ハリポタ炎のゴブレットあらすじと見どころは?暗黒復活のネタバレ!

「ハリー・ポッター炎のゴブレット」の、見どころやストーリーで、ヴォルデモート卿の復活が重要かと。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

は、J・Kローリングのハリーポッターシリーズの「4作目」になります。
同じ題名での、映画です。

この映画の見所は、ホグワーツ魔法魔術学校の4年生の、ハリーポッターが、三大魔法学校対抗試合の選手になって、課題の謎を解いていく。

その過程に、あると思います。
もちろん、暗黒の魔法使いの、のちの最大の敵の「ヴォルデモート卿」の謀略が、随所に見える名作です。

スポンサーリンク


「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
が、金曜ロードショーで、放送されます。

見てない方には、あらすじや、ストーリーって邪魔なだけかと思いますが、でも見所の情報はあっても邪魔にはならないと思います。

ちょっとだけの、さわりを紹介します。


(出典元:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/より引用)

炎のゴブレットのストーリーの背景やあらすじは?

ハリーポッターは、ホグワーツ魔法魔術学校の4年生。

物語は、ヴォルデモート卿一派の、この映画の中心シーンの、悪だくみの相談から始まるようです。

そしてあの、ヴォルデモート卿のペット(?)の巨大蛇の

「ナギニ」

が登場する・・これ凄いです。
この巨大な蛇ですが、どうやって撮るのかな?(CGだと思いますが)

次のシーンでは、ハリーが悪い夢にうなされて・・実はそれが夢だった!

しかしこの夢は現実になっていく。

ウィーズリー家からの招待で、クィディッチ・ワールドカップの決勝を観戦に。
この観覧席の、シーンもすごいね。
この辺も一つの見所かと。

試合決着後に現れた、覆面の複数の魔法使い、通称「死喰い人」。
これは、ヴォルデモート卿の部下。

そして打ち上げられた・

「闇の印」

の意味は、ヴォルデモート卿の暗黒の仲間を、集める狼煙!
どうやら、ここから本題に入っていくんですね。

ホグワーツ魔法魔術学校の新学期が始まります。
そこで、校長の「ダンブルドア」が話したのは

三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)

を開催すると。
その3大魔法学校というのは

1:ホグワーツ魔法魔術学校
2:ダームストラング専門学校
3:ボーバトン魔法アカデミー

の3校です。
それぞれに、一人づつの代表選手で、優勝を競う。
魔法省の規定で、安全のために17歳以下は出場できないことに。

さて選考会。
そこで出たのが

「炎のゴブレット」

ゴブレットって、コップみたいなものですよね~~
そこから青い炎が・・

希望者は、期日までの個々の名前を書いた、羊皮紙を入れるように。

そして希望者は、その青い炎の中に入れて、いざ選考の瞬間が。

選ばれたのは

  • ホグワーツから:セドリック・ディゴリー、
    ダームストラング:ビクトール・クラム
    ボーバトン:フラー・デラクール

の3人が決まった・・しかし・・そのあともあおお炎は燃え続け、次に出てきたのが

「ハリー」

の名前。
しかしながら、17歳に見満たない・・が・・魔法契約の拘束力により、ハリーは辞退することは出来ない。

こうやって4人で、Kの選手権を(対抗試合)戦うことになったわけです。

この試合のお題は三つ。

1:1頭のドラゴンから金色の卵を奪う

この卵に二問目の課題にヒントが隠されている。

この課題のクリアのポイントは、「闇の魔術に対する防衛術」教授のムーディーの助言の

「呼び寄せ呪文」

2:「湖の深い底にいる自分にとって大切なものを時間内に取り戻せ」

この内容は、玉城尾に隠されていたのですが、なかなかここに至らない。

ようやっとの思いで、ここにたどり着くも、今度は湖の底で、どうやって息をつく?

そこで出たのが「鰓昆布」を食べる方法。

3:巨大な迷路

この迷路がカギだったんですね~~
ホグワーツの代表の「セドリック」と協力して、この迷路でスフィンクスや他を圧倒して優勝杯を手にする。

炎のゴブレットの織り成す4章の圧倒的な結末

これは驚きました。
物語は、最初のプロローグから始まっていたんです。(「トム・リドルの墓」)

優勝した、セドリックとハリーが、優勝杯を手にしたのですが、その優勝杯はなんと

「移動キー」

どこに移動?

「トム・リドル・シニア(ヴォルデモートの父親)」

と書かれた墓があるリトル・ハングルトンに飛ばされるんです。
(プロローグの場所)

さてここがポイントで・・

ヴォルデモート卿が、復活するために必要なの物は

1:父親の骨
2:下僕(ワームテール)の肉
3:敵(ハリー)の血

この三つがここでそろい、ついにヴォルデモート卿が復活。

いうならば、前3作までは背景をいろいろと、紹介しながら・・
じつは本編は、ここから始まった・・そう思う印象のこの

「ハリー・ポッター炎のゴブレット」

です。
では次に、謎をまとめてみます。

炎のゴブレットのストーリーの謎は?

さて、ここまで書いてきましたが、どうしても残る謎は多分下記の内容かと思います。

1:なぜ17歳以下は不可の対抗試合に、4人目にハリーが指名?

2:優勝杯はなんで移動キーになった?

この二つは、大きな疑問かと思います。
特に主催の、ホグワーツ魔法学校の、校長の「ダンブルドア」は、この企画の発案者。

企画の責任者が、まさか・・ヴォルデモート卿の復活に加担することは、考えられないことです。

その辺は、興味深くこの映画を、見てくださいね~~

それを考えながら、この映画を鑑賞すると、2倍楽しめるかと。

それと、ハリーとロン、、ハーマイオニーの3人の友情と、恋愛感情も映画の、見どころかと思います。

スポンサーリンク

ハリーポッター炎のゴブレットのまとめ

ホリーポッターシリーズの、4章です。
この作品は、J・Kローリングが、2000年の発表した作品です。

第一作は:賢者の石

から始まって、第7作の「死の秘宝」まで、大人気でした。

ってまだまだ、続いてるようですね。

昨年(2016年)「ハリー・ポッターと呪いの子」を発表しました。

この映画化も、待たれてるところかと。

昨年2016年7月30日に、ロンドンでワールド・プレミアが行われたようです。

この舞台劇の脚本が、本になって、ハリーポッターシリーズの「第8巻」となって2016年7月31日に発売されました。

この内容は、第7巻のヴォルデモート卿との死闘から、19年後の世界を、描いているようです。

ちょっと、これも早く映画で、見たいところです。

私はこのハリーポッターシリーズの、この4作目以降は映画館で観ました。

すごく面白かったですね。

やはりみるなら、映画館で見ないとね。

でも終わってしまったら?

それはもう金曜ロードショーか、レンタルで見るしかないですね。

またはDVDディスクを購入するか。

ハリポタ不死鳥の騎士団あらすじと見どころは?シリウス死の瞬間は!
いつまでも見ていたい、そんな映画のシリーズの一つです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る