サドルバック型st上昇に危険な行為は深酒と暴食?定期健診5回目!

ブルガダ症候群のサ、ドルバック型心電図異常の、定期検診の内容の記事です。

会社の健康診断で、見つかった心電図異常での

「サドルバック型st上昇」

ですが、今回で定期検診も、最初の診察含めてから、5回目になりました。
アッというまに時間が、過ぎたような気がします。

何とか、私は「コーブ型」に変異せずに、無事でいます。
毎回、半年に一度の定期検診を、専門家で受けてますが、同じような方、いるのかな?

スポンサーリンク


私と同じ診断の方が、いらっしゃるならば、少しは参考になればうれしいです。

今回の5回目の診察の内容と、題名の

「深酒と暴食」

について、ちょいと書いてみようと思います。

サドルバック型st上昇の症状は深酒と暴食の関係はある?

私の、検診時の主治医は、一貫して同じ先生の方です。
若い方ですが、専門ですので、いろんな臨床も当然そこには集中して、先端医療の基幹病院ですから、来院するわけです。

この臨床を多く持っていないとやはり、命を任せるには、不安になることもあろうかと思います。

少なくとも私はそう思います。(病名にもよると思います)

そこで今回のテーマの

「深酒と暴食」

「ブルガダ症候群」の原因は何だ?

その先生曰く、詳しくは解明されてないんだそうな。
が・・しかし遺伝的なものが約

「2割」

ほどという病気で、あとの方については原因が、はっきりしていないようです。

では、後の8割に方には、何が原因するのか?

そこが私は知りたかったわけです。

そこでこの先生が、毎回何度も聞くのですが

「深酒」
「暴食」

です。
私は詳しいことは、わかりませんし、詳しくも言えません。

書いたことが、嘘になっては申し訳ないのですが、しかし・・この二つはこの先生は、疑ってるような、そんな雰囲気がします。

後は、ストレス性も疑ってるのですが、優先度は低いような、そんな気がします。

どうやら、この二つは、心臓にはかなり負担がかかるようですね。

特にお酒を飲みすぎると、鼓動が早くなったりするので、このサドルバック型から、コーブ型へ変異する(?)のかもしれません。

私の場合を考えると、悪くなるというのは、波形が今の現状のサドルバック型から、コーブ型への変化を言うと思いますので。

暴食もそうなんだろうと、私は解釈しました。

年二回の定期検診の内容は?

病院に行くと、即心電図を取ります。
後は初見で終了ですが、何せ混みます。

終わるのはいつも1時半ころです。

心電図自体は、10時半ころには終わるのですが、あとは2時間以上は、待たないといけませんが、まあ健康との取引ですから、ここは納得しています。

これを、4回繰り返してます。

え??

5回でないの?
って最初は、色々と精密検査で、24時間の心電図もとったりで、定期検査とは言えないので。

でもありがたいですね。
こうして健康で一応いますから。

なぜにブルガダ症候群にかかった?

さてなんでしょ?

先生に聞かれるのは・・

  • 1:環境の変化
    2:お酒
    3:暴食
    4:ストレス
    5:家族親戚

なんだな~~
じつはこの5番の、家族や親せきが、やっぱし遺伝なので、よく聞かれます。

私の親戚や家族では、ぽっくりいった方は、いないんですよ~~

なので私が、たぶん初めてだと思うんです。

では、なんで自分はブルガダ症候群に?

以前も書きましたが、私は11年ほど前に転職で、夜勤の仕事に。
日勤と、夜勤を繰り返すのですが、これがどうも悪いんでないかな~~

夜勤の健康リスクと睡眠時間の関係は?シフトサイクルを考えてみる!

しかも、当時の仕事は夜勤の時はなんと・・

「24時間の勤務」

夜の仮眠時間は「未払い」。
昨年から強硬に会社に主張して、その分を勤務時間に、繰り入れてもらいましたが、時すでに遅し・・だったかもしれませんね。

環境の変化は、これかもしれません。

しかし、誰もこれがはっきりとした原因とは、言わないと思います。

主治医の先生も

「それだったら、夜勤やってる人全員なってるんでない?」

だよな~~
って・・まして、医者の先生方は、夜勤はつきものですしね・・

然し、私にはこれしか思いつきません。

はやく辞めたいのですが、あと1年は家のローンがあるので、辞めれないですね。

頑張りますよ!

スポンサーリンク

サドルバック型st上昇定期健診5回目のまとめ

気を付けること。

1:深酒
2:暴食

だな。
これに気を付けて、また半年元気で働きますよ~~

今度の検査は、また来年の5月です。
半年に一回なので。

皆さんここにいらっしゃる方は、もしかしたら私と同じ症状の方かもしれないですね。

主治医の先生によっては、また言うことが、違うかもしれませんが、しかし医師の方は信頼しましょう。

私は、全面信頼しています。
とても、ありがたいです。

このサドルバック型の症状は、若い方や中年層の方が多いようで、私のような60代の方は、少ないようですね。

なので私の場合は、変異しないのかもしれません。

「変異というのは多分何かのきっかけだ!」

そんな意味のように取りました。
私の生活の中で、何かを狂わせるような、体にダメージを与えるような、そんな行為は禁物ですね。

運動も、軽めがいいような、気がします。

皆さん、健康で暮らしましょうね!!

サドルバック型st上昇は酒飲んでダメ?不整脈は麻酔が危険らしい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る