マスターズの功績でサラゼン・ネルソン・ホーガンブリッジの意味は?

  • サラゼンブリッジ
    ネルソンブリッジ
    ホーガンブリッジ

この三つの橋は、オーガスタにかかる、メモリアルブリッジで、マスターズトーナメントの名勝負を戦って、劇的な勝利を収めた名プレイヤーをたたえる橋です。

  • サラゼンブリッジ=ジーンサラゼン
  • ネルソンブリッジ=バイロンネルソン
  • ホーガンブリッジ=ベンホーガン

この3人のマスターズの勝利の、栄誉をたたえた、メモリアルブリッジです。

ここではその3人の、名勝負を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

単なる勝利なら、メモリアルにはなりません。

やはりパトロン(オーガスタではギャラリーをパトロンと言います)が納得する、名勝負でないとそうは、ならないわけです。

ではどんな戦いだったのでしょうか?

オーガスタ12番にかかるホーガンブリッジ

「ホーガンブリッジ」は、12番のアーメンコーナーの一角にあります。


(出典元:http://training-kozou.cocolog-nifty.com/photos/より引用)

大会期間中は、この橋を渡って12番のグリーンに行くようですね。

「ベンホーガン」

はマスターズで2勝。
1951年と1953年です。

この記念の橋は1953年のマスターズでの、それまでの最少スコアを更新した、栄誉をたたえた橋です。

その数字は

「274」

です。
現在の最少スコアは

「270」

この数字は1997年のタイガーウッズと、2015年のジョーダンスピースのスコアです。

ただ1953年といえば、用具もボールも今とは雲泥の差で、270ストロークですから、やはりこれは驚異的だったのだと思います。


(出典元:wikipediaより引用)

ベンホーガンを紹介します。

  • 生年月日:1912年8月13日
    没年月日:1997年7月25日(満84歳没)
    成績  :優勝回数
    メジャー:9勝
    米国男子:64勝
    賞金王 :1940年-1942年・1946年・1948年
    賞金ランク最高位米国男子:1位(5度)

メジャー9勝は4位の成績
1位:ジャックニクラウス18勝
2位:タイガーウッズ14勝
3位:ウォルターへーゲン11勝

そしてベンホーガンです。

ベンホーガンのスイングはきれいですね~~

「モダンゴルフ」

というレッスン書を残しています。
私も持っていますよ~~

ネルソンブリッジは大逆転劇を記念した橋!

ネルソンブリッジは、オーガスタ13番にかかる綺麗な橋です。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/tournament/より引用)

ホーガンブリッジと似ていますが、かかっている場所が違います。(当然ですよね)

このネルソンブリッジは

「バイロンネルソン」

が1937年のマスターズトーナメントで、大逆転劇を演じたことを記念して、かけた橋です。

その栄誉をたたえてかけた橋・・そういうことですね。

その時のバイロンネルソンは、最終日のアーメンコーナーの12番で、まったく風が読めない中でバーディー。

続く13番のロングホールで、2オンに成功してイーグル奪取!

最終日の、バックナインを「32」という驚異的なスコアで、見事に逆転の優勝!

アーメンコーナーを味方につけた勝利。

と言えると思います。


(出典元:wikipediaより引用)
バイロンネルソンという方は

  • 名前 :バイロン・ネルソン
    生年月日:1912年2月4日
    没年月日 :2006年9月26日(満94歳没)
    出身地 :テキサス州ワクサハチー
    メジャー5勝
    米ツアーで:52勝
    メジャーのうちマスターズ:2勝

という成績です。
1937年といえば、マスターズが始まったのが1934年。

4回大会ということですよね~~

自身の名前を冠したツアーが、PGAでは組まれています。

サラゼンブリッジはオーガスタ15番にかかる橋!

サラゼンブリッジは、オーガスタの15番の左サイドに、かかる橋です。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/tournament/column/より引用)

ここにはマスターズの期間中に、スタンドが組まれるので、多くの観客(パトロン)の声援を受けながら、この橋を渡っていく光景が見られます。

サラゼンブリッジは、1935年のマスターズトーナメントで、15番でのダブルイーグル(アルバトロス)を記念した橋です。

但し、1935年ではまだ名称は、マスターズではありませんでした。

「Augusta National Invitation Tournament」

マスターズという正式名称は、1939年からのようです。

此れにはボビージョーンズと、クリフォードロバーツの、確執があったようです。

いずれプレーには関係がないので・・

そのジーンサラゼンの、アルバトロスをたたえた橋です。

15番のダブルイーグルならぬ、イーグルで優勝したジャックイズバックの、1986年が思い出されますね~~

しかしいずれ時代は1935年。

そのダブルイーグルの瞬間ですが、その時のトップはクレイグ・ウッド。

18番でバーディーを奪取して、ジーンサラゼンには3打差。

その3打差で、15番のティーに立っていたサラゼン。

まさに15番はロング。

ティーショットは完璧!

2打目はカップまで約235ヤード。

手にしたのは4番ウッド!

そして打ったのですが・・まさかの直接のカップイン!

ダブルイーグル(アルバトロス)です。

そこでトップのクレイグウッドに並んで、プレーオフ!

それを下して劇的な逆転の勝利!

パトロンは大いに沸いたわけです。
それを記念した橋です。


(出典元:wikipediaより引用)
その時のジーンサラゼンの言です

「ショットそのものよりも、このショットを打つために費やした膨大な練習量を誇りに思う」

まさにその通りで、石川遼君もこれを聞くといいかもしれないな~~

スポンサーリンク

マスターズメモリアルブリッジのまとめ

マスターズが始まったのが、1934年です。

そこからの歴史で、数々の名勝負や、数々のスーパーショットが生まれてきました。

但し、ショットにはに分割されるような気がします。

上記に書いた、ジーンサラゼンのようなスーパーショットで優勝。

それとベンホーガンのように、地味だが安定的にバーディーを量産して、決して崩れないゴルフ。

派手さは上記に軍配が上がるのかな??たぶん。

しかし、長い目の成績になると、それは顕著に出るような気がします。

ベンホーガンが生まれたのは1912年です。

その1912年生まれのゴルファーで、偉大な選手が3人いるようです。

これは私は気が付いたのですが・・・

  • ベンホーガン
    サムスニード
    バイロンネルソン

です。
この3人はすごかったようですね。
成績見ると驚きます。

  • ベンホーガン:64勝
    サムスニード:82勝
    バイロンネルソン:52勝

すごいです。
3人合わせて198勝にもなります。

サムスニードはPGA最多勝利数を誇っています。

2位はタイガーウッズで79勝

現役ではフィルミケルソンが51勝で続いています。

この3人の時代は、他のプロはなかなか勝てなかったでしょうね~~

同じ時期にタイガーウッズが3人いるようなもの・・・といえばたとえは悪いですが、想像できようかと・・

今の時代にはいる?

思いつかないですね。

もしタイガーウッズが現役で頑張っていれば・・ですが・
ぜひ復活してほしい、そう思ってるのは自分だけでは、ないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る