危険物乙4の合格率と問題の難易度は?勉強方法の経験を書いてみる!

資格としての、危険物乙4は結構需要のある資格で、人気です。

ではその危険物乙4類の合格率と、難易度は?

私の経験から、この辺をレビューしてみようと思います。

しかし・・資格とっても自分の給料に反映されない?

が・・・これは事実です。
でも、反映される勤務先もあるのもそれは当然で、その会社に寄ると思います。

スポンサーリンク

危険物の資格の敷居は、合格率だけを見ると、高そうに見えますが、決して高くはないと思います。

私が受けてみて、そう感じました。

ただ、まったくなじみがない方にとっては、難しく感じるかもしれません。

特に化学や法律と聞いただけで

「え~~~ちょっと・・」

と思われる方ですが、でも持ってると何かと重宝するのも資格です。

危険物乙4類の合格率と難易度は?

その前になんで乙4類なのか?

ですが、乙4類で扱う危険物が、世の中で一般的に流通管理されてる、ガソリン、灯油、軽油、重油などで扱い企業(業種)も一番多いからです。

まず最初に、各年度の合格率から紹介します。

危険物乙4類の合格率

2016年度:受験者数264,946人
合格率: 28.9%

2015年度:受験者数:271,234人
合格率:29.4%

2014年度:受験者数:275,415人
合格率:29.2%

各年や、受験月や地域によってかなりの、ばらつきがあるようです。

地域によっては、4割以上の合格率も見られますが、一般的には上記のような数字のようです。

3割弱と見たほうがいいでしょう。

傾向は、だんだん合格率が下がってきてるようです。

ということは、難易度は上がってる?

そういうことかもしれません。

危険物の事故って、結構多いですからね。

危険物乙4類の資格試験の受験のきっかっけは?

簡単です。
私は50歳で3度目の転職をしました。
ここまで、10年で一度の転職をしてきましたが、その会社で危険物を扱ってたからです。

しかも、資格を持ってるのが誰もいない。

要は違法操業だったわけです。
以前は、いたらしいのですが、指摘もされないので、そのまんまだったようです。(過去2年ほど)

「まずいんでない??」

って思ったわけです。
が・・会社側から言われたわけでは、全くありません。

私が勝手にそう思ったわけです。

やはり、今でもいいかがんな会社で、従業員の自発に任せて、何も管理していない・・私は製造業の出身だったので

「こういう会社もあるんだな~~」

って思ったものですが、それは今でも変わらなくて、そのまんまです。

部長といっても何もわからない、そんな部長で

「お~~お前部長のくせして、これしか仕事できないのか?」

なんて、私に言われてるので、しょうがないですね。

それと、この転職は、前職の立場が邪魔をして苦労しました。

給料は薄給ですが、仕事をできるという、ありがたみをしみじみと感じたときだったので、もしかしたら危険物の資格持ってれば、容易には首にはならんだろう!

そういう思いもあったんですな~~

入社したのは7月で受験したのは11月の末一発合格でした。

危険物乙4類受験のための勉強方法

確か入社した9月に、下記のような講習会があったんです。

「危険物乙4類試験事前対策特別講習」

だっけかな~~
今会社に毎年案内が来ます。

その時も会社に案内が来て

「誰か行く?」

って感じで、私の部署に回ってきたんです。
そこで、受験の意思が固まったわけです。

独学なんて言っても、しょせんは私の場合は無理!

その案内みて

「よしこれ受けるぞ!」

と言って参加申し込みを。
費用は確か7000円・・だったかな~~
しかも教材込み。

何もないところからのスタートなので、教材も込みで7000円とは全くこれは慈善事業か?

と思ったくらいです。
が・・やはり慈善事業っぽかった。

主催が地元の危険物協会で、講師が消防署員なんだもん。

危険物の有資格者が少ない地域?

かどうかは知りませんが、いずれそういう内容の講習会で、内容は2日間。

もう忘れましたは、法律や化学をみっちりと、危険物乙4類のテキストを参考に講義。

これは良かったですよ~~
皆さんの地域でも、もしかしたらあるかもしれないので、とりあえずお住みの

「危険物協会」

なるものに、問い合わせてみてください。

私は絶対こっちの方が、お勧めで合格への近道だと思います。

冒頭講師はないを言ったか?

「危険物試験の最近の傾向から、もれなく講義をします。」

と・・こんなことを言ったような、記憶があります。

なぜ9月受講で11月試験なんだ?

これは最高のどじった、ないようで恥ずかしいのですが・・・

じつはこの講習会は、危険物試験のほぼ、一週間前の講習会だったわけです。

直前の講習で、記憶にとどまってるところで、いざ受験。

そのための、講習会だったわけですが、私はその時点で受験申請を、していなかったのです。

講習会のあとに受験申請がある?
もしかしたら、そう思っていたのかもしれないですね。

講習会が終わって・

「受験日はいつですか?」

「え?来週ですよ」

「へ??来週?願書はいつ出せば??」

「来週受験分は、すでにずいぶん前に終わってます」

「なぬ!!!」

と・・こんな感じでした。
意気揚々と、講習会を受けたのだが、それは直前講習(募集内容の通りだった)であって、そんな数か月先のことを対象にしているわけでは、なかったんだな~

すっかり意気消沈!

スカスだ・・

みすみす7000円無駄には、したくない。

しかも、かなり頭に入ったど~~~

そりゃあそうだ・・危険物協会と消防署が教えてくれたんだから・・対策と傾向を。

ラッキーなことに、危険物の資格は、各都道府県の実施で、受験日が各県で違います。

では目先で一番近いところは?

あった~~~宮城県。

な~~~んだ・・俺が住んでる県じゃん!(勤務先は隣県)

それが11月だったわけです。

しかしもうすでに2か月が経過。
頭の中はすでに空っぽ。

しかも前の日は夜勤だった。
仕事さぼって、テキストを復習した。

ありがたいことに、ここ出るかもという、傾向とこれは絶対・・などという傾向の場所にきちんと、メモして線引いて、それを復習した。

スリッパ忘れて、靴下で廊下歩いて、試験中は脚冷たいから、椅子にあぐらかいて。

そんな内容の受験風景だったな~

ナツカスイ。

今から10年ほど前のことです。

スポンサーリンク

危険物乙4の合格率と問題の難易度のまとめ

その後めでたく、一発で合格しました。
合格通知のはがきに、確か各科目の点数が書かれてましたが、私の場合

危険物法規:60点

でギリギリでした。
危なかったですね。

60点以上合格ですから、間一髪だったようです。

以前は、3割以上の方の合格が、普通だったようですが、現在は2割台もあるようです。

内容も年々、難易度が高くなってきてる・・・そんな印象です。

でもまだ3割前後の、合格率ですから、挑戦してみてください。

資格試験って、難易度が高い資格ほど、重宝されるし持ってる価値は高いものだと思います。

危険物を取り扱う仕事、例えば

  • 1:ガソリンスタンド
    2:工場でのタンクがある
    3:宿泊施設などの暖房での危険物タンクがある
    4:ビジネスホテルや、イベントホールでの危険物管理

などなど、多分ちょっと大きなイベントホールや宿泊施設などには、暖房用やお湯を使う設備では、危険物の貯蔵タンクがあります。

需要は高まってるのですが、有資格者は減る傾向なんだとか・・

原因はガソリンスタンドの閉鎖で、この辺が影響してるそうです。

しかし資格者に需要はある!

こんなところかと。

では皆さん、健闘を祈ります・・私の受験記でした・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る