松山英樹のスポンサー契約先と契約金(年収)はいくら?金額が気になる!

松山英樹のゴルフの賞金以外の収入で、大きいのがスポンサー契約金です。
さて・・この契約先のスポンサー名と、契約金の年収が気になるので調べてみました。

結果・・すごいレベルで驚きました。
今年は(2016-7シーズン)は、WGC-HSBCチャンピオンズで優勝して、一気に世界ランキングも6位とジャンプアップしました。

新スポンサーでROLEXもついたので、ますます松山英樹のブランドイメージは、アップします。

スポンサーリンク

スポーツ選手は歩く広告塔とも言われます。
それが一流で、しかも世界ランキング6位ともなれば、当然注目度は上がりますから、多くのスポンサーがつくのは常道です。

今回上海でのWGC-HSBCチャンピオンズで勝利して、自身3勝目を挙げました。
これで世界ランキングも6位と一桁!

新スポンサーに「ROLEX」が付きました。

matuyamahideki2
(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/photo/より引用)

松山英樹のスポンサー契約先と契約金(年収)はいくら

では紹介します。
今現在(2016年11月2日)わかっているだけの企業スポンサーです。
当然ここから増えていくことは間違いないでしょうから、数か月後はもしかしたら、これに追加が入っているかもしれません!

  • 1:LEXAS(トヨタ自動車)
    2:ダンロップスポーツ
    3:アイウェアのオークリー
    4:全日本空輸
    5:ファイテン
    6:興和
    7:ROLEX
    8:野村ホールディングス株式会社(3年契約)

と今わかっているだけで7社に及びます。
では契約金と、契約内容を見ていきたいと思います。

各スポンサーとの契約内容と契約金の金額について

大体ですが下記の内容のようです。

1:LEXAS

3年間の所属契約:3年で6億円

ちなみに愛車は、「LX570」というSUVタイプだそうです。

2:ダンロップスポーツ

用具の総合契約(ウェアは含まれないようです)

3年間で9億円

3:アイウェアのオークリージャパン

サングラスの使用契約
4年間で1500万円

4:全日本空輸

契約内容不明

5:ファイテン

6:興和

契約期間や契約金額については非公表のようです。
然しそれなりでしょう・

興和は医薬品や健康食品での大手企業です。
最近「パワードコーヒー」などという商品で、攻めの広告を展開中です。

7:ROLEX

契約期間や契約内容は非公表ですが、超一流のトップアスリートしか、ROLEXは契約しません。
もちろん日本人では初めての快挙!

勿論契約金額はおそらくですが・・億近いかもしくはそれ同等かと。

8:野村ホールディングス株式会社

2017年1月1日より3年契約だそうです。
契約金の額は非公表ですが、おそらくそれなりの金額で、レクサス並みかと思いますが・・
皆さん想像してみましょう!

スポンサーリンク

さて合計7社ですが、非公開の企業もありますが、結構金額ですよね。
昨年度の2015-6年度シーズンは、昨年の10月から今年2016年の9月までですが、そのゴルフでの獲得賞金額は

「4,193,954ドル」

のようです。
賞金ランクは9位です。
これにさまざまなボーナスや、国内での賞金も加わるので、もっと加算されますが、アメリカのPGAでの公開されてる賞金額は、上記の金額です。

これにスポンサー契約金が加算されて年収になるんだよね~

公開されてるスポンサーだけでも、5億以上のようなので、合わせるとすごい金額になりそうですね。

matuyama
(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/photo/より引用)

松山英樹のスポンサー契約先と契約金のまとめ

松山英樹のスポンサー契約先

  • 1:LEXAS(トヨタ自動車)
    2:ダンロップスポーツ
    3:アイウェアのオークリー
    4:全日本空輸
    5:ファイテン
    6:興和
    7:ROLEX

金額は上記を参照されてください。
すごいですね。

での誰でもこれだけ稼げるということでは、それはまったくそうではありません。

実力が伴って、世界を沸かせる事実があってこその、スポンサーなんですよね~

その最たるものが、今回10月末に契約が成った

「ROLEX」

だと思うのです。
世界中が認めたアスリートでなければ、契約はならないわけです。

これまでのROLEXの歴史がそれを物語っています。

さて今後の松山英樹の活躍を、期待していましょう!

シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る