南アルプス市のロボットでの動物対策の効果は?価格も調べてみた!

イノシシやシカなどの、鳥獣被害から農作物を守る、

「オオカミロボ」(スーパーモンスターウルフ)

が、南アルプス市中野の休耕田に、設置されて話題です。
価格や、購入先も調べてみました。

開発したのは、北海道奈井江町の

「太田精器」

です。
イノシシやシカが嫌がる、音やLEDの光で追い払う・・効果のほどは?

スポンサーリンク

皆さんのところでは、イノシシやシカや、ハクビシンの被害ってないですか?

私のところでは、最近イノシシが、ついにやってきました。

私のところでは被害はないのですが、しかしほかの田んぼでは、荒らされたりしています。

我が家では、味噌を作るための大豆が、2年ほど前に全滅でした・・これはハクビシンかと。

そんな中で出たこのロボット・・・すごいね!

南アルプス市のロボットでの動物対策の効果は?

南アルプス市といえば、観光地で有名です。

然しアルプスですから、私と同じ山間地です。

となると・・

「イノシシ被害」

が甚大のようです。
イノシシ被害の対策としては、今知られてるのは

  • 1:電気柵
    2:イノシシ対策ネット
    3:イノシシ対策ライト
    4:イノシシ対策の犬
    5:イノシシ対策臭い

などなど・・
このうち我が家でやってるのは

4と5です。
番犬が、何か来ると吠えます。
5は狼の糞や、クマの脂や人間の髪の毛を、ペットボトルに入れて、つるしてます。

が・・南アルプス市の取り組みで、ここで紹介するのは

「オオカミロボット!」

です。
オオカミというのは、殆どの動物にとって、天敵なんだそうです。

確かにオオカミは怖い!

その遠吠えは、やはり普通の動物にとっては、怖い存在なんだと思います。

それを、ロボットにしてしまったといいますから、これはすごいですね。


(出典元:https://sippolife.jp/article/2017091900003.htmlより引用)

ちなみに、我が家で畑につるしてる「狼の糞」は、数千円します。

しかし、なかなか売ってないです。

今回の「オオカミロボット」はこんなイメージです。

ホントそっくりですね。

名称:スーパーモンスターウルフ

  • 体調:65㎝
    体高:60㎝
    威嚇音:約50種類
    さらにLEDの点滅つき。
    電源:太陽光パネル

とこんな内容です。

すごいですね。
オオカミの遠吠えも出すそうです。

面白いのは人間の声で

「おまえだけはゆるさない!」

というそうです・・・(笑

今回の設定は

  • 音出し間隔:30分
    音量:90db

この音量は。車のクラクションを間近で聞くくらいなんだそうな。
結構高いですね。

この商品は、南アルプス市が、導入したようです。
市によると

「シカ、イノシシの農作物への被害が大きく、特にシカは人家近くに現れ、待ったなし」

ということのようです。
確かに、私の近所でもイノシシの出没が、すごい件数です。

オオカミロボを開発したメーカーと価格は?

このオオカミロボの

「スーパーモンスターウルフ」

を開発したのは北海道奈井江町の

「太田精器」

という会社です。
HPはこちら:http://www.ohtaseiki.co.jp/
ついでに問い合わせ先は:0125‐65‐2759

です。
こちらの会社は、北海道大学と共同で、農作物被害用の

「LED鳥獣忌避装置(モンスタービーム)」

は実用化されて、評判は上々のようです。
これはLEDの光(ビーム)で、シカやイノシシを追い払う商品です。

(鹿忌避(逃走)映像(厚真町撮影))

(出典元:mimi10091より引用)

これは2015年から販売とのことで、結構以前から販売しているんですね。

全く知りませんでした。
見ると結構シンプルです。


(出典元:http://www.hokkaido-hitachi-systems.co.jp/より引用)

さていくらするんでしょうか?

新鳥獣害対策ソリューションとオオカミロボの価格は?

「新鳥獣害対策ソリューション」

は実績があるので、価格はある程度決まってるようです。
しかし、システムが結構なものなので、数万円で買えるものではないですね。

価格は公開していないようです。
上記問い合わせ先に、興味のある方は問い合わせてみてください。

なお、販売先は

株式会社北海道日立システムズ:http://www.hokkaido-hitachi-systems.co.jp/

です。
設置から販売サポート、メンテナンスまで一貫して行うようです。

どうやら個人レベルでの、導入はこれ見る限り、コストが見合わないかもしれないです。

オオカミロボの価格は、これからのようです。
まだまだ試作段階のようですよ~~

個人が手軽に購入できる商品って、ないかな~~

って私的には思います。

これを見た企業の開発の方・・安価な商品御開発、する気はないですか~~

スポンサーリンク

南アルプス市のロボットでの動物対策のまとめ

日本中が、イノシシとシカとサルと、クマで埋め尽くされそうな予感がするほど、そ住宅地まで出没しています。

私の住んでる宮城県の山奥には、今年初めてイノシシがやってきました。

しかも先週、生きてる一生のうちで、初めてここで猿を見ました。

驚いた。

84歳のおふくろも、見たことがないという猿が、やってきました。

私は農作物(畑)のものが、食べられるんでないかと思って、速攻で楽天で100メートルの有刺鉄線を買って、畑の周囲にはりました。

周囲全ては、もちろんとても無理!

畑の被害は、ハクビシンやタヌキくらいかと思っていたのですが、いよいよ大物がやってきましたよ~~

クマも大変ですが、クマはまだいいです。

畑は荒らしませんから。

イノシシは、何でも食うんだろうな~~

どこの地域でも、苦労してるようです。

これ、何とかならないものでしょうか?

しかし「オオカミロボ」とは驚きました。

しかし価格調べて思ったのですが、もう少しこんな大掛かりなものではなく、安価にできる商品を開発してくれないかな~~

って思います。
せめて5万円以下の商品で、手軽に設置できて、移動も簡単で電源は電池、または太陽光で。

最近買ったのが、電池式のセンサーライト
我が家のワンちゃんが、夜通し吠えてる時があるのです。

何か来てるんだけど・・
そこで、買ったセンサーライト。

反応すると、LEDライトがピカッとつきます。

1600円ほど。
安い。

然し、センサー感度がたったの4メートル。
これではおもちゃだね。

5000円以下で、センサー感度が10m以上で、ついでに音も選べる!

出来そうですよね。

俺作ってみるかな・・もとをただせば吾輩もエンジニア!

さて・・・

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る