脳梗塞でうつになった妻に家族の接し方は?効果のあった実例を紹介!

私の妻は43歳(多分・・)の時に、脳こうそくで倒れました。
その後、一か月ほどの入院で、奇跡的にほぼ回復。

が・・しかし回復しなかった部分が、あったんです。

「心」

です。
脳梗塞の後遺症、なんだと思います。
病気で、もしかしたらこれで人生終わるかもしれないという、恐怖が心に住みたいてしまった?

当時、私はそう思いましたね。

スポンサーリンク

若かったですよね~
そんな年齢で、まさか脳梗塞という病気になるとは、思ってもいませんでした。

妻が脳梗塞でうつになった家族の接し方は?

その時私は、以前の会社でそれなりの地位でした。

川崎の取引先で、社長と部長と私で、顧客にパソコンもちこんで、キャド図面を提示してプレゼン中でした。

この仕事が成立すれば年間6億オーバーという、製造業の売り上げが期待できたもんですから、わが社の3人(俺含めて)は必至!

この後新宿行くか?

なんて接待まで考えていたんですな~~(笑

ところが、この一報ですよ。

社長は即帰れ!

っていうのですが、接待はいざ知らず、プレゼンはあと30分少々でおわるから、終わったら休憩にして、そこまでやらせろ!

と言って仕事は終わらせて、東京駅行って新幹線乗って・・

病院に着いたのが、夜8時ころでしたね。

医師の説明を受けたのですが・・詳しいことは省略しますが・・

治る・・という確信でした。

実際次の日には、元気で障害は感じられませんでした。

一日だけ休んで、妻の介護をしましたよ。(下の世話まで・・)

あとはいらないから帰れ・・って病院に言われて帰りましたが。

すごい回復で、一週間後くらいには、普通に歩いていました。

医師にも奇跡的だ・・と言われました。

ただどうしても、左の脚と腕に力が右ほど力が入らず、ちょっとびっこをひくのと、左手に力が入らないようです。

これは今でもそうですね。

でも日常は何の支障もないです。

ただ車は危ないので退院後、マニュアルから、オートマに即変えました。

一か月ほどで退院して、何事もなかったような日常・・だと思っていたのですね~~我が家の家族全員が。

妻の心の病はじわじわときてどうしたか?

退院してからは、仕事人間だったので、休みのゴルフはなるべく回避したり、なるべく家に早く帰るように心がけたり、一緒に犬を連れて散歩したり・・

私もその時ほど、いい亭主だったときは無かったですね~~

なんか変だな??

そう思ったのは、多分一~二週間ほどしてからだと思うんだな。

朝起きなくなったんです。

会社に行く時間になっても、朝ご飯造らずに起きない。

弁当もなし。

洗濯もしない。

子供たちの弁当は、子供たちが自分で詰めていますから、問題ないとしても全員が出かけるまで寝てる。

おふくろに

「今日はいつ起きた?」

「昼まで寝てた・・起きてオレと一緒に昼くった・・パジャマ姿で・・おっとうなんかおがすぐねが?」(ずうずうべん)

どう考えてもおかしいんだな~

そこで話をした。
そしたら本人曰く

「なんかここがおかしい!」

と言って心・・むねを指すんですよ。

「ここがドキドキする!」

最初なんのこっちゃかさっぱり。

「なんでそんなにやる気が出ないの?病気に負けてどうすんだ!」

みたいなことを言ったんだな~

これはまったく逆効果でしたね。
まあ・・伊予曲折があって・・

妻を除く全員で話し合いをして、得た結論。

  • 「頑張れは言わない(禁句)」
    「おこらない」
    「それやってはいけないはいわない」
    「間違ってもおこらない」
    「できるだけ皆で出かける」

ここまでは優しい面

ここからは厳しい面

  • 「あさは6時半に起こす」(起きてもらう)
    「洗濯は手伝う」(娘たち)
    「お弁当は自分で詰める」(娘たちの分)
    「お金を任せる」(従来通り)

こんなことを決めたような気がします。
とにかく本人の気持ちとして、どうしてやる気が出ないか・・どうして朝起きれないのか?

その理由がわからない訳ですから、頑張れは酷!

間違って、または忘れたりしたことを、怒ってみてもしょうがないですよね。
これは仕方がないことと思う。

半面、お母さんの分まで子供たちも頑張ってる・・そういう意味でやって見せることに。

これは私が、お前ら自分のことは自分でやれ!!

っていい機会でした。
本来は妻が、母親がやってたことを、子供たちがやるのですから、これは少しはためになったようです。

但し逆効果になったら、また別な手を考えていましたが。

一応これはやる気が出たようです。

それからお金。

私は31歳の時に転職して、その機会にすべて渡して、私は小遣い人生です。

今でもそうです。

給料から税金の支払いや、家のローンや何やらかにやら、飯のおかずまですべて任せてましたが、買い物はいざ知らずこの財布の管理は、そのまんま継続しました。

そしてできるだけ、お金はいっぱい残るように。(これは我が母に協力してもらった)

このお金!

これね~~

人間お金の要らない方っていませんよね!

え??大富豪はいらない??

いえいえ大富豪はいらないかもしれませんが、その方だって最初から大富豪ではないわけですから。

相続した方だって、無くなる怖さを今度は、感じてるかもしれませんよ!

すべてを任せるって、信頼の証なんだと思います。

たまに督促が来ましたが、放っておきました。(もちろん処置はしましたが)

少し怒った方でも、何かプレゼントをもらうと、途端に機嫌が直る・・そう思いませんか?

その処置でどうなった?

心がけたのは、普通の日常!

頑張らない普通の日常で、みんなで普通に過ごす。

以前と何も変わらない生活

変わったのは妻だけですが、それでもみんなでできない分を、補っていきましたね~

会社には診断書を出して休んでいたのですが、ある日

「そろそろ会社に行ってみる」

そういったのは驚きましたね~
そこでそこの工場長と、面識があったので、挨拶に行きましたよ。

「工場長申し訳ないが、もう正社員でなくともいいから、パートで使ってやってくれないかな?とても以前のような仕事はできないと思うから。」

そういったらその工場長さすがだね~~

「Sさん申し訳ないが、それは俺が決めることだから。」

そういったっけ。
変わらず正社員で、雇用してもらいましたよ。

仕事はできたのかな~~
自分ではちゃんとやってる・・とはいうものの、その左手では製造業はな~~

と思っていましたね。

まあ・・会社がいいのならそれでいいのでしょう・・などとその時は思ってました。

スポンサーリンク

妻のうつのまとめ

いまは?

普通です。
病気する前と、何にも変わりません。

ただ歩くときの左足がちょっとだけ、不自由です。
左手に力が入らないのは、そのまんまです。

でも日常生活は何にも支障がないですし、言わなければ見分けはつかないでしょう。

本人の意識も普通ですが、しかし変わったのは

「性格」

ですね~
ちょっと変わりました。

いい加減さが助長されたような気がします。

それは以前と比べてなので、日常的にはこんなものでしょう。

人間の気持ちって、心はコントロールできるものではないと、この時ばかりはよくよく感じました。

怒ったって、まったく逆効果でした。

私は家族に対して、手を挙げたことは一度もありません。

妻にもそんなことは、あり得ませんね。

しかし妻は

「お父さんの場合は言葉の暴力だ!」

そういわれる時がありますが、そういわれるなんとも・・・ですね~~

「本人のやる気を出させる方法・・」

気持ちを前向きにさせる方法は何か?

そういうことなんだろうと、理解しています。

書いたって、そんなことは上手く、書けるはずもないですし、ここに書いただけでは全くありません。

泣いて笑って・・そんな時期でしたね~~

娘3人ですが、上のお姉ちゃん二人は、この時の経験がよかったのか、看護師になりました。

3人目の末娘は今同居人です。

母と娘でいい勝負ですね。

ところでここからは私個人の余談です。

私がうつになったらどうなるか?

なれないですね。(もちろんなる時にはそんなことは関係ないでしょう!)

実際、私がうつになったら、多分この家は破産します。

今は婿殿と娘がいますから、ある程度は行けるでしょうが、農業はもう無理でしょう。

以前なら、働き手の私が、そうなったら収入の道が閉ざされますから、後は野となれ山となれ!

そんな状況かと。

それ考えたら、絶対にそんな病気にはなれないです。

気持ちの問題・・やはり心の問題ですよね。

うつを克服するのは、こんなところにもヒントが、あるやもしれません。

脳梗塞の前兆(初期症状)と症状は?原因と予防方法を調べてみた!

この話題、人生経験ですが、書こうかどうか迷ったのですが、結構この、「うつ」で悩んでる方って多いんですね。

少しは参考になれば・・ならないかな・・・

まあ・・こんな人もいるんだ・・それでもいいです。

人の心に決まった尺度はないと確信します。

それぞれに合った解決策があるんだろうとは思いますが、私の場合の経験でした。

何度も書きますが・・今は普通です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る