雪が積もっているかの積雪量がわかります。
また、1時間前の積雪量と現在の積雪量の差が、1時間で降った雪の量(降雪量)となります。

(引用元:http://hp.otenki.com/378/より引用)

こういう規定のようです。


(出典元:https://weathernews.jp/s/topics/201711/290155/より引用)

こういう図のような測定方法のようです。
したがって

降雪量は:1時間前の積雪量と現在の積雪量の差が、1時間で降った雪の量(降雪量)

積雪量は:その場所に降った雪の量(積算)

こういうことかと。

降雪量というのは、1時間と言ってますが、これが例えば2時間であっても3時間であってもいいんだと思います。

が・・一般的に、1時間あたりに降る雪の量が、目安になるようですね。

例えばの例ですが・・
天気予報で・・

宮城県では現在の積雪が・・・〇メートルに達し・

これは積雪で、積もった雪の量のことを言ってるわけですね。

では次に

宮城県では明日の朝までに、〇cmの降雪が予想されます。

これは明日の朝までの時間を限定してますから、明らかに降雪・・降る雪の量の予報を言ってるんです。

この違いですね。
なんとなく理解しました・・ってわかったよ~~~

ただ一般的には、こんな区分けなんぞはせずに

「お~~今降ってる行きいつやむんだ?俺もう雪なんぞ要らん・・今週後なんぼ降るんだべ?」

こんな感じですね~~

我が家では、現在・・概ねこんな感じです。(えらいこっちゃで~~~)

もういらんど!!

大雪の意味と定義は?時期はいつが多いか調べてみたが今年はどうだ?

日本で指折りの積雪の記録は?

日本で一番雪が降るのはどこでしょうか?

さて・・
そこで調べてみました。
その年によって、降雪の量はもちろん違います。

しかしこのくらいのレベルになると、ランキングなんざ~~どうでもよくなります。

なんで?

桁外れだからです。
ある年の記録です。

1:青森市

ここは八甲田山を抱えていますので、とんでもない雪が降ります。
勿論市街地ではなく、住所が青森市です。

酸ケ湯温泉近辺ではないかと思います。

何と~~
「792㎝」
です。
驚きます。

2:札幌市

ここも市街地ではこんなに降りません。

山沿いも抱えてますから、その観測点での記録は

「485㎝」

です。

3:富山市

ここは黒部峡谷を抱えていて、この雪の壁はまさに絶景の観光資源。
とんでもない雪の壁の中を、観光バスで行くんだな~~

ここの量は

「363㎝」

です。

4:秋田市

ここも豪雪地帯でよく知られています。
横手市のかまくらは有名ですが、ここは秋田市です。

「271㎝」

です。

ということで主だった、所の積雪の量でした。
ある年ということで、見てくださいね~~

またこれ以外でも、雪は数メートルクラスは、どこにでもあります。
新潟も多いですよね。

いずれ、雪が多い地域にお住まいの方は、注意報や警報をよく見て、注意しましょう。

大寒とは二十四節気の時季はいつ?食べ物と行事でみる季節感!

**それと屋根の雪下ろしは、私も年に一回ほど行いますが、とても危険なので、命綱などは必ずつけて行いましょう。

**でも・・一番注意してほしいところの方は、普段降らない地域に、お住まいの方かもしれません!

スポンサーリンク

降雪量と積雪量の違いは?のまとめ!

積雪量と、降雪量の違いは、上記に紹介しました。

降雪量を測定する、仕組みも画像で紹介しました。

いろんな定義が、あるもんですね。

現在の累計の降雪量が積雪で、時間限定での雪の量が降雪量という解釈でいいかと。

これを理解していれば、もう少し天気予報の解釈も、正確にできるような気がします。

雪の降る量の予報を聞いていても、いったいなんのこっちゃ!

というのは、なくなりそうな気がします。

では君は知っていたの?

って言われそうですが・・正直正確にはやっぱし、知りませんでした・・(正直です・・ハイ・・)

これを見て、初めてなるほど~~~って思った次第です。
これやっぱし、私と同じで、ごっちゃになってる方多いんではないかな~~

なんて思った次第です。

しかし今年(2018年)は、関東で大雪でしたね・・

何センチだっけ?
確か都心で21㎝というのは、ニュースで見たな~~

私が住んでる、宮城県の山奥の僻地の一晩の量と同じ量が、一晩に降ったな~~

これはちょっと驚きです。

正確には忘れましたが、今から25年ほど前に、東京に社員旅行で横浜などを観光したんですよ~~

なんで冬に?

簡単です・・オフシーズンでバス旅行が、安かったから。

そしたらその時に、ちょうど都内で大雪に遭遇!

バスは、走れなくて、ギブアップ!

帰りは新幹線で、帰ってきました。
とんでもない社員旅行でした。

そんなことを思い出しました。

大雪の意味と定義は?時期はいつが多いか調べてみたが今年はどうだ?

まだまだ雪の予報が出てるようですから、皆さん大雪の注意報や、警報に注意して、備えてこの冬乗り切りましょう!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る