キングスミル2018の優勝賞金と賞金総額や開催コースの設計者は?

キングスミル選手権2018が、US-LPGAのツアーで下記に紹介する日程で、開催されます。
賞金総額や、優勝賞金の配分、開催コースの歴史や設計監修者はだれか?

名匠の方ですね~~

「キングスミル選手権2018」

の開催概要を紹介します。

日本から出場の「畑岡奈紗」プロには期待です。

前回のLPGAのツアーでは、ベストテンに入ってるので、今年はちょっといけそうな予感がしますし、もともとは実力のあるプロなので、何かのきっかけがあると、一気に爆発しそうな予感がします。

開催コースは、アメリカのバージニア州の

「キングスミル・リゾート リバーコース」

で、アメリカのコースによくある「リゾート」です。

スポンサーリンク

LPGAも、今年も始まったな~~と思ったら、早いものでもう5月です。

これからメジャー大会も目白押しで、楽しめますよ~~~

ゴルフ好きには、いい季節です。

キングスミル選手権2018の日程や賞金額などの開催概要は?


(出典元:http://www.golftourusa.com/america/より引用)

US LPGAツアーも今回の

「キングスミル選手権2018」

で早くも12試合目になるようです。
中盤に際かかろうという、そんな位置かと。
ここらへんで、賞金を積み上げておかないと、後半楽に戦えるかどうか、かなり違ってくるかと。

では開催概要を見ていこうと思います。

キングスミル選手権2018の開催概要は?

下記のようです。

  • 大会正式名称:Kingsmill Championship(キングスミル選手権)
    大会日程:5月14日~5月20日(現地時間)
    賞金総額:130万ドル
    優勝賞金:19万5000ドル
    開催コース:キングスミル・リゾート リバーコース
    ヤーデージ:6,475ヤード・パー71

*ヤーデージは当日の設定で前後するかもしれません。

賞金額は、昨年と同じようです。
しかしいつも思うのですが、男子のPGAとは、雲泥の賞金格差!

う~~ん・・と思うのです。

昨年は「レキシー・トンプソン」の完全優勝でした。

優勝スコアは「20アンダー」というトンデモスコアでした。
しかも完全優勝という、そんなおまけまで。

2位とは5打差という圧倒でしたね。

このツアー競技は、もともとはいったん、中断されていた大会なのですが、2012年に復活して、当初は9月の開催になっていました。

2014年からは、今の時期(5月開催)に変更になったようです。

開催場所はバージニア州の「キングスミル・リゾート」という一大リゾート。

なんでもありのリゾートで、ちょっと見てみたのですが、すごいですね。

では次に、開催コースを見ていこうと思います。

・・・・
PGAツアーでの勝利数の一番多いプロは誰?

PGAゴルフ勝利数ランキングで一位は誰?タイガーと二クラウスの差!

ランキングでまとめてみました。
・・・

キングスミル・リゾート リバーコースの設計者や歴史は?


(出典元:http://www.golftourusa.com/america/より引用)

所在地情報について。

HP見たのですが、英語表記でさっぱり・・

「1010 Kingsmill Road, Williamsburg, Virginia 23185」

これであってるのかな??
間違ってたらスイマセン。

いずれ、バージニア州の「ウィリアムバーグ」(Williamsburg)というところに位置しているようです。

コースの設計監修は、あの有名な

「ピート・ダイ」

です。
先週開催の、ぷいれーやーず選手権の舞台の

「TPC・ソーグラス」スタジアムコース

の設計でも有名な方で、数々のツアーコースを多掛けている、名匠です。

世界ゴルフコースランキングに、ランクインするコースも多数あって、文字通りの超一流!!

しかし、このリバーコースは、もともとはほかの方の設計だったようですね。

HPによりますと、

ジェームス川の静かな紺碧の海に囲まれたこの有名なチャンピオンシップコースで、ピート・ダイの努力のおかげでコースは生まれ変わった!

と・・記されています。


(出典元:http://www.golftourusa.com/america/より引用)

ちょっと・・歴史を調べてみたのですが、どうも情報はありませんでした。

がこんなコースなので、写真は張っておきます。

スポンサーリンク

キングスミル2018の賞金額や開催コースのまとめ

西海岸から東海岸に向かって行って、いよいよ舞台は「バージニア州」に来ました。

このツアーの舞台も、転戦していきますから、そういった意味での見どころも有ろうかと思います。

LPGAではちょっと、珍しいかな~~という

「パー71」

の設定コースですが、素晴らしいリゾートのコースですね。
ここにはもう一つ、コースが有るようです。

チャンピオンコースの設計デザインは有名な名匠

「ピート・ダイ」

氏です。
数々の名門コースを手掛けた、名匠のコースをテレビでも楽しめるのですから、これもいいことですね。

ズバリ見どころは?

やっぱし、「畑岡奈紗」プロ。

彼女のプレーに注目かと。
最近、LPGAではちょい、調子は上場気味。

この際ですから、優勝は難しくても、ベストテンは入っていただきましょう!

応援してるよ~~

・・・・
歴史的なゴルファーで、タイガーウッズの記録は、群を抜いています。
そのタイガーウッズの記録などをまとめてみました。

タイガーウッズの今と伝説的な成績・勝利数と生涯獲得賞金の総額は?

今年2018年は、タイガーウッズの復活元年かと。
・・・
私は以前の会社では、接待ゴルフ要員でした。
数々の接待ゴルフに携わって、感じることを書いてみました。

接待ゴルフの必要性と心得となぜ必要か?経験則から振り返ってみる!

読み物として、興味のある方はどうぞ。
読まれる方は、軽く(軽い意味で)読んでくださいね~~
・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る