ジャックニクラウスの歴代対戦相手は?マスターズ名勝負まとめ!

「ジャックイズバック!」

この合唱が起こった、1986年のマスターズは、ジャックにクラウスの名勝負篇で、最高の舞台でした。

1986年、この年ジャックニクラウスは

「46歳」

もうメジャーで、勝利することは無いだろう!

いえいえ・・このマスターズで、ジャックは戻ってきました!

スポンサーリンク

1986年のマスターズでの、ジャックニクラウスの活躍は、華々しいものではありませんでした。

但し最終ラウンドの14番までは。

まさか・・ジャックにクラウスが、この時点で優勝するとは、思ってもいなかったはずです。

が・・・奇跡は起きるんです。


(出典元:http://www.goldenbear.jp/story/より引用)

ジャックニクラウスのマスターズこの日の奇跡的スコア!

ジャックニクラウスは、この最終日のスタート時点では、首位のグレッグノーマンに、なんと4打差の9位。

そして若手で台頭してきた、トムカイトやニックプライス、セベバレステロスなどが、間にひしめいていたわけです。

誰もが、4打差を跳ね返しての優勝はない!

そう踏んでいたのでした。

そう・・あの14番終了時点までは・・

この時のニクラウスの、キャディーは長男のジャッキー、

さて15番ですが、あのジーンサラゼンが、逆転でアルバトロスを決めて優勝した

「サラゼンブリッジ」

それを彷彿させるようなショット!

2オンに成功して、それを見事に沈めて「イーグル」

ジーンサラゼンは、あのダブルイーグル(アルバトロス)を決める前までは、3打差のビハインド。

のこり235ヤードを4番ウッドで。

それを一気に帳消しに。
そしてプレーオフで逆転の優勝!
記念して、栄光をたたえてかけたのが、「サラゼンブリッジ」です。

話戻して、その次の16番では(池越えのショート)、2メートルを沈めてバーディー。

17番では難しいスネークラインが残るバーディーパット。

いったん左に切れて、その後右に大きくスライスする、4メートルのパット!

これをねじ込んでバーディー!

この時の有名なポーズがこれです。


(出典元:http://argoruf.com/1963.htmlより引用)

これはマスターズが開催されるたびに、殆どの方が見るのではないでしょうか?

これでトータルで9アンダー。

この時点で単独首位に躍り出ます。

対抗馬はグレッグノーマン。

18番はパーで、最終組が上がってくるのを待ちます。

その、ノーマンは17番でバーディーとして、この時点で9アンダーで両者並ぶのですが、さて勝負の行方は??

ノーマンの18番にかかってました。

ノーマンのセカンドショットが、なんと・・・右奥サイドのギャラリーに突っ込んだんだな~

そこから寄せきれずにボギー!

この時点で、ジャックニクラウスの、マスターズでの6回目の優勝が、決まったわけです。

まさしく

「ジャックイズバック!」

ですね~

1986年マスターズ勝利の内容とメジャー勝利数!

最終日のジャックニクラウスは、スタート時点で首位に4打差の9位でした。

が・・この日のスコアはなんと・・「65」

しかもバックナインで6打も伸ばすという快挙!

ニクラウス自身の弁ですが・・・

「18番グリーンに向かう途中、まだ試合が終った訳でも勝が決まったわけでもないのに、涙がこみ上げてきた」

こういってます。

自身はマスターズでの勝利をこれで「6勝」に伸ばしました。

くしくも15番のイーグルは、その年にたった一度のイーグルでした。

最後のメジャー勝利は、あの青木功との一騎打ち、死闘とも言われた「バルタスロール」での全米オープンでの名勝負。

そこから、勝利はなかったわけですから、何とも素晴らしいものですね。

自身、この勝利以降は、レギュラーツアーでの、勝利はありませんでした。

勿論その後、シニアでも大活躍することは、言うまでもありません。

私自身、青木功と、ジャックニクラウスが、一緒にシニアツアーでプレーするのを見て、勝ち負け別にしていいもんだな~~と思ってました。(1990年代~です)


(出典元:http://tugaruya1.exblog.jp/21052858/より引用)

メジャー勝利数

  • マスターズ 優勝: 1963, 1965, 1966, 1972, 1975, 1986
    全米オープン 優勝: 1962, 1967, 1972, 1980
    全英オープン 優勝: 1966, 1970, 1978
    PGA選手権 優勝: 1963, 1971, 1973, 1975, 1980

PGAツアー勝利数:73勝

すごいですね。
全英オープンをもう一回勝利すれば、グランドスラムを4回達成したんですよね~

ご覧のとおり18勝しています。
勿論1位です。

二位はタイガーウッズの14勝です。

スポンサーリンク

タイガーウッズも、3回キャリグランドスラムを、達成しています。

しかしタイガーの凄いところは、誰もなしえなかった年をまたいだ、4連続勝利を達成しています。

これをグランドスラムと認定(年間)するかどうか議論されたのですが、やはりボビージョーンズ以来の、グランドスラムは崩せないということで、

「タイガースラム」

と命名されました。

・・余談でした・・

ジャックイズバックのまとめ

昨年(2016年)アーノルドパーマー氏が、亡くなりました。


(出典元:http://www.goldenbear.jp/story/より引用)

私がゴルフを始めたときには、バイロンネルソン氏は健在で、自身の大会でオーナーを、やってたのを覚えています。

ベンホーガンも、まだ健在とはいえませんでしたが、生きていました。

英雄がいなくなっていくのは、寂しい限りです。

ジャックニクラウス氏には、いつまでも元気でいてほしいですね。

もしかしたら、アメリカのゴルフ界で、最後の英雄かもしれないです。

メジャーの勝利数も、ツアーの勝利数も桁外れです。

然しタイガーウッズがいますからね~~

タイガーウッズ氏には、是が非でも復活してもらわないと・・・

またあのフィールドの立つ日を見たいな~~

最後に負けたノーマンですが、不名誉なことばかりが言われました。

「サタデースラム」
「ノーマンスラム」

などと揶揄されました。

3日目を終わって、首位にいるんです。
が・・・勝てない。

最強の2位!

なんです。
最近では、フィルミケルソンがそうでした。
最強の二位。

然し・・その後汚名返上する活躍は、言うまでもないです。

然しノーマンは・・しかし全英では雪辱しましたが、見てられなかったのは「1996年」のマスターズ。

まあ・・書くのはまた別の機会に!

さて今年2017年のマスターズは誰が優勝する?

注目はマキロイですよね~

マスターズ勝てば、久々のグランドスラム達成者が、出ます。

コース予約は楽天GORA

松山英樹も出ますから、要注目ですね~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る