Bケプカ クラブセッティング ダンロップ優勝時と1w飛距離は?

ブルックス・ケプカプロの、クラブセッティングや、ドライバー飛距離とパターランキング、プロフィールなどを紹介します。

「ダンロップフェニックストーナメント」
を、20アンダーという、ぶっちぎりの差で優勝した

「ブルックスケプカ」プロ。

松山英樹を圧倒しました。
その優勝ギアが公開されたので、紹介します。

なんと~~
アイアンは「ミズノ」の「JPX900」です。
うれしいですね~~
ミズノですよ~~~

スポンサーリンク

なんでうれしいの?
って、私もアイアンはミズノですから。(笑

Bケプカのクラブセッティングは?

「B・ケプカ」プロは、今回の優勝で、世界ランキングが

「7位」

に上昇しました。
今年の「全米オープンチャンピオン」です。

では、クラブセッティングを見ていきましょう。

B・ケプカプロのクラブセッティング

下記に紹介します。

1W:テーラーメイドM2 ドライバー(2016年)(ロフト9.5度)
シャフト:三菱ケミカル ディアマナ D70 flex-TX


(出典元:https://www.taylormadegolf.jp/TaylorMade/より引用)

3W:テーラーメイドM2 ツアー フェアウェイウッド(3HL 16.5度)


(出典元:http://www.golfalot.com/equipment-reviews/より引用)

アイアン:ナイキ ヴェイパー フライ プロ アイアン(3番)
JPX900ツアー アイアン(4~PW)


(出典元:https://item.rakuten.co.jp/prolinegolf/より引用)

ウェッジ:タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ(52度、56度)
タイトリスト ボーケイデザイン TVD SM4ウェッジ(60度)


(出典元:http://www.titleist.co.jp/htm/wedges/より引用)

パター:スコッティキャメロン ニューポート2
T10セレクト


(出典元:http://www5.nikkansports.com/sports/golf/より引用)

実際のケプカプロの使用パターはネーム入りで、オリジナルのようです。
経常的にはこんな感じのようです。

ボール:タイトリスト プロV1xボール (2017)


(出典元:https://shop.golfdigest.co.jp/newshop/より引用)

B・ケプカプロの、コメントを見ると、クラブは自分に合えばどれでもOK・・見たいな感じですね。

特にこだわりはないようです。
なので、ドライバーも「2016年」モデルの「M2ドライバー」なんですね。

なんか、松山英樹プロとは、新逆を行ってるような感じがしますが、プロはそれぞれなんだと思います。

ドライバー飛距離とパッティングランキングは?

この「M2ドライバー」でいくら飛ばすんでしょうか?

ちょっと興味があるのですが・・すると・・

B・ケプカプロのドライバー飛距離はなんぼ?


(出典元:https://www.taylormadegolf.jp/TaylorMade/より引用)
テーラーメイドM2 ドライバー価格比較はこちら

これまでの平均飛距離の記録では

  • 2013年:318ヤード
    2014年:308ヤード
    2015年:315ヤード(途中データー)

とこんなところなので、現在も状況はどうであろうと、このくらいの平均飛距離かと思います。

勿論条件がそろえば、ランも出て・・あんりゃ~~~
なんて、こともあり得るわけですね。

いずれ、PGAでは5本の指以内は間違いないかと。

先週のダンロップフェニックスでは、パターが面白いようにはいっていました。

B・ケプカプロのパッティングランキングは?

使用パターは下記のような形状です。


(出典元:http://www5.nikkansports.com/sports/golf/より引用)
スコッティキャメロン ニューポート2価格比較はこちら

シーズン(2017-2018)が始まったばかりなので、母数が少ないデーターですが下記のようです。

  • 平均パット数:17位(1.702)
    平均ストローク:4位
    パーオン率:3位

ですね。(2017年11月21日現在)

あんまし得意ではない?
いえいえそうではないんだな~~多分。

パターがうまくなければ、全米オープンは勝てませんから。

1990年生まれのまだ、27歳ですから、これからどんどん活躍していくんだと思います。

使用するパターは、本物ではないですが、凝んな感じのスコッティキャメロンです。

B・ケプカプロの簡単なプロフィールは?

簡単ですが、プロフィールは下記です。

  • 生年月日:1990/03/05
    プロ転向:2012年
    出身地:フロリダ州ウエストパームビーチ
    身長:185.0cm
    国籍:アメリカ合衆国
    体重:82.0kg
    出身校:フロリダ州立大
    通算勝利:【日本 2勝】 【米国 2勝】 (【海外メジャー 1勝】)
    【その他 1勝】

当初は、2014年までは欧州を、主戦場にしていたようです。
2013年に欧州の下部ツアーで3勝。

ツアーの初優勝は2014年の欧州ツアーの

「トルコオープン」

2015年から本悪的に、アメリカPGAツアーに参戦。
いうまでもないですが、今年2017年の

「全米オープンチャンピオン」です。
1990年生まれの27歳。

これからどんどん活躍しそうですね。

スポンサーリンク

Bケプカのクラブセッティングのまとめ

「ブルックス・ケプカ」プロ

クラブセッティングを見てみました。

このセッティングは、今年の全米オープンの優勝時と、同じようです。
基本クラブは、あんまし変えない方なんだと思います。

3番アイアンを、いまだにナイキのクラブですし。
ドライバーは、2016年生の「M2ドライバー」だったりしますから。

見るからに、データーを見ると、いわゆる

「ショットメーカー」

のような気がします。

「パーオン率」:3位

なので、圧倒的な飛距離で、かっ飛ばして、載せてパーを拾っていって、バーディーを拾っていく・・そんなスタイルかと。

バーディー率:5位

といいですね。
世界ランカーの「7位」ですから、当然ちゃあ当然ですね。

でも、こういう世界レベルの、プロのプレーを見られるなんて、すごくいいことだと思います。

V1Xボール価格比較はこちら

日本のプロの方も、大いに参考にしていただいて、技を吸収していってほしいな~~
なんて思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る