走行税の内容と税額はいくらか予想してみた!EV乗れば課税の時代?

EV車に今度は「走行税」なる税金が、課されるかも?

課税の理由は、ガソリン税などの揮発油税が激減するから。

確かに環境にやさしい車で、クリーンなEV車ですが、ガソリンを消費しないと、なるほどお国は逆に困るんですね。

日本は特に、この揮発油税なる税率は結構高いですから、税収減を直撃!
かもしれないな~~

スポンサーリンク


しかし最近は、年末になると税金のお話って、節なものなんでしょうか?

サラリーマンの所得税の増税や、たばこの税額アップや出国税や・・扶養控除見直しとか・・もろもろの、増税一直線的な話題が、目白押しのような印象があるのですが、そう感じるのは私だけ?

じゃあないよね!

現在のガソリンなどの揮発油の税額はいくら?

そもそもこの揮発油税なるものの、最初の導入時の理由は

「新たな道路の開設や、傷んだ道路の修理などの活用」

こう私は覚えているんですが、間違ってないかな?

このガソリンなどに、課された税金で、道路の補修などを行っているんだと、理解しています。

国土交通省の予算に回るのかな・・多分。

確かに無くなったら、これは修理できないし、新たな道路の開発も、高速道路の新規路線も、無理かも!

確かにこれも困るな。
なのでまた新たな税金で、何かの名目で国民あまねく課税!
これはまた、もっと不公平感が高まってまずそうです。

なんで?
車に乗らない方、いっぱいいますから。
となると、やっぱし乗って道路は知ってる方なんだな~~

現状の揮発油税の額と収入はなんぼ?

では現在の税収と揮発油税の税額を、下記に記します。

ガソリン1リットル当たり:53.8円
なんだそうな。

約半分が税金なんだな~~
えらいこっちゃ!

んで、これで計算して、ガソリン以外にも灯油や軽油や重油などの税金、すべての合計は

何と~~:約2兆4600億円

になるんだと。

世界中のガソリンなどん揮発油税の税金はどうなってる?

例えば、日本エネルギー経済研究所の試算では、現在のOPEC傘下の35か国の揮発油税の税収は

「3700億ドル」

っていいますからすさまじい金額。
で・・車はどうなっていく?

2030年:30%がEVやFCV
税収:27%減収(2700億ドルに落ち込む)

2050年:80%減収(790億ドルまで落ち込む)

これはすごいですね。
2050年には、ガソリン車の新車販売は、なくなる予想です。

日本の今の税収は

「約2兆4600億円」

ですから、2050年には2兆円が吹っ飛んで、税収の予想はたったの

「4000億円ほど・・」

これはちょっと焦るね・・・やっぱし。

2030年ってすぐそこだけど、そこでも約3割近く減るんだ・・
その時点で、日本でも税収が

「7000億円」

ほど減る勘定ですね。

すごいね・

影響を受けるのっぴきならない企業は?

やっぱし、スタンド業界だな。
これどうすんだろ?

それと、エネルギー業界も、将来減る一方なんだから、何か業種に対する対策をしっかり考えていかないと、無くなりそうな予感がする。

ますます再編や、効率化が進むな・・・多分。

走行税の課税額はいくらか大胆予想!

予想て・・俺できるかな?

って思ったのですが、勝手にやってみました。

まず根拠は「約2兆4600億円」これを、維持しないといけません。

となると、それに見合う税額を、はじかないといけないですよね~

課税方法は、主に三つかと。

車購入時に課税する

昨年2016年の新車販売台数は

「507万7904台」

だそうです。
この車に、上記の税金「約2兆4600億円」分を、課税するわけです。

1台なんぼになるんだろ?

「425676円」

のようです。
条件は税収すべてを昨年(2016年)の販売台数で、割るとこうなるようです。

でもこれはちょっと・・乱暴ですね。
現在でも、自動車取得税、自動車重量税があるのですから、買う人いなくなる?

やっぱし、こちらの取得税関連を、ちょい挙げて、走行に見合う税金ということが、公平かもしれないです。

走行距離に応じて税金を徴収

しかし、走行税ですが、この走行距離に応じて・・
走った分を支払うのはいいですが、しかしどうやって徴収や判断?

後で一括なんて、高額なったら払えないしね~~
(一番下で自分の走行距離の例で計算してみました)

電気充電スタンドでの課税やFCVガスに課税

これが一番いいのでは?
此れなら、ガソリンスタンドも異業種で参入しやすいかも。

いずれ、充電インフラは早急な課題かと。
まして、ガソリンのように数分で終わるものではないですし、ものすごい数で渋滞するかも。

あ~~でも家で充電されたら、課税できないな~~

これも困った・・・ですね。

スポンサーリンク

走行税とはどんな税金でいくら課税か予測のまとめ

2050年には、消費税1パーセント分の約「2兆円」と飛んでしまうという、EV化の流れ。

然しこれは、世界の流れで、止めることはできそうもないですし、もちろんそうなっていかないと、地球環境も持たないかもしれません。

しかし、産業インフラのこれは1大転換かと。

石炭から、石油に・・炭からガスに・・電気に。

いろんな産業構造の変化でも、生き残ってきたし、その産業の転換を、商機にしてきた強者が、日本にも世界にもたくさんいると思います。

さて、どんな社会になってていくんでしょうか?

税額を予想してみましたが、中々私の頭では、難しいです。

でも基本は上記の三つかと思います。

  • 1:車にかける税金
    2:走行距離にかける税金
    3:充電電気や水素ガスに課税

この三つかと。
今言われているのが

「走行税」

ですから、2番ですね。
然しこれどうやって、課税のかな?

車検の時に一括?

それなら・・税金53.8円/リットル
燃費10㎞/リットルで計算。

1キロ当たりの税金は

「5.38円」

ですね~
車検時に私の場合ですが、走行は年間約2万キロ。
ですから車検時には4万キロです。

なので

4*5.38=215200円

だ~~
これ車検の時に一括で払え?

ざけんでね~~ど~~

ってなるよね。
事績分割で、次回車検までに、24回分の切符が納付・・

なんて、シャレにならないね。

なんかこれありそうな予感がする・・

例えば、燃費を20キロに見れば、半分だもんね・・

皆さんどう思いますか~~

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る