ブリヂストン招待選手権2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

WGC-ブリジストン・インビテーショナル2017が、8月3日に開幕します。

ここでは、開催日程などの概要や、優勝賞金や賞金総額などを紹介しようと思います。

併せて、コース(ファイヤーストーンカントリークラブのサウスコース)も、紹介します。

WGC-ブリジストン・インビテーショナルは、今期2017年の世界ゴルフ選手権(World Golf Championships)の、第3戦目にあたります。

松山英樹は、当然参戦予定です。

自分なりの、見所なども書いてみようと思います。

スポンサーリンク

見所を最初に、少しだけ書いてみようと思いますが、やはり全英オープンで優勝した

「ジョーダンスピース」

に注目ですよね~
全英で使用した3番アイアンは、今回はコース的には厳しいので、飛距離重視のウッド系のUTに変更してくるかも、ちょっと注目してみようと思います。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

ブリヂストン招待選手権2017の概要と賞金総額は?

ブリヂストン招待選手権。
正式には

「WGC-ブリヂストン・インビテーショナル2017」

というのが正しいのかな・・・多分
開催概要は下記のようです。

  • 大会名称:ブリジストン招待
    「WGC-ブリヂストン・インビテーショナル2017」
    主催:PGA
    スポンサー:ブリジストン
    日程:8月3日~8月6日(現地時間の四日間)
    賞金総額:975万ドル(2016年950万ドル)
    優勝賞金:1666000ドル(2016年162万ドル)
    フェデックスカップポイント;550pt
    開催コース:ファイヤーストーンカントリークラブ(サウスコース仕様)
    ヤーデージ:7400ヤード パー70

*ヤーデージは、当日のティーの設定で変わる可能性があります。

結構な金額です。
まあ・・WGCですからね。・
これは「インビテーショナル」(招待)形式なので、出場資格は厳格です。

世界の上位選手でしか出場できません。

出場資格は下記に紹介しますが、基本世界ランキング上位(50位)以内でないと出場はできないようです。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

WGC-ブリジストン・インビテーショナル出場資格は?

ブリジストン招待(WGC-ブリジストン・インビテーショナル)の出場資格は、次のように定められているようです。

  • 1:ライダーカップ2016の出場選手
    2:2017年7月24日時点の世界ランキング50位以内
    3:2017年7月31日時点の世界ランキング50位以内
    4:前シーズンのブリヂストン招待終了後の1年間に”International Federation of PGA Tours”のフィールドの強さが115ポイントをこえる公式戦での優勝者
    5:指定されたトーナメントの優勝者

わかりやすいですね。
まあざっぱに言うならば、世界ランキング50位以内、もしくはツアーの優勝者であること。

指定されたトーナメントというのは、PGAツアーではなくて、例えば日本の

「ブリジストンオープン」

のような大会優勝者ですね。(小平智プロ)

この資格で出場資格を有する、日本のプロは下記のようになってるようです。

  • 1:松山英樹
    2:小平智
    3:谷原秀人

あんりゃ~~3人しかいなさそうです・・さびしい~~

この厳格にあって、出場者の絞り込まれてるのは、多分私の予想では、このWGC招待の歴史に関係していると思います。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

ブリジストン招待(WGC-ブリジストン・インビテーショナル)の歴史は?

さかのぼること今から40年ほど前の

「1962年」

メジャー大会優勝者による、「トーナメント」としてスタートしたとあります。

1962年の出場者は、「ジャックにクラウス」「アーノルドパーマー」ゲーリープレーヤー」のたったの3人での開催でした。

さてその1961年当時の、メジャー選手権の優勝者というと、そうなるのかもしれないです。

この3人のうち、グランドスラム達成していないのは、以外にもパーマーのみです。

第一回はこの3人で、36ホールを争ったとあります。

基本3人なのですが、メジャー大会はご存知のように

  • マスターズトーナメント
    全米オープン
    全英オープン
    全米プロ選手権

の4大会ですから、基本4人での大会だったのですね。
然し一人が複数回優勝すると、人数が4人にならないので、補欠でカナディアン・オープンやウェスタン・オープンの優勝者が、出場した年もあったようです。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

しかしこの形式は1975年に終了。

「1976年」

からPGAの正式競技に、組み込まれました。
そして通常のPGAの正式競技よりも、1ランク上の現行の方式になったとあります。

1984年から日本の「NEC」はスポンサーで

「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」

でスタートして正式に1999年から「WGC」の大会に指定されます。

この「WGC」という位置づけは、メジャーに次ぐ、真の意味でのチャンピオンを決める大会!

そんな位置づけです。

2006年からは、スポンサーが

「ブリジストン」

に交代して、現在に至ります。

コースは「ファイアーストーンカントリークラブのサウス(南)コースを使用してきました。

この大会の最多優勝者は「タイガーウッズ」で何と

「7回」

も優勝しているんですよ~~
すんげ~~

スポンサーが日本企業なので、日本での開催を切望しているようですが、何せ日程の都合上無理のようです。

手か・・その前にコースがメジャー仕様にならないだろう!!
と私は思いますが・・・如何でしょうか?


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

ファイアストーンカントリークラブってどんなコース?

ファイアストーンカントリークラブ・サウスコースの歴史

まとめると次のように、紹介されています。

  • 開場:1929年
    コース設計:バートウェイ
    コース改修:1960年:ロバート・トレント・ジョーンズ・シニア
    ホール数:18ホール
    ヤーデージ:7400ヤード
    芝フェアウェイ:ベントグラス
    芝グリーン:ベントグラス
    コースレーティング:76.1/132
    •デザイナー:Bert Way / Robert Trent Jones Sr.

コースのHPでは、このように紹介されています。

コースの写真は、随所に張っておきますので、ご覧ください。
こんなコースです。

すごいね!!

ファイアストーンカントリークラブ・サウスコースの名物ホール

ここの名物ホールはなんといっても

「16番」

のロングホール。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/news/pgaより引用)

あだ名はそのものずばり「モンスター」

なんで?

パーマーが1960年の、このコース開催の「全米プロ選手権」で、このホール何とまさかの

「トリプルボギー」

んで・本人が「モンスターと名付けたということのようです。

ではこのホールどのくらいの名にどかというと、2012年時点のデーターですが、過去27年間の平均スコアが

「5.058」

なんだそうな。
この数字は、難易度で、なんと~~

「11番目」

なんだそうな。
結構なもんですね。

ホールレイアウトはこんな感じで、写真はこんな感じのようです。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

過去のデーターですが、2015年の本大会の平均スコアは

「70.968」

で、オーバーパーなんですね。
世界のトップ50が集まって、アンダーパーでないんですね。

ちなみに2015年のツアーでも7番目にスコアの悪かったコース(難易度が高かった)のようです。

スポンサーリンク

ブリヂストン招待選手権2017のまとめ

一応上記では紹介しましたが、再度概要を下記に記しておきます。

  • 大会名称:ブリジストン招待
    「WGC-ブリヂストン・インビテーショナル2017」
    主催:PGA
    スポンサー:ブリジストン
    日程:8月3日~8月6日(現地時間の四日間)
    賞金総額:975万ドル(2016年950万ドル)
    優勝賞金:1666000ドル(2016年162万ドル)
    フェデックスカップポイント;550pt
    開催コース:ファイヤーストーンカントリークラブ(サウスコース仕様)
    ヤーデージ:7400ヤード パー70

です。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

日本からは松山英樹、谷原秀人、小平智が出場するようです。

通年で4大会ある「WGCシリーズ」の第3戦です。

松山英樹プロには、ぜひ全英と、全米オープンの雪辱を果たしてほしいですね。

コースは長く難易度の高い

「ファイアストンカントリークラブ」のサウスコース。

コースの紹介も上記で行ったので、参考にしてください。
綺麗なコースですね。

やはり古さと伝統という意味で、オークモントやバルタスロールのような印象を受けてしまいます。

ちょっと、リビエラにも似てるかな~~なんて、自分で勝手に思ったりしました。

所で・・

先週の全英オープンの、ジョーダンスピースの13番のアイアンショットを見ていたら、なんとなくゴルフって人生だな~~

なんて思いました。

まっすぐにコースなりに行く人生もあれば、へましてまずいことになっても、きちんとゴールに向かう道って、ちゃんと用意されてるんですよ。

何となく、そういうのを教えられたような、あの一打でしたね。

皆さんどんな印象を持ちましたか~~

関連リンク

松山英樹ブリヂストン招待2017成績(戦績)速報!獲得賞金総額いくら?

全米プロゴルフ選手権2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!

コース予約は楽天GORA

ブリジストン招待の、松山英樹の内容を自分なりに適当に書いてます。
累積の獲得賞金額も、紹介しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る