インフルエンザ発症の出席停止の期間を文部科学省の指針で見てみた!

インフルエンザ発症した場合は、会社や学校を何日休めば、出席していい?
文部科学省の指針から、見てみたいと思います。

インフルエンザの感染で、発症した方の数がすごい人数で、300万人を突破しそうな勢いです。

これは、過去最多の推移なんだそうな。
学校が学級閉鎖に追い込まれて、此れでは授業にならないです。

ところで、インフルを発症した場合は、いったい何日学校を休めばいいのでしょうか?

勿論、これは大人の会社でも、あてはまるかと。

さて??何日休めばいい?

スポンサーリンク

インフルエンザを発症した場合の

「出席停止期間」(学校)
「出勤停止期間」(会社)

はいったい何日休めばいい?
それとも症状で、区分けしているのか・・・調べてみました。

インフルエンザ発症の出席停止の期間の文部科学省の指針は?

しかしすごいです~~
もう、どこにも行きたくないですね。
じっと家でこもっていたい気分ですが、しかしそうもいきませんから、会社にはいきますが、マスクは必須!

文部科学省の何日休めばいいかの指針は?

調べてみたら、文部科学省が明確な指針を出しているんですね。

これわかりやすくていいですね。
私も、この指針には賛成です。

ではどんな指針?

引用します。
画像付きなので、スクリーンショットで、引用させていただきました。


(出典元:https://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/_より引用)

読んでみると明解かと。
最初の発症した日は数えないんですね。

次の日が一日目です。

それからポイントが、次の項目かと。

「解熱した後二日を経過した後・・」

この解熱って、基準があいまいだな~~とは思いました。

まあ・・一週間ですね。
このくらいは、休んでもらわないと、いけないわけです。

それを押して、会社に出勤したり、学校に出席すると、また別な問題になるようです。

これはまた別件で。

私が昨年インフルを発症した例!

残念ながら、私は昨年インフルエンザを発症して、会社を10日間休みました。

「10日」

とは長いんでない?

そう思ったのですが、何せ会社に行って、また同僚に感染したらどうしよう?

そういう思いが強かったんです。

発症の日は、朝の出勤時。
車を運転していたら、なんかどんどん熱が出てくるのがわかるんだよね。
次に寒気。

えらいこっちゃ~~の、雰囲気を感じて途中で会社に電話。

「調子悪いので病院に行く!」

行ったら、速攻でインフルの診断(A型)

タミフル貰って家帰って、孫に移したらえらいことなので、座敷牢に隔離!

一日三度の飯は、部屋の外まで妻やおふくろが運んで、私は座敷牢!

風呂も一番最後。
なるべく出歩かない。
家では全くの隔離状態で、ほぼ一週間。

5日目を過ぎて、ほぼいいかな??

会社行っていいかどうか聞きに、また医院に行ったのですが・・

熱は確かに下がったが、まだ37度台で、完全ではないんだな~~

ってことは、俺はもしかしてインフルの菌保有者か?

なんて勝手に思ったりして・・そこでそこからさらに4~5日休んだ。

なんで俺インフルにかかった?予防策は?

原因色々考えた。
次の対策を、今年は打ちました。

  • 1:インフルの予防接種
    2:手洗いをする
    3:うがいもする
    4:人が密集するところに行くときはマスク着用

この4つを、気を付けてやってます。
1は、12月の初めに接種しました。

後は普段の、注意点ですね。
今日もテレビで、お医者さんが手洗いとうがいの、重要性を強調していました。

後は、冷水での緑茶がいいそうですね。
これを推奨する、お医者さんもいましたよ~~~

スポンサーリンク

インフルエンザ発症の出席停止の期間のまとめ!

文部科学省の指針は、学校向けですが、ある意味社会人の会社員の場合も、これに充てはまると思います。

インフルエンザに感染、発症したのを自覚して、学校や会社に出勤、出席したらこれはまた別な意味で、かなり問題です。

そういう迷惑行為は、絶対にやめましょう!

ある意味、そういうおじさんたちが、もしかしたら感染を広めているのでは?

そういう論調もあるようですから!

インフルエンザ流行の原因は風邪で会社を休まないおじさんてホント?

しかし、私の身近でも学校の閉鎖で、2歳の孫は、支援センターに行けないんだな~

無料の、市の制度ですが、お友達と触れ合う機会なんですが、豆まきは中止になったそうです。

皆さん・・手洗いがうがいはやってますか?

こんな小さなことが、インフルエンザの予防に役立っているんですね・・認識を新たにした私でした。

早く収まればいいな~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る