大鶴基成弁護士の学歴や弁護経歴は?地検(検察)退職理由を調べた!

鳴子ダム荒尾湖の紅葉写真の風景

元、東京地方検察庁特別捜査部長(東京地検特捜部長)という、聞いただけで超ビッグな方で、少し後ろめたいことがある方なら、震え上がるような肩書だった方です。

今は弁護士ですが、今話題のカルロス・ゴーン会長の、弁護人を担当するということで、超ビッグなニュースです。

大鶴弁護士の、学歴やどんな経歴の持ち主なんでしょうか?
また、代表的な事件の担当捜査や、弁護士での代表的な担当事案での、手腕の評価などを調べてみました。

所属弁護士事務所も紹介しますが、所属事務所の得意案件に、今回問題の

「金融商品取引法違反」

という案件があるようです。
この部分を担当しているのかな???多分!

いずれ今後、話題になってくる方だと思います。

スポンサーリンク

スカスだ‥私らには、考えられないような金額の事件があるもんなんですね~~

信じられないようなお金を、個人で右から左に・・そういう立場になると、どうってことはないのかな‥多分‥そうなんだな・・・多分!

予測しかないですが。

大鶴基成弁護士の学歴や出身地のプロフィールは?

泣く子も黙る??
東京地検特捜部長だった、大鶴基成弁護士の学歴や出身地のプロフィールを紹介します。

大鶴基成弁護士の学歴などのプロフィールは?

凡そですが下記です。

  • 名前:大鶴 基成(おおつる もとなり)
    出身地:大分県佐伯市
    誕生日:1955年3月3日
    学歴
    中学・高校:ラサール
    大学:東京大学法学部卒業
    1980年4月:東京地方検察庁検事任官

とこういう学歴です。
高校は「ラサール」ですよ~~~

灘、開成、ラサールという、その時代の超エリートの高校です。

当然、東大へはこの高校なら既定路線かもしれません。

本人は、高校の時から検事になる夢を持っていたそうです。
夢をかなえるって、すごいことだと思います。

現在所属の弁護士事務所は?

「サン綜合法律事務所」

です。
所在地は東京都港区です。
扱う案件は?

1:労働事件
2:知的財産
3:コーポレート・ガバナンス
4:M&A
5:不祥事
6:金融商品取引法違反
7:独占禁止法違反

とこんな関係で、主に企業の事例の関係ですね。
個人的には、知的財産という小目がありますが、これも企業向けの案件かもしれないですね。

今回の弁護は6番の「金融商品取引法違反」という案件に当たるようです。

さて、ここからがすごいですよ~~~
次はその後の経歴です。

大鶴基成弁護士の地検任官後の経歴は?

東京地検任官後は、まずは地方へ・・・
あの以前ドラマで、キムタクのやっていた役???なのかな??
どうなのかわかりませんが、そんな感じで…

東京地検任官後の経歴は?

下記のようです。

1981年 福岡地方検察庁検事
1983年 大阪地方検察庁検事
1985年 釧路地方検察庁検事
1992年~1995年 東京地方検察庁特別捜査部検事
1997年~2000年 東京地方検察庁特別捜査部検事
2000年 東京地方検察庁特別捜査部副部長(財政経済担当)
2001年 法務省刑事局公安課長、司法試験委員
2002年 東京地方検察庁特別捜査部副部長(特殊直告担当)
2005年 東京地方検察庁特別捜査部長
ライブドア事件やカネボウの粉飾決算事件などを指揮
2007年 函館地方検察庁検事正
2008年 最高検察庁検事(財政経済担当)
2010年3月 東京地方検察庁次席検事
2011年1月 最高検察庁公判部長
2011年8月 検察を退官し、弁護士登録

(wikipediaより引用)

すごいですね。
検事正ですよ~~~
最後は、最高検察庁の公判部長です。

ハア~~ため息が出るような、次元の方で‥想像がつきません。
が‥しかし、どうして検事を辞めることになったんでしょうか?

・・・・・・・・
関連記事

今回の案件の有価証券報告書の虚位記載とは?
その罪の程度は?

詳しくはこちらです。

有価証券報告書の虚位記載法違反の内容と罰金や罰則の過料を調べた!

いろんな、法律があるんですね‥全く知りませんでした。

こちらは特捜って?
そんなことを書いた本です・

・・・・・・・

大鶴基成弁護士が検事を退職する理由といわれる経緯は?

さて、どんなことがあって、特捜部長まで行った、検察庁を退職する理由があったのでしょうか?

これはもう、本人にしかわからないことだと思いますが、予測はできると思います。

いろんな情報を、まとめてみました。

大鶴基成弁護士が検事を退職するに至った経緯は?

大鶴基成弁護士が担当した案件は、有名なところで

  • 1:ゼネコン汚職
    2:カネボウ粉飾決算
    3:第一勧銀総会屋事件
    4:日歯連闇献金事件
    5:ライブドア事件
    6:水谷建設事件
    7:陸山会事件

と、世の中を震撼させた事件の大半を、担当した‥といっても過言ではないかもしれません。
何しろ、立場が特捜部長ですから、部長である以上は常に複数案件は、普通だったのかもしれません。

勿論、このほかにもたくさんあるのですが、問題は

「陸山会事件」

だったようです。
これ胆沢ダムですよね~~岩手県の。
大きなダムで、私も行ってみたことがあるのですが(私は宮城県で隣)、とても大きなダムで、地元では小沢ダムとも評されているようです。

この裁判の過程で、大きなミスが・・なんと~~虚位の捜査報告書作成??

まさか・・なのですが、そのまさかが発覚!
この捜査報告書がもとで、被告人の起訴相当の議決の要員になった・・
指揮したのは、当の大鶴基成弁護士(当時次席検事)。

作成したのは、部下の田代政弘氏。

これがもとで、一連の方々は偽計業務妨害や虚偽有印公文書作成・行使、犯人隠避などで、告発を受けることに。

理由はなんとも、法律用語なので割愛しますが、このねつ造による告発は、正義感の強い本人には、かなりのショックだったようです。

が‥この件は2012年6月27日付で嫌疑不十分で、不起訴になっています。

が・・思うに、常にエリートで、現場主義で完璧を目指してきた人間の、多分唯一無二の汚点だったのかもしれません。

本人にとってみれば、これは屈辱だったと思いますね~~
大鶴基成弁護士が、検察庁を体感したのは

2011年8月。

明らかに、この陸山会の裁判の途上でのことで、やはり心理的に何かがあったんでしょうね~~

捜査の手法は、なかなか強引だったような、そんな感想も見受けられました。

スポンサーリンク

大鶴基成弁護士の弁護士としての担当弁護の実戦経験は?

「読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題」

が有名です。
これは、巨人の選手が数名野球賭博にかかわって、解雇された事件です。

これも結構有名な事件でした。
有望な選手が解雇されて、残念でしたよね~~

大鶴基成弁護士は、やはり特捜の出身なだけあって、事実はきちんと解明して、黒を白にはできない性格のように感じます。

罪は積なんだな・・しかしその中でも

「八百長の共謀はない」

という、救いの手も差し伸べています。
まだまだ先のある若者なら、社会的制裁は受けているのだから、少しでも量刑は軽く‥そんな意図が見えます。

印象としては現場型・・そんな印象です。

大鶴基成弁護士の学歴や弁護経歴のまとめ

大鶴基成弁護士は、元東京地方検察庁の特捜部長で、最高位は

「最高検察庁公判部長」

です。
その前は東京地方検察庁次席検事です。

すごい方です。
扱った事件は、私はほぼ知ってます。
そんなことには疎い私でさえ知ってる、社会を震撼させた事件だからです。

  • 陸山会事件を知らない方はいないのでは?
  • ライブドア事件を知らない方っている?

勿論、そのあとに大人になって、当時は幼少の方はもちろん知らないと思いますが。

おそらくの予想ですが、検察庁を退官理由も、書いてみました。
おそらくそうであろうという、そんな見方のようですね。

でも、弁護士でも、これからどんどん活躍していくんだと思います。

こう言う優秀な方は、弁護士の世界でも有名になるような気がします。

今回は、ゴーン会長の弁護人ですから、役に不足はないかと。
この、現代の最高の案件に、どう対処するか??

手腕の見せ所かと!!

まさに陸山会と検察のの攻防??

こんな本もあるんですね。
どんな視点で、この物事を見ているんでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る