プレーオフシリーズ(ゴルフ)2017の出場資格は?賞金総額もチェック!

PGAツアーのプレーオフシリーズって何?

PGAツアーの、最終年間チャンピオンを決める

「プレーオフシリーズ」

は、4戦で争われます。
が・・しかし、フェデックスカップポイントや、プレーオフシリーズって、そもそも何?

出場資格は?

それについて、私のわかる範囲で書いてみようと思います。

2017年9月18日
追記:プレーオフ4試合の、大会の賞金や開催概要と、開催コースの紹介記事へのリンクを、一番下に追加しました。

スポンサーリンク

今年2016‐2017シーズンも、最終戦のウィンダム選手権が終了して、全日程を終了したようです。

然し、上位の選手・・プロにとっては、これからが正念場!

年間チャンピオンを決める、シリーズ

「プレーオフシリーズ」

が待ってますから。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/the-northern-trust/より引用)

フェデックスカップポイントって何?

そもそもこのフェデックスカップポイントって、何でしょうか?

日本では、とても簡単で獲得した賞金額で、その年の順位を確定させます。

その獲得金額で、来期のシードも確定させていきます。

一部メジャーと称するものの、勝利者にはまた別なシード権が与えられるようですが、一般的にはそうなるようです。

スカスだ・・・

アメリカの場合は、PGAツアーの場合は、獲得賞金もさることながら、その大会に割り当てられたポイント(フェデックスカップポイント)を、いくら獲得したかに寄ります。

勿論、このポイントを多く獲得する=賞金額も多い=上位の成績

これは当然の図式ですよね~~

フェデックスカップ(FedEx Cup)は男子ゴルフPGAツアーのシリーズトーナメントの名称。
2005年11月に発表され、モンスターエナジーNASCARカップ・シリーズ同様、ポイントでチャンピオンを争う。
フェデックスがスポンサーである。

(wikipediaより引用)

このフェデックスカップポイントは

通常のツアー:500pt
メジャー大会:600pt

が、ほぼ振り分けられるようです。
優勝は上記のポイント配分でたとえば、500pt獲得、2位ならば300pt、3位ならば190ptとだんだん少なくなっていきます。

当然上位にいる回数が多ければ、当然このポイントランキングも、上位にいます。

今年(2016‐2017)のポイントランキングは

  • 1位:松山英樹:2859pt
    2位:ジャスティントーマス:2659pt
    3位:ジョーダン スピース:2671pt
    4位:ダスティン ジョンソン:2466pt
    5位:リッキー ファウラー:1832pt

今期のベスト5ですが、上記のようです。

ここで注意なのですが、これはPGA主催の試合でのポイント配分なので、PGA主催の試合に出ないと、獲得できない仕組みになってます。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/the-northern-trust/より引用)

プレーオフシリーズの出場要件は?

PGAツアーでは、年間の開幕からクローズが10月~8月が1シーズンの区切りになっています。

今期2016‐17シーズンでは

8月第3週の「ウィンダム選手権」で最終戦になります。

このプレーオフシリーズが始まったのが

「2007年」

からになるようです。
しかもこのシリーズの、ポイント配分が通常の4倍。

優勝は2000ポイントですから、誰でもチャンスは巡ってくる、そんなエキサイトな設定です。

プレーオフシリーズに、出場できる資格は下記です。

PGAツアー最終戦「ウィンダム選手権」終了時点での、フェデックスカップポイントが125位までの選手が、出場できます。

125名ということは、来期のシードを獲得した、ゴルフ界のその年のエリートだと言えます。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/pga/5577/photo/より引用)

ではその、プレーオフの内容ですが、下位のような内容になっているようです。

1:プレーオフ初戦:ザ・ノーザントラスト

フェデックスカップポイント:125位まで(予選カットあり)

2:プレーオフ第2戦:デルテクノロージーズ・チャンピオンシップ

フェデックスカップポイント:100位まで(予選カットあり)

3:プレーオフ第3戦:BMW選手権

フェデックスカップポイント:70位まで(予選カットなし)

4:プレーオフ最終戦:ツアー選手権byコカ・コーラ

フェデックスカップポイント:30位まで

但し、この最終戦には、複雑な・・でもないですが、ちょっとしたルールがあります。

第3戦までに獲得したポイントはいったんリセットされます。

そこで、ファイナルに出場する選手30人に、新たにポイントを配分します。

1位:2000
2位:1800
3位:1520
4位:1296
5位:1280




こんな感じで、決まったポイントを配分して、30名にて、最終戦の

「ツアー選手権」byコカ・コーラ

を戦います。

なんでこんなことをするかというと、さすがアメリカの方はドリーム(夢)が、好きなんだと思います。

優勝は2000ptですから、もしかしたらの大逆転があると、ますます来季のPGAも盛り上がろうというもの!

「メークドラマ」

ではないですが、そういうことがあってもいいではないか?

っていう・・私の勝手な想像です。

いずれ・・・

そこでの順位で下記のようなポイントが配分されて、一番多くのポイントを勝ち取った選手が、ボーナス

「1000万ドル」

を手に入れられます。

最終戦のポイント表

1位:2000
2位:1200
3位:760
4位:540
5位:440

然し・・優勝は、10位以内の選手で、最終戦優勝すればの、条件が入ろうと思いますが、まさかまさかの大逆転で、もっと下位の選手の、優勝もあるかもしれませんが、なかなか難しいかと。

尚・・ボーナスは最下位の選手まで、結構な金額が割り振られていて、さすが太っ腹なPGAのスポンサーのおかげで・・高額のようですよ。

昨年は30位の選手でも

「175,000ドル」

だったようです。
ちなみに

1位:1000万ドル
2位:300万ドル
3位:200万ドル
4位:150万ドル
5位:110万ドル
6位:80万ドル
7位:70万ドル
8位:60万ドル
9位:55万ドル
10位:50万ドル

とこんな内容だったようです。
今年もこんな感じかと思います。

しかしすごいですね。
5位でも110万ドルですか~~~

*もし賞金の確定が違っていた場合は、修正しますが、参考に見ておいてください。(数字は昨年分です)

松山英樹の本年の例

松山英樹の獲得ポイントは、このシーズ前で

「2,869」

ポイントで1位。
このポイントランクで行くと、昨年の最終の

「ツアー選手権byコカ・コーラ」

の出場するベスト30のポイント数は下記のようでした。

30位で:1607pt

その前の年は

30位で:1503pt

なので断トツで、すでに30位以内には入ってるようです。
しかも今の2869ptでは、最終戦の進出ptでは、昨年は6位の位置です。

第3戦の結果を待たずに、最終戦に出場するポイント数は、満たしてるようです。

でもそれまでに、3戦ありますから、ここでもポイントを積み上げて、ぜひ最終戦進出時には、年間チャンピオンの可能性がある、5位以内には入ってほしいです。

そのためには、今のポイントに1200pt以上が必須かもしれないです。

「4000pt」

このくらいのptならば、最終戦のポイント配分で、5位以内の、しかもいい位置に入るかもしれないですね。(私の勝手な予想です)

すると、最終戦優勝でチャンピオンが、見えてくるかと思います。

スポンサーリンク

PGA(ゴルフ)プレーオフシリーズの出場資格のまとめ

レギュラーシーズン最終戦終了時点での、フェデックスカップポイントの獲得ptのランキングで

「125位」

までの選手が、今期の最終チャンピオンを決める

「PGAツアープレーオフシリーズ」

に進出できます。


(出典元:http://www.pgatour.com/tournaments/より引用)

フェデックスカップポイントは、2005年11月に発表されて、以後導入。

この、プレーオフシリーズは「2007年」より、行われています。

4戦がマッチされていて、それぞれの戦いで、下位がカットされていく文字通りの「サバイバル戦」

最終的に、ポイント獲得で上位30名が

「ツアーチャンピオンシップ」

に進めます。

そこでの獲得ポイントトップが

「1000万ドル」

のボーナスを獲得できます。
内容は上記に、書きました。

なお、そのボーナスとは、まったく別に大会の優勝賞金は、受け取れます。

ですから、最終戦まで行った30人は、結構な獲得賞金額になりますよね~~

驚く金額になるかもしれません。

尚それぞれの、大会の概要や、コースの紹介などは、下記で紹介しています。

ザ・ノーザントラスト2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

松山英樹は、レギュラーシーズンでのフェデックスカップポイントランキングでは、トップ

「1位」

です。
ここでもぶっちぎってほしいですね。

コース予約は楽天GORA

関連リンク(当ブログ内です)

イーストレイクGCの場所と設計者は誰?ツアーチャンピオンに注目!

ツアーチャンピオンシップ2017の優勝賞金はいくら?賞金総額に注目!

コンウェイファームズGCの設計者と歴史は?プレーオフ3戦賞金も注目!

BMW選手権(ゴルフ)2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

松山英樹デルテクノロジーズ2017成績(戦績)速報!獲得賞金総額いくら?

デルテクノロジーズ2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

松山英樹ザノーザントラスト2017成績(戦績)速報!獲得賞金総額いくら?

ザ・ノーザントラスト2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

グレンオークスクラブの設計者と歴史は?プレーオフ初戦賞金も注目!

今年のシーズンの最終版の、ツアーチャンピオンシリーズ。

いよいよ佳境に入ってきますが、さて・・結果は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る