ゴルフコースで世界一難しいのはどこ?設計者と年代も調べてみた!

「パイン・バレー・ゴルフ・クラブ (Pine Valley Golf Club) 」

ここが一番難しいコースと、言われているようです。
その根拠は2015年版の世界ゴルフ場ランキングで堂々の

「1位」

だからです。
ところが、このパインバーゴルフクラブは、ず~~~っと1位なんですね~

記憶によると、確か2007年に2位に陥落しました。

その時の1位はなんと

「サイプレスポイント」

ですから、驚きです。
がしかし・・速攻で帰り咲いています・

スポンサーリンク

世界ゴルフ場ランキングは一般的に2社のものが採用されているようです。

アメリカ・ゴルフマガジン社(GM社)
アメリカゴルフダイジェスト社(GD社)

の二社が二年に一回発表しているものが、正しい(?)評価と言われているようです。

がしかし両者には決定的な違いがあるのですが、ゴルフマガジン社の場合は世界でのランキングですが、ゴルフダイジェスト社の場合は、アメリカでのランキングと、アメリカ以外とを分けているのが違いのようです。

painnbare3
(出典元:http://www.otsuborealty.com/japanese/1-Golf/PineValley.htmlより引用)

ゴルフコースで世界一難しいのはどこ?

「パイン・バレー・ゴルフ・クラブ (Pine Valley Golf Club) 」

パインバレーゴルフクラブは、上記のゴルフマガジン、ゴルフダイジェスト社の基準で、どちらも1位にランクする名門ゴルフ場で、世界一難しいといわれています。

場所は、アメリカ、ニュージャージー州 (ペンシルバニア州のフィラデルフィアに近い所)です。

ただしこのランキングはこの先、上下するかもしれませんが、パインバレーゴルフクラブは、過去数十年にわたりランキ1位を独占した歴史があります。

1位を外れたのは、私の記憶では、2007年のランキングだけかと思います。

しかしその時も、1位に輝いたのは常連の2位の

「サイプレスポイントクラブ」

です。
サイプレスポイントはあのボビージョーンズが主催したマスターズの舞台となっている

「オーガスタナショナルゴルフクラブ」

を設計した

「アリスターマッケンジー」

です。

3位がセントアンドリュース(オールドコース)
4位がオーガスタナショナルゴルフクラブ
5位がロイヤルカウンティーダウンゴルフクラブ

ここまでのランキングは、何年も不動です。
まさに名門。

さて、パインバレーゴルフクラブは会員数が、わずかに世界中に分散しているようですが、世界で

「約1300人」

いると思われてるようです。
というのも公表はしてないですから。

プレーには会員の同伴が必要で、女性のプレーは日曜の午後しかできないという、差別もあります。

この件は、最近スコットランドの超名門リンクス「ミュアフィールドGC」での、女性会員を入れるかどうかの選挙で男性のみが支持されて、全英オープンの開催コースからは、R&Aが外す、決定をしたようです。

しかし、パインバレーはツアーなどの開催はありませんので、このままでしょうね~

オーガスタも女性会員を入れませんでしたが、いろんな意見があって初めて女性会員を二名受け入れました。

元米国国務長官コンドリーザ・ライス女史、投資家のダーラ・ムーア女史が初めてのオーガスタの女性会員になったのは歴史的な快挙ですね。

話それました~~スイマセン・・

painnbare2
(出典元:http://www.imart.co.jp/worldbest100golf-2012-framepage.htmlより引用)

「パイン・バレー・ゴルフ・クラブ (Pine Valley Golf Club) 」の歴史

このコースは全長が「7057ヤード」でパーが70の設定です。

バンカーが世界一多いといわれるコースで、非常に難しく、通常よりも10打プラスになるかも・・そんな評判のコースのようです。

このコースを作ったのは

「ジョージ・アーサー・クランプ」(1871~1918)

という方です。
父から相続したホテル・コロネードのオーナーとして何不自由なく、事業を行っていたのですが、何せ大のゴルフ好き!

それが高じて、アメリカやイギリス、スコットランドのリンクスコースをプレーした結果どうなったか?

「自分のコースが欲しい!」

こうなったわけです。

自分のゴルフコースをどこに作るか?

当時はリンクスコースはすでに、時代遅れというか、もう作るところが無くなって、内陸に山を削って作るコースが主流になりつつある時代です。

そこで候補に挙がったのが、現在の場所です。

ところが、周囲の人間はその地を見たとたんに、やめた方がいい!

なんで?

松林に囲まれて砂地でブッシュが生い茂ってる荒れ地で、まさかここにゴルフコース?

そう思ったらしいですね。

painnbare1
(出典元:http://www.imart.co.jp/worldbest100golf-2012-framepage.htmlより引用)

価格は面積184エーカーで25万ドルだったといいますから、すごい金額です。

同じ年の1914年にウォルターへーゲンが、全米オープンでの優勝賞金が

「300ドル」

だったそうですから、いかほどのものか想像つくかと・・

今のお金だといくらになるんでしょうか?

いずれクランプさんは自分で図面を引いて、現地にテントを張ってそこに寝泊まりして、コースを一コースずつの原案を練って、監修していったようです。

工事を開始したのは1913年とあります。

スポンサーリンク

パインバレーのおおもとの設計は誰がやったのか?

クランプ氏は自分ではすべてをできないことは知ってたので、プロを招聘しました。

その時に招へいしたのが

「ハリー・コルト」(Harly Shapland Colt)

氏です。
コルト氏は当時、今の全英オープンの開催コースの、ミュアフィールドなどの設計の実績で引っ張りだこ。

その当時の売れっ子設計家の中では、このハリーコルト氏が一番。

そこでコルト氏に依頼したわけです。
目指したコースは、イギリスでコルトさんが設計した

「サニングデール」(世界ランキング35位)(2015年版)

但し条件がまた難しかった・

1:世界で最も難しく究極の難易度を誇ること
2:1つのミスショットが次のトラブルとなって脱出不能であること

というコンセプトだったようですね。

ただこの二人のコンセプトは真っ向から対立していたようですが、しかしコルト氏は一応依頼主ですから、クランプ氏の言うコースに作り上げたようですね。

クランプ氏のゴルフコースの概念は

「因縁を克服するゴルフを学ぶこと」

此れなんだそうな。

その内容ですが

パー3ホールは4ホールですが、使用するクラブが、ショート、ミドル、ロングアイアンとウッドを使用する設定の長さ。

パー5は2ホールで2オンは不能!

パー4は運よくティーショットが、フェアウェーにあったら、2打目がそれぞれにショートからロングアイアンの設定だったようです。

この運良く・・・がミソですね

そして開場したのが1914年でこの時点で11ホールができていたので、これで営業したようです。

あとの7ホールが難産だったようですね~

そして1918年にクランプ氏が他界!

その時点で未完成は12~15番の4ホールができていなかった!

この時にハリーコルト氏が、どうしていたのかははわかりません。

painnbare5
(出典元:http://www.kasumigasekicc.or.jp/history/02.htmlより引用)

しかしそのあとに派遣されたのが

「チャールズ・ヒュー・アリソン」(C・H・アリソン)

なわけです。
この未完の4ホールはアリソンの作品になるわけですね。

アリソン氏はこの時は、ハリーコルト氏の事務所で働いていたのですから驚きです。

そしてオーガスタを設計した

「アリスターマッケンジー」

も同じ事務所で一時期働いていました。

この3人・・すごいですね。

日本にアリソン氏が来たのは1930年。

たった2か月の滞在でしたが、手がけたコースは

「廣野ゴルフ倶楽部」「川奈ゴルフ富士コース」「東京ゴルフクラブ」「鳴尾ゴルフ倶楽部」

他もありますが、その時に監修した4コースが、世界ランキングにランクインしています。

さすがです。

てか・・ランクインしているのは、アリソン氏に対する選考委員の、敬意のような気がしてなりません!(個人的な感想です)

painnbare4
(出典元:http://blog.golfdigest.co.jp/user/より引用)
(川奈ゴルフコースのアリソンバンカー)

ゴルフコースで世界一難しいのはどこのまとめ

世界一難しいコースは

「パインバレーゴルフクラブ」

です。
設計は

「ハリーコルト」氏です。

最終の4コースを仕上げたのは

「C・H・アリソン」氏です。

アリソン氏が設計したコースだからこそ。上記の日本の4コースが世界ランキングベスト100コースに入っているのだと思います。

特に

「廣野ゴルフ倶楽部」

は日本で最高ランクです。

パインバレーのアリソンバンカー、日本でも有名な川奈のアリソンバンカーは、元は

「ハリーコルト」氏の設計思想だったのですからね~

皆さん世界一難しいゴルフコースのお話はいかがでしたか~~

最後は日本にも通じるお話でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る