セルヒオガルシアのクラブセッティングSMBC優勝と1w飛距離は?

松島遊覧船の風景写真画像5

「SMBCシンガポールオープン2018」

で、新たにキャロウェイゴルフと、クラブ契約を結んで、望んだ2018シーズンで幸先よく優勝した

「セルヒオ・ガルシア」プロの

クラブセッティングが、公開されたので紹介します。
ツアーで使用するのは初めての物でも、優勝してしまうほどに使いこなす・・・

すごいです。

スポンサーリンク

「SMBCシンガポールオープン2018」

では最終日には、27ホールという、長丁場を合ったかったのですが、石川遼プロとは違って、メンタルと体力の違いを見せつけた感じですね。

私はそう感じました。
度重なる雷雲の接近での、中断にも全く動じず、2位に5打差をつけても圧勝劇は、さすが神の子「マスターズチャンピオン」だと思います。

(出典元:https://news.golfdigest.co.jp/news/より引用)

セルヒオ・ガルシアのSMBCオープン優勝セッティングは?

「セルヒオ・ガルシア」プロは、昨年15年にわたって契約してきた

「テーラーメイド」

との契約を打ち切って

「キャロウェイゴルフ」

のスイッチ。
どうやら情報では、実戦での使用は、この試合が初めてのようです。
驚くのは、実践投入して、すぐになじむこと・・

これってなんかのことわざにあるけど・・

「弘法筆を選ばす・・」

のたとえそっくりですね。
では、そのセッティングを見ていきましょう。

セルヒオ・ガルシアのクラブセッティング

新しい、キャロウェイゴルフとの契約に基づく、セッティングは下記のようです。

ドライバー:キャロウェイゴルフ ローグ サブゼロ ドライバー (9度)
シャフト:三菱ケミカル クロカゲ デュアルコア(70g台、硬さTX)


(出典元:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/より引用)
フェアウェイウッド:キャロウェイゴルフ ローグ フェアウェイウッド(3番+13.5度)
キャロウェイゴルフ ローグ サブゼロ フェアウェイウッド(5番18度)

(出典元:https://item.rakuten.co.jp/kotobukigolf/10040731/より引用)
アイアン:キャロウェイゴルフ APEX PRO アイアン(3番、4番)
キャロウェイゴルフ エイペックスMBアイアン(5番―9番)

(出典元:http://kakaku.com/item/K0000703756/より引用)

ウェッジ:キャロウェイゴルフ マックダディ 4 ウェッジ(48、54、58度)

(出典元:https://www.a-golf.net/fs/arigaengolf/より引用)
パター:トゥーロン アザレア プロトタイプ

ボール:キャロウェイゴルフ クロムソフト X ボール

(出典元:https://shop.golfdigest.co.jp/newshop/f/より引用)

こんな内容のようです。
パターのトゥーロン アザレア プロトタイプですが、こちらはキャロウェイ社が、昨年買収した

「トゥーロン・デザイン社」

との、一体のブランドのようです。
この時のトゥーロン・デザイン社の社長の

「ショーン・トゥーロン氏」

は、パター部門の責任者に就任したようです。

この方は元テーラーメイドゴルフで製品開発担当取締役副社長だったそうですよ~~

このブランドのパターのHPはこちら

トゥーロン・デザインのパターのHPはこちら

しかし、どこを探してもガルシアプロの使用する

「トゥーロン アザレア 」

というタイプがないんですよ~~
ということで、ここからは私の全くの推測ですが、昨年マスターズを優勝した時の、記念に作成した

「セルヒオ・ガルシア」モデル・・なのでは?

そんなことを、勝手に考えてしまいました。

形状などの情報が、入り次第追記しようと思います。

セルヒオガルシアのドライバー飛距離とランキングは?

あまり、このくらいの方になると、飛距離なんて関係がなさそうです。

公式のデーターが、まだ今季始まったばっかりなので、GDOの公式もないですね・・ただし・・

昨年のマスターズで優勝した時のデーターでは

オーガスタの2番、8番、9番、11番では

「350ヤード」

を超えていたようです。
オーガスタのこのホールはほぼ平ら。
多少のダウンスロープはあったにしても、このくらいは飛ぶんだと思います。

なので、そんくらいということで。

むしろアイアンの切れ・・ショットの正確さが、モノを言うと思います。
それとやはり

「パター」

パットイズマネーですから・・

ちなみに昨年の平均飛距離では

「299.9ヤード」

約300ヤードですね。
1位は、ダスティンジョンソンで約「312ヤード」のようです。

使用ドライバーは、今年から

ドライバー:キャロウェイゴルフ ローグ サブゼロ ドライバー (9度)
シャフト:三菱ケミカル クロカゲ デュアルコア(70g台、硬さTX)


(出典元:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/より引用)

キャロウェイゴルフ ローグ サブゼロ ドライバー価格比較はこちら

です。
そういえば「石川遼」プロも、すべての契約が

「キャロウェイゴルフ」

でしたね。
こちらも、おんなじですから頑張ってほしいね!

スポンサーリンク

セルヒオガルシアのクラブセッティングのまとめ

セルヒオ・ガルシアプロは現在の世界ランキングは

「10位」

です。
セルヒオ・ガルシアプロの印象では、私がゴルフを始めたころ、確か全米プロ選手権ですね~~
見ていた時にこんなシーンがありました。

優勝争いを、演じる位置にいたのですが、確か5位以内のラウンド中。

そのティーショットは、木の根っこ。

さてどうする?

キャディーは、レイアップを勧めたのですが、なんと彼の言葉は?

「ぼくは狙う!!」

グリーンに乗せるには何と~~

「100~ヤードのどスライス」

持ったクラブは、確か4番ウッド!

んで・・どうなった?

見事にグリーンをとらえたんだったかな??
これは忘れましたが、この挑戦に対してギャラリーは・・・
大きな拍手喝采!

同じようなシーンが、マスターズのフレッドカプルスが優勝した時の彼のプレー。

この時は何番か忘れましたが、50ヤードのフック!

これはグリーンに乗って、止まらなかった。
然しカラーだったので見事パー!

コース予約は楽天GORA

プロはすごいな~~
って、、練習場で打ってみたが・・・そんなの打てるはずもなし・・

余談でした!!(20年以上前のお話です…)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る