小平奈緒の経歴と高校や大学の学歴は?所属勤務先も調べてみた!

スピードスケートの小平奈緒さん、太ももの筋肉もすごいですが、半面かわいいと評判で人気です。
アスリートの画像や動画って、見ていて感動ものです。

小平奈緒さん2017-18ワールドカップ第二戦(ノルウェー)で、500mで優勝し、国内外の連勝記録「20連勝」の、快挙達成ですね。

しかもタイムが

「37秒07」

というもしかしたら・36秒台!
という圧勝でした。
すごいですね。

さて小平奈緒さんって、どんな方なんでしょうか?
学歴や経歴や、所属先の企業(病院)も気になったので、調べてみました

スポンサーリンク

小平奈緒さん、スランプの時もあったようですが、今や押しも押されもしない、女子短距離、中距離界の日本のエース!

日本の、女子の「スピードスケート界」をけん引する、そんな存在の方です。


(出典元:http://www.joc.or.jp/photo/より引用)

小平奈緒の経歴と高校や大学の学歴は?

小平奈緒さんの、最初にプロフィールは下記のようです。

国籍:日本
所属 :相澤病院
誕生日 :1986年5月26日(31歳)
出身地 :長野県茅野市
身長 :165cm
体重 :61kg
血液型:A型
公式サイト:http://www.ai-hosp.or.jp/cloverlink/

(wikipediaより引用)

小平奈緒選手の学歴は下記です。

  • 中学校:茅野市立北部中学校
    高校:伊那西高等学校
    大学:信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業
    所属先:社会医療法人財団慈泉会 相澤病院

驚くのは、信州大学は国立大学法人です。
偏差値も結構なもんですね。

その大学を、スポーツを現役でやりながら、履修へ特別な配慮は受けずに卒業した・・と言いますから、此れもまた頑張りましたね。

多分、その頑張りの気持ちが、今の成績にも表れているんだと思います。

高校卒業の時に、有力企業から(スケートで有名)スカウトを受けるも、教員の夢を捨てきれずに、信州大学に進学。

文武両道で優秀だったんですね。

小平奈緒選手の所属先(企業)は?

所属先と言いうか、就職先が

「社会医療法人財団慈泉会 相澤病院」

です。
その病院内では、「スポーツ障害予防治療センター」の一員としての位置づけのようです。

然し、現実は世界を転戦し、しかもレースがない時もプロチーム「Team continu」に所属して、活躍したりで、実際には長期の出張扱いのようです。

逆に自身も、相澤病院の「スポーツ障害予防治療センター」からのサポートを受けているようですね。

小平奈緒さんの、アスリートとしてのデーターは、この、「スポーツ障害予防治療センター」においては、もしかしたら、貴重なデーター源になっているのかもしれません。

自らが所属する、「スポーツ障害予防治療センター」のバックアップもあって、万全の態勢で来年の

「平昌オリンピック」

に行けそうですね。
ぜひ、頑張って金メダル・・期待したいです。


(出典元:http://www.asahi.com/articles/photo/より引用)

小平奈緒選手の経歴や成績は?

小平奈緒選手が、スケートを始めたのは3歳の時
姉が通っていたスケートクラブの付き添いで行って、そのまんまスケートを始めたそうな。

中学校の時は「宮田スケートクラブ」でぐんぐん能力を発揮!

主な成績は下記のようです。

  • 2001年:中学生で初全日本ジュニアチャンピオン
    伊那西高校時:インターハイ500m、1000mで二冠、全日本ジュニアチャンピオン
    信州大学時:書ききれないほどの勝利。

なお、自身のスポーツ活動においての、大学側らの配慮は一切受けなかった。
そういうことのようです・・これはすごいことですね。

2009年:信州大学教育学部生涯スポーツ課程を卒業
同時に、社会医療法人財団慈泉会 相澤病院にスポーツ障害予防治療センターの、スタッフとして採用(就職)

が‥しかし前人未到の記録保持者で、文字通りスピードスケート界のエース。

長期出張扱いで、日本のスケート界を引っ張る、アスリートで活躍。

オリンピックやワールドカップの成績は下記です。

  • 2010:バンクーバーオリンピック:団体パシュート:銀メダル
    2015:世界距離別選手権:500m:銅メダル
    2017:世界距離別選手権:500m:金メダル
    同じく    :1000m:銀メダル
    2017年:世界スプリント選手権総合:金メダル

保持記録
女子500m・1000mの現日本記録保持者


(出典元:http://www.sanspo.com/vancouver2010/photos/より引用)
あこがれの選手は

「シンディ:クラッセン」

カナダの選手ですが、ちょっと成績を確認したのですが、とんでもない方ですね。

オリンピックやワールドカップ他の大会で合計で

「24個」

のメダルを獲得している方ですね。
驚きました。・・納得・・でした。

スポンサーリンク

小平奈緒の経歴と高校や大学の学歴のまとめ

小平奈緒選手・・来年の「平昌オリンピック」では、最も金メダルに近い選手の一人かと思います。

今季の11月17日から19日に行われたワールドカップ・スタバンゲル大会では

500m:金
1000m:金

の二冠を達成。
1000mの二位は「高木美保」選手。
日本のワンツーです。

昔F1で、ホンダのワンツーは見たことがありましたが、世界大会でのスプリント競技では、あんまし私は記憶がないです。

この大会でワールドカップ通算勝利数を

「14勝」

として、日本人歴代最多。
当分破られませんね。

しかも500mはこれで国内外の大会で20連勝。

まさに、行くところ敵なしの状態かと。
どうせなら、オリンピックでは世界記録か、オリンピックレコードを期待したいです。

小平選手なら可能かと。

理由は今回の記録

「37秒07」

は最速のリンクといわれる、ふたつの高速リンク

「オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル」

の記録を抜いた、世界最速。
となれば・・やはり期待は高まるかと。

小平奈緒選手応援しましょう!!

注:記録等の数字は2017年11月20日t現在です。
ニュース記事やwikipediaなどから引用したしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る