WGCデルマッチプレー2022の優勝賞金や総額は?コース歴史や設計者は?

カズノリ イケダの仙台駅の場所
「WGCデルマッチプレー2022」の優勝賞金や賞金総額に注目。

  • ・マッチプレーのルールと出場資格。
    ・大会の日程やスポンサー紹介。
    ・開催コース「オースティンCC」歴史と設計者紹介。

WGCは、年度4試合で本マッチプレーは3戦目。

 

スポンサーリンク

 

WGCデル・マッチプレー2020の開催概要と優勝賞金や賞金総額は?

WGCデルマッチプレーイメージ

昨年の優勝は「ビリー・ホーシェル」で、優勝スコア・・・と言うことはないんですね。
二位は「スコッティ・シェフラー」で、スコアと言うか決勝は

「2&1」

での決着でした。
これは、1ホール残して2ホールの勝ち越しなので、ここで勝負あった!
と言うことですね。

WGCデル・マッチプレーの優勝賞金や日程などの開催概要!

以下のようです。

  • 大会正式名称:WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー(WGC-Dell Technologies Match Play)
    運営:PGAツアー、ヨーロピアンツアー
    主催スポンサー:デル
    開催日程:2022年3月23日~3月27日
    賞金総額:1,200万ドル
    優勝賞金:182万ドル
    開催コース:オースティンカントリークラブ(テキサス州)
    Austin Country Club
    ヤーデージ:7,108yd パー:71

*ヤーデージは昨年のデータです。

と、こんな内容のようです。
賞金総額は、1,200万ドルで素晴らしい金額です。
昨年は「1050万ドル」なので、150万ドルのアップ。

*優勝賞金ですが、賞金額がアップした分多分ですが
「204万ドル」
位かな~~と。(未発表のようなので)

マッチプレーと言うのは、どうやら世界ランキングが上位だから強い・・いえいえ・・決してそうではないようです。
1昨年優勝の「ケビン・キスナー」は、ランキング「50位」のプロでの優勝です。

勝負ですから、ストロークではないですから、一ホール一ホールが勝負なわけです。
かつて、タイガーウッズも、なかなかマッチプレーは勝てませんでした。

スポンサーリンク

WGCデル・マッチプレー2022の出場資格とルールは?

WGCデルマッチプレーイメージ

かつて、ゴルフでの勝負の歴史を考えると、ストロークではなく

「マッチプレー」

でした。

WGCデル・マッチプレー2022の出場資格とルールを調べてみた!

さて、WGCの第三戦の「WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー」ですが、出場資格は以下のようです。

  • 1:世界ランキング64位以内
    2:辞退者が出た場合はランキング繰り下げで、64人まで出場できる

こういうようです。
試合にはシードの制度があるようですが、必ずしも有利に働くことはなさそうですね。

なぜなら、この試合は、マッチプレーであって勝負は「ホールバイホール」ですから。

ルールは以下のようです。

  • 1:1組4名で16組の編成
    2:最初の三日間は総当たり
    3:1位の実のノックアウト方式
    4:1位の勝ち星が同じ場合はサドンデスのストロークで勝敗を決める
    5:最終日に、決勝を行う。

こんなようなルールです。
勝負ですな~~って思います。

スポンサーリンク

オースティンカントリークラブの歴史!現コース設計者はピート・ダイ!

 

WGCデルマッチプレーイメージ

開催コースの

「オースティンカントリークラブ」(Austin Country Club)

について、歴史や設計者を紹介していきます。

歴史などは以下のようです。

  • 所在地:テキサス州オースティン
    設立(開場):1899年(テキサスでは最も古い)
    設計者:ルイス・ハンコック(当初)
    しかし1949年東オースティンのリヴァーサイド・ドライヴに引っ越し。
    1984年に現在の場所に引っ越して、今に至るようですね。
    引っ越した以上は、元のコースはどうなった?

って思いますよね~~
そして、現在のコースの設計は‥鬼才

設計:ピート・ダイ

によります。
コースは、オースティン湖を一望できる絶景!

しかも、フロントナインとバックナインで全く別物!

  • フロントナイン:丘をイメージ
    バックナイン:低地でオースティン湖をイメージ

素晴らしいコースです。(写真で見る限り)

マッチプレーもいいのですが、世界の難コースとデザインを見るのも楽しみの一つかと思います。

・・・・・・・
関連記事

同じくピートダイ氏が設計した、有名コース!
世界ランキングが60位にランクされています。(ゴルフマガジン2017年版)

TPCオブ・ソーグラスと設計者ピート・ダイのザ・プレーヤーズ選手権!

パインバレーは世界ランキングはいつ見ても1位です。

パインバレーGCの設計者や歴史秘話は?世界一位で一番難しいコース!

この誕生秘話を紹介しました。

・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

WGCデル・マッチプレー2020の見どころと感想!

WGCデルマッチプレーイメージ

WGC(世界ゴルフ選手権)

は、年に4試合開催されます。

  • 1:HSBCチャンピオンズ
    2:WGCメキシコ選手権
    3:WGCデルマッチプレー
    4:WGCフェデックス・セントジュード招待

です。
デルマッチプレーは、第三戦です。

WGCで、唯一の、マッチプレーです。

ゴルフの試合は、もともとはマッチプレーでした。
賞金を懸けて、オールドトムモリスや、プロ第一号と言われる、「アラン・ロバートソン」は活躍していた時代の主流は

「マッチプレー」

だったわけです。
その後、全英オープンが発祥した時点からは、ストロークが主流になっていったようです。

しかし、4大メジャーで唯一

「全米プロ選手権」

だけは、1957年まではマッチプレーだったんだな。

年間のグランドスラムを達成したのは「ボビージョーンズ」だけです。
しかしその時代はメジャーの定義が今とは違います。

すべてストロークで、当時「全米プロ選手権」はありませんでした。

唯一、年間グランドスラムに近かったのは

「ベンホーガン」

かと思います。
マスターズと、全米オープンと全英オープンと3連覇!
しかし、PGAチャンピオンはマッチプレーでしかも、全英の日程からして、無理・・移動が不可能だったようです。

タイガーウッズは、全米オープンから翌年のマスターズまで4連覇!
しかし、年をまたいだので‥年間グランドスラムにならず

しかし敬意を表して「タイガースラム」となずけられました。

こうやって考えると、マッチプレーとは斯くして勝負の世界!
別格かと!!

見どころはなんといっても

「松山英樹プロ」

今季は「ソニー・オープン・インハワイ」で一勝。
そしてマスターズは「デフェンディングチャンピオン」
注目しましょう!

・・・・・・・・・・・
関連記事

ゴルフ予約は楽天がお得です。

楽天GORA

渋野プロの使用するサングラスは、松山英樹使用とメーカーは同じようですね。
とても人気です。

渋野日向子使用サングラスのメーカーと価格と購入先は?松山と同じ?

さて・この時期までいくら積み上げているかな?
期待していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る